記事
  • S-MAX

ファーウェイが最新プレミアムスマホ「HUAWEI Mate 10 Pro」の日本正式発表を11月28日に実施へ!公式Twitterアカウントでティザーを公開で、年内発売予定



SIMフリースマホ「HUAWEI Mate 10 Pro」の日本投入が11月28日に発表へ!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は6日、同社の公式Twitterアカウント( @HUAWEI_Japan_PR )にて2017年11月28日(火)に新製品を発表することを示唆するティザーを投稿しています。

内容は「[A Future of Smartphone] 11.28、次世代スマホ日本上陸。」と「やっぱり水に強い方がいい」という画像、「#RealAI」というタグとなっており、恐らく防水にも対応した最新プレミアムスマートフォン(スマホ)「HUAWEI Mate 10 Pro」の日本発売正式発表が行われると見られます。



HUAWEI Mate 10 Proは今年10月に海外で発表した最新プレミアムスマホ「HUAWEI Mate 10」シリーズの派生モデルで、最近流行りの縦長9:18の約6.0インチFHD+(1080×2160ドット)OLEDディスプレイ(約402ppi)を搭載した最上位機種です。

またAI(人工知能)の処理に特化した専用プロセッサー「NPU(Neural Network Processing Unit)」を内蔵した10nmプロセス製造の最新ハイエンド向けチップセット(SoC)「Kirin 970」を搭載し、CPUがオクタコアCPU「Cortex-A73(最大2.4GHz×4コア)」+「Cortex-A53(最大1.8GHz×4コア)」、GPUが業界初採用の「Mali-G72MP12」(12コア)、そして、自社開発のデュアルISPを内蔵し、CPUは20%、GPUは20%性能向上して50%の省電力化を実現。

これにより、通信面も進化しており、LTE UE Category 18による3波のキャリアアグリゲーション(3CC CA)と4x4 MIMO、256QAMを組み合わせて下り最大1.2Gbpsを実現。なお、CAは最大5波の5CC CAまで対応。さらにデュアルSIMの2つのスロットともにLTEが同時利用できるLTE+LTEのデュアルVoLTE(DSDV)に対応し、LTEで通信しながらVoLTEの待受が可能となっています。

またカメラも引き続き、「Leica(ライカ)」と協業してライカレンズのダブルレンズカメラを背面に搭載し約2000万画素モノクロセンサーと約1200万画素カラーセンサーでともに裏面照射型CMOSを採用し、レンズの明るさは2つともF1.6。光学手ブレ補正(OIS)に対応したほか、4in1オートフォーカス(PDAF+CAF+Laser AF+Depth AP)に対応。

加えて、新たにIP67準拠の防水・防塵に対応。外観は3Dカーブデザインを採用し、背面は多層フィルムを重ねたガラスデザインに。その他の製品の詳細な情報については「最新最上級スマホ「HUAWEI Mate 10」シリーズを発表!ほぼ全画面デザインやAI対応チップセットなどーー防水にも対応した「HUAWEI Mate 10 Pro」は日本で年内にも発売に - S-MAX」を参照してください。

年内に発売すると公言されてきましたが、いよいよ正式発表ということで楽しみですね!また個人的にはHUAWEI Mate 10 Pro以外のHUAWEI Mate 10シリーズ、特にミッドレンジの「HUAWEI Mate 10 Lite」あたりも日本投入がないか気になるところです。

記事執筆:memn0ck


あわせて読みたい

「ファーウェイ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「安倍晋三記念小学校」嘘と判明

    和田政宗

  2. 2

    籠池氏の嘘 拡散した朝日は無視?

    和田政宗

  3. 3

    よしのり氏「罠にはまった文春」

    小林よしのり

  4. 4

    希望維新の合流進めたい安倍首相

    NEWSポストセブン

  5. 5

    内田樹氏の安倍政権分析に納得

    マガジン9

  6. 6

    山口組の自虐的川柳が傑作ぞろい

    NEWSポストセブン

  7. 7

    詩織さん事件 超党派議連が追及

    田中龍作

  8. 8

    日本が核禁止条約に署名しない訳

    河野太郎

  9. 9

    よしのり氏 山尾氏の改憲案見よ

    小林よしのり

  10. 10

    ISを「破門」しないムスリム社会

    SYNODOS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。