記事

トランプ大統領が拉致被害者に思いを馳せたことは大きい

米トランプ大統領が北朝鮮による拉致被害に対し、思いを共にしたことはとても大きなこと。

日本は現行憲法上、北朝鮮が無政府状態になっても自衛隊を派遣して拉致被害者を救出できない。

この点は国会審議で何回も質問したが、できないとの政府答弁。

他国が当たり前にできることが、日本はできない。

国際法上もできることなのに、できない。

いざという時は米軍などに救出をお願いしなければならない。

だからこそ今回、トランプ大統領が北朝鮮に拉致された日本人被害者に強く思いを馳せたことは大きい。

しかしながら、自分の子供が外国に拉致されても救出できない憲法が現行憲法。

改正が必要なのは当然のこと。

いざという時に自国民を奪還できる憲法があってこそ、北朝鮮に対し強く迫ることができる。

『トランプ氏、悲しそうな表情に 拉致家族連絡会が会見』(朝日新聞)
http://www.asahi.com/sp/articles/ASKC65Q83KC6UTIL03R.html

あわせて読みたい

「拉致問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    本物?「三億円犯人」に直接取材

    BLOGOS編集部

  2. 2

    秋篠宮さま 小室親子はもう他人

    女性自身

  3. 3

    石田純一の改憲反対に感じた覚悟

    篠田博之

  4. 4

    築地の営業強行は小池知事の責任

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  5. 5

    業界人が「干される」実態を告白

    NEWSポストセブン

  6. 6

    百田氏が憶測で沢田研二叩き謝罪

    女性自身

  7. 7

    有休義務化 日本はやせ我慢社会

    自由人

  8. 8

    無戸籍解消の有識者会議に識者0

    井戸まさえ

  9. 9

    韓国のパラ五輪不正は組織的詐欺

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    沢田研二 次はキャパ上の武道館

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。