記事

公明党の熱き「もう一つの総選挙」 総合50位目指す


【山口代表も期待を寄せる「コメ助」(写真:共同通信社)】

「衆院選後に公明党の議員や関係者に会うと、“こちらの総選挙もよろしくお願いします”と頭を下げられたんです。何のことかよくわかりませんでしたが、あまりに熱心なので、思わず“頑張ってください”と、答えてしまいました」(永田町関係者)

 先の衆院選で公明党は、公示前から6議席減らして計29議席に留まった。そうしたなかで、なにやら力を注ぐ「もう一つの総選挙」があるというのだ。公明党担当記者が明かす。

「全国のゆるキャラ人気ナンバーワンをネット投票で決める『ゆるキャラグランプリ2017』のことです。1000体以上がエントリーするなか、公明党のイメージキャラクター『コメ助』が“出馬”している。振るわなかった衆院選の雪辱とばかりに支持者たちが動いているようなんです。“最低でも『民主くん』の記録には勝ちたい”と意気込んでいます」

 ライバルと目す「民主くん」は、かつての民主党のゆるキャラで、2015年にゆるキャラグランプリに出馬。“2位じゃだめなんです”と華々しく決意表明して、話題になった(結果は142位)。

 2016年の民進党への党名変更のあおりを受けて引退するも、10月に立憲民主党が立ち上がったのと同時に、「リッケンバッカー」製のギターを持った姿で「立憲民主くん」として非公認ながら再登場。枝野幸男代表は「スカウトしたい」とコメントした。衆院選と同様に、“風”に乗った強力なライバルになっているよう。

 冗談半分の話かと思いきや、それなりに意味がある取り組みと評すのは政治評論家の有馬晴海氏だ。

「全国で比例830万票を獲っていた時代からすると徐々に公明党の集票力は落ちてきている(今回は697万票)。連立政権を組む自民党と歩調を合わせて、憲法改正も絶対反対ではなくなってきた。支持母体の創価学会と同じくしてきた『福祉と平和』という理念と矛盾していることに、少しずつ支援者が離れていると考えられます。そうした懸念から、『コメ助』というゆるキャラを入り口に党への理解を深めてもらうイメージ戦略のひとつでしょう」

 公明党広報部に聞いてみると、「昨年の総合130位を上回る総合50位を目指しています」とやはり大マジメなお答え。

 運命の投票締め切りは11月10日に迫っている。

※週刊ポスト2017年11月17日号

あわせて読みたい

「公明党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    貴ノ岩叩きで手の平返すマスコミ

    キャリコネニュース

  2. 2

    三田佳子次男 元乃木坂に暴行か

    女性自身

  3. 3

    よしのり氏「杉村太蔵見直した」

    小林よしのり

  4. 4

    板尾不倫騒動 ラブホ=SEXは古い

    メディアゴン

  5. 5

    ユニクロの闇は日本企業の行く末

    fujipon

  6. 6

    日産 会見出ないゴーン氏の思惑

    片山 修

  7. 7

    大阪市長の正論を非難する朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    小池氏の辞任劇は「死んだふり」

    NEWSポストセブン

  9. 9

    朝日新聞は憲法改正の認識が甘い

    小林よしのり

  10. 10

    「アベ辞めろ」入らぬ流行語大賞

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。