記事

書評 小川榮太郎『「「森友・加計事件」朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪』

選挙が終っても、未だに野党は森友・加計問題について騒ぎ立てているようだ。はっきり言って、私はこの問題に殆ど興味がなかった。時の総理が自らの権力を不当に行使して、友人のために利益供与をしたとすれば、それはマスコミだけでなく、警察が動き出さねばならない問題だろう。マスコミでは、森友学園の極めて特殊な教育を面白おかしく報道していたが、事の本質とは全く無関係で、ただの安倍叩きでしかないと思っていた。

この問題は、誰かが冷静に分析しなければならないだろうと漠然と考えていたが、今回、そのための格好の一冊が出版された。小川榮太郎氏の『「森友・加計事件」朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪』である。「報道犯罪」との言葉が強すぎるとも思ったが、読み進めていくと、確かに酷い。

時の権力者をマスコミが批判するのは当然のことだが、問題の真相究明に力を注いでいるのではなく、印象操作によって「安部政権叩き」をすることを優先しているようにしか思えないのだ。本書を読んで、冷静になって、何が問題であり、何故警察が動かないのかを考えてみたらいい。

瑣末な問題を、まるで大事であるかのように報じ、本来報道すべき北朝鮮問題を蔑ろにするマスコミ、そして、それに追随する政治家。読後感は爽やかなものではない。この国のマスコミ、政治家は大丈夫なのだろうかと心配になってくる。

【お知らせ】

一般社団法人 日本歴史探究会講演会
演 題:『政治を志した理由~教育と憲法~』
講 師:田沼 隆志先生(元衆議院議員・自由民主党所属)
日にち:平成29年11月18日(土)
開 場:13時30分
開 演:14時
会 場:JEC日本研修センター江坂
(大阪市営地下鉄「江坂」駅徒歩3分)
参加費:社会人 3,000円、学生 1,000円
主 催:一般社団法人日本歴史探究会

◇講師プロフィール

 昭和50年12月26日生まれ。平成11年、東京大学経済学部 卒業。所属していた立花隆ゼミでは、インタビュー集『二十歳のころ』(新潮社)を出版。平成18年、政治家を志す。平成21年、千葉市議会議員補欠選挙に千葉市稲毛区から出馬し、最高位当選。千葉市議会議員を務めた後、平成24年、衆議院議員総選挙に千葉県第1選挙区から出馬し、当選を果たされた。

お申し込みは こちらから宜しくお願いいたします。

トピックス

ランキング

  1. 1

    貴ノ岩叩きで手の平返すマスコミ

    キャリコネニュース

  2. 2

    板尾不倫騒動 ラブホ=SEXは古い

    メディアゴン

  3. 3

    三田佳子次男 元乃木坂に暴行か

    女性自身

  4. 4

    よしのり氏「杉村太蔵見直した」

    小林よしのり

  5. 5

    「レコ大」私物化のドン実名告発

    文春オンライン

  6. 6

    大阪市長の正論を非難する朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    朝日新聞は憲法改正の認識が甘い

    小林よしのり

  8. 8

    ユニクロの闇は日本企業の行く末

    fujipon

  9. 9

    日産 会見出ないゴーン氏の思惑

    片山 修

  10. 10

    「アベ辞めろ」入らぬ流行語大賞

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。