記事

インスタのベルフィー女子 「いいね」欲しさにジムで鍛える


【ダンサーでタレントのDJ Ririlatina】

 インスタグラムで「#belfie」と検索すると、自分の尻を撮影した「自撮り尻」の数々が画面を埋めつくす。いまインスタグラムでは、この「ベルフィー」が大流行している。

 ベルフィーとは「butt」(尻)と「selfie」(自撮り)を合わせた造語だ。ことのはじまりは3年ほど前にアメリカのセレブモデル、キム・カーダシアンが自撮りで尻の写真をインスタグラムにアップしたあたりからといわれる。徐々にセレブ美女の間で流行し、一般女性たちも競うようにベルフィーをアップするようになったのだ。

 インスタグラムにアップされている尻写真はどれも、丸くてボリュームのあるプリッとした美尻揃い。ジムで尻を鍛える女性が急増し、中にはヒップリフトと呼ばれる「豊尻手術」疑惑をかけられるセレブが続出するなど、ブームは過熱している。

 このベルフィー旋風は日本をも席巻している。日本のベルフィー女子たちは、何を契機にベルフィーを始めたのか。3人のベルフィー女子たちに聞いた。

【DJ Ririlatina】 Instagram ID/@djririlatina 職業/ダンサー、タレント

「ベルフィーをはじめたきっかけは、18歳からレゲエダンサーをはじめたことです。私にとってベルフィーはダンスの延長なので、私のベルフィーでダンスの楽しさが伝わったらいいなと思います」

【るな】 Instagram ID/@runa_mryn 職業/フリーター


【フリーターのるなさん】

「お尻を鍛えはじめてから成長過程を記録するためにベルフィーをはじめました。やっぱり自分で見ても変化が分かるし、そうなるともっと『尻トレ』にやる気が湧いてきます!」

【彩加】 Instagram ID/@ayaka47 職業/看護師


【看護師の彩加さん】

「この写真は旅先のノリであげてみました。ベルフィーを知ったのは写真を撮ったあとでした。お尻の形はごまかせないし、胸の写真をあげるよりも健康的な感じがするので気に入っています」

※週刊ポスト2017年11月17日号

あわせて読みたい

「SNS」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ZOZO田端氏の残業代ゼロ論は呪い

    国家公務員一般労働組合

  2. 2

    早稲田の名物教授にセクハラ疑惑

    PRESIDENT Online

  3. 3

    大地震でも災害モードならぬ日本

    AbemaTIMES

  4. 4

    加計理事長のドサクサ会見は卑劣

    宮崎タケシ

  5. 5

    新幹線を叩くマスコミに違和感

    MAG2 NEWS

  6. 6

    朝日の信頼度が5大紙で最下位に

    島田範正

  7. 7

    日本人のW杯会場ゴミ拾いに称賛

    BBCニュース

  8. 8

    香川が名乗り 仲間も予想外のPK

    文春オンライン

  9. 9

    脱退2年活動禁止 NMB48奴隷契約

    文春オンライン

  10. 10

    橋下氏 トランプ氏の交渉は神業

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。