記事

インスタのベルフィー女子 「いいね」欲しさにジムで鍛える


【ダンサーでタレントのDJ Ririlatina】

 インスタグラムで「#belfie」と検索すると、自分の尻を撮影した「自撮り尻」の数々が画面を埋めつくす。いまインスタグラムでは、この「ベルフィー」が大流行している。

 ベルフィーとは「butt」(尻)と「selfie」(自撮り)を合わせた造語だ。ことのはじまりは3年ほど前にアメリカのセレブモデル、キム・カーダシアンが自撮りで尻の写真をインスタグラムにアップしたあたりからといわれる。徐々にセレブ美女の間で流行し、一般女性たちも競うようにベルフィーをアップするようになったのだ。

 インスタグラムにアップされている尻写真はどれも、丸くてボリュームのあるプリッとした美尻揃い。ジムで尻を鍛える女性が急増し、中にはヒップリフトと呼ばれる「豊尻手術」疑惑をかけられるセレブが続出するなど、ブームは過熱している。

 このベルフィー旋風は日本をも席巻している。日本のベルフィー女子たちは、何を契機にベルフィーを始めたのか。3人のベルフィー女子たちに聞いた。

【DJ Ririlatina】 Instagram ID/@djririlatina 職業/ダンサー、タレント

「ベルフィーをはじめたきっかけは、18歳からレゲエダンサーをはじめたことです。私にとってベルフィーはダンスの延長なので、私のベルフィーでダンスの楽しさが伝わったらいいなと思います」

【るな】 Instagram ID/@runa_mryn 職業/フリーター


【フリーターのるなさん】

「お尻を鍛えはじめてから成長過程を記録するためにベルフィーをはじめました。やっぱり自分で見ても変化が分かるし、そうなるともっと『尻トレ』にやる気が湧いてきます!」

【彩加】 Instagram ID/@ayaka47 職業/看護師


【看護師の彩加さん】

「この写真は旅先のノリであげてみました。ベルフィーを知ったのは写真を撮ったあとでした。お尻の形はごまかせないし、胸の写真をあげるよりも健康的な感じがするので気に入っています」

※週刊ポスト2017年11月17日号

あわせて読みたい

「SNS」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「安倍晋三記念小学校」嘘と判明

    和田政宗

  2. 2

    籠池氏の嘘 拡散した朝日は無視?

    和田政宗

  3. 3

    よしのり氏「罠にはまった文春」

    小林よしのり

  4. 4

    希望維新の合流進めたい安倍首相

    NEWSポストセブン

  5. 5

    内田樹氏の安倍政権分析に納得

    マガジン9

  6. 6

    山口組の自虐的川柳が傑作ぞろい

    NEWSポストセブン

  7. 7

    詩織さん事件 超党派議連が追及

    田中龍作

  8. 8

    日本が核禁止条約に署名しない訳

    河野太郎

  9. 9

    よしのり氏 山尾氏の改憲案見よ

    小林よしのり

  10. 10

    ISを「破門」しないムスリム社会

    SYNODOS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。