記事

出会い系サイト「ズーロア・ドッテイナユ」の衝撃と男女格差


【ネットニュース編集者の中川淳一郎氏】

 出会い系サイトをめぐるトラブルは後を絶たないので、業者が摘発されたなどのニュースをきいても「またか」と慣れてしまっているだろう。ところが先日、60代の男性が運営会社を相手に訴えた裁判は、慣れきった人にとっても驚きの内容だった。3年間で約5000万円を費やした男性が支払ったメールの内容の衝撃から、ネットニュース編集者の中川淳一郎氏が出会い系における男女格差について思いをめぐらせた。

 * * *
 ネットでは妙に人々のツボにはまってしまう言葉というものが時に登場する。10月に若干話題となったのが「ズーロア・ドッテイナユ」である。59歳の誕生日までに恋人が欲しいと考えた男性(現在は60代)が出会い系サイトに約5000万円を注ぎ込み、“女性”とメールのやり取りをし、会う約束を取り付けたにもかかわらずドタキャンをされるなどし、会うことができなかった。

 システムとしては、会員登録したうえで1ポイントを10円で購入し、様々なサイト内の行為に課金する。メール送信には22ポイントが必要で受信には24ポイント必要だ。女性のプロフィールを見るのにもポイントが必要で、「出会いたい」という男の欲望を叶えるためにとにかくカネを使わせるつくりになっている。

 運営側としては、会員に何度もメールを送らせればより儲かるわけで、思わせぶりなメールを送るなどすれば、よりメール送信回数を増やすことができる。こうしたことからサクラであると男性はサイト運営会社を訴え、男性が勝訴した。裁判所は、登録された女性の一部の写真は台湾や香港のモデルだったと認定した。

 この件については「なんで気付かないのだ?」という疑問の声のほか、「殆ど騙されてると知りつつ、一縷の望みに金をつぎ込む59歳が悲し過ぎる」といった憐憫の情を抱く人もいる。だが、今回、多くの人のツボに入ったのが、超能力者を名乗る女性が「『ズーロア・ドッテイナユ』これを10回伝えて!」とメールを送ってきた件だ。男性がその前にやり取りをしていた女性は悪者から追われており、彼女を助けるにはこの言葉が必要だというのだ。どう考えてもメールをたくさん送らせるための方便だ。

「ズーロア・ドッテイナユ」を逆さに読めば種明かしになってしまうが、この語感は、漫画に登場する決めゼリフも似たようなところがある。それこそ『まことちゃん』の「グワシ」、『ブラック・ジャック』に登場する「アッチョンブリケ」、『サルでも描ける漫画教室』の「ちんぴょろすぽーん」もそうだ。こうして考えると、「ズーロア・ドッテイナユ」などという面妖なる語感の言葉を採用するのは、それなりに年齢のいったオッサンといった感覚を持ってしまう。

 59歳男性が「あやか」(報道時に登場した仮名)だと思い、必死に何度もメールを送っていた相手が同世代のオッサンだったということもあり得る。

 こうした出会い系サイトのサクラのバイトは私の知り合いもやっていた。「データ入力」名目の求人に応募したところ、サクラのバイトで、彼は自分も男なだけに男の心を揺さぶる言葉の数々を知っている。何度も何度もメールのやり取りをさせることに成功し、歩合制でけっこうな給料をもらっていると自慢していた。

 そして、最近知り合いの女性から聞いたのが、実名制のフェイスブックと連動させた出会い系アプリである。とにかく女性の場合は「入れ食い」状態。興味を持った男性に会いたい意思を示せばすぐに連絡がくるし、男の方が会員数が多いだけに彼女への申請も多数。今や男を漁り放題だという。と考えると冒頭の男性があまりにも哀れ過ぎる。

●なかがわ・じゅんいちろう/1973年生まれ。ネットで発生する諍いや珍事件をウオッチしてレポートするのが仕事。著書に『ウェブはバカと暇人のもの』『ネットのバカ』など

※週刊ポスト2017年11月17日号

あわせて読みたい

「出会い系サイト」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    配達が無言 ヤマトAmazon撤退で

    山本直人

  2. 2

    虚偽の史実を広めた朝日は謝罪を

    門田隆将

  3. 3

    トランプ氏を手玉にとる安倍首相

    PRESIDENT Online

  4. 4

    覚悟ない子連れ議員にがっかり

    宮崎タケシ

  5. 5

    国民を馬鹿にした昭恵夫人の一言

    天木直人

  6. 6

    山尾氏の集団的自衛権=悪は危険

    篠田 英朗

  7. 7

    サ市と断交?冷静な判断が必要

    米山 隆一

  8. 8

    慰安婦の日制定で日韓合意は破綻

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    子連れ登院の目的に抱いた違和感

    井戸まさえ

  10. 10

    事故物件の住人が明かす恐怖体験

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。