記事

大企業の冬ボーナス、5年ぶり減少 自動車業界でのマイナス目立つ、一方で食品はプラス4.4%

経団連は11月6日、2017年冬のボーナスの一次集計結果を発表した。冬の賞与の平均額は昨年より1.19%減少し、91万6396円だった。冬のボーナスが減少するのは5年ぶりとなる。

調査対象は、東証一部に上場する、従業員500人以上の主要21業種のうち、大手251社だが、今回はそのうち、自動車や電機など12業種74社分の集計結果を発表した。なお、商業と通運は集計者数が1社だったため、金額の公表を避けた。最終的な結果は12月下旬に発表される予定だ。

額が高いのは「自動車業界」の97万円だが、昨年冬からの減少率は調査内で最大

減少割合が最大でも、金額はトップの自動車業界。底力の強さが伺えます。
減少割合が最大でも、金額はトップの自動車業界。底力の強さが伺えます。

製造業の平均額は92万1907円で昨年より1.22%減少、非製造業の平均額は66万7858円で、0.73%の減少だった。

業種別に見ると、昨年と比べて増加率が最も高かったのは「食品」でプラス4.4%。金額では91万6256円だった。次いで、3.72%増加の「非鉄・金属」、3.16%増加の「化学(硫安)」と並ぶ。「非鉄・金属」の賞与額は76万3468円、「化学(硫安)」は78万8677円となっている。

金額が最も多かったのは「自動車」の97万1070円だが、昨年の99万266円と比べてマイナス1.94%と、減少割合は今回の調査中最も大きい。2位は「化学」の91万8789円、3位は「食品」だった。

経団連が今年8月に発表した、大企業の夏の賞与額平均値も、87万8172円と5年ぶりに前年を下回っていた。2期連続での賞与減額とあり、個人消費に影響が出る可能性も示唆される。

あわせて読みたい

「ボーナス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    板尾不倫騒動 ラブホ=SEXは古い

    メディアゴン

  2. 2

    日本が核禁止条約に署名しない訳

    河野太郎

  3. 3

    「レコ大」私物化のドン実名告発

    文春オンライン

  4. 4

    名古屋は地元離れぬ下層民の楽園

    SeaSkyWind

  5. 5

    女性もセックスレスで不倫傾向か

    AbemaTIMES

  6. 6

    貴ノ岩叩きで手の平返すマスコミ

    キャリコネニュース

  7. 7

    吉田沙保里の恩師が隠す重大事故

    文春オンライン

  8. 8

    韓国教育絶賛する内田樹氏に困惑

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    タカタ破綻も会長夫人は豪遊生活

    文春オンライン

  10. 10

    相撲関係者が貴乃花の行動に疑問

    中田宏

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。