記事

トランプ大統領が拉致被害者に思いを馳せたことは大きい

米トランプ大統領が北朝鮮による拉致被害に対し、思いを共にしたことはとても大きなこと。

日本は現行憲法上、北朝鮮が無政府状態になっても自衛隊を派遣して拉致被害者を救出できない。

この点は国会審議で何回も質問したが、できないとの政府答弁。

他国が当たり前にできることが、日本はできない。

国際法上もできることなのに、できない。

いざという時は米軍などに救出をお願いしなければならない。

だからこそ今回、トランプ大統領が北朝鮮に拉致された日本人被害者に強く思いを馳せたことは大きい。

しかしながら、自分の子供が外国に拉致されても救出できない憲法が現行憲法。

改正が必要なのは当然のこと。

いざという時に自国民を奪還できる憲法があってこそ、北朝鮮に対し強く迫ることができる。

『トランプ氏、悲しそうな表情に 拉致家族連絡会が会見』(朝日新聞)
http://www.asahi.com/sp/articles/ASKC65Q83KC6UTIL03R.html

あわせて読みたい

「拉致問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    行方不明2歳発見の職人技を称賛

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    大塚家具 マック再建と社長に差

    大西宏

  3. 3

    阿波踊り強行は対案ない赤字無視

    永江一石

  4. 4

    安倍首相 皇太子さまの人脈懸念?

    NEWSポストセブン

  5. 5

    謎の退任 三菱UFJ前頭取に直撃

    文春オンライン

  6. 6

    なぜ海外は1ヶ月近く休暇とるか

    MAG2 NEWS

  7. 7

    よしのり氏「元号先出しは失礼」

    小林よしのり

  8. 8

    2歳児発見の男性「山だと確信」

    AbemaTIMES

  9. 9

    永遠に終わらぬ韓国の慰安婦主張

    tenten99

  10. 10

    サマータイムは試算出したら終了

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。