記事

慣習法化できない改正案はダメだ

若者は自民党が「リベラル」に見えて、旧民主党系や共産党が「保守」に見えているらしい。 年配者はこの逆に見えている。 これは肯ける分析である。

枝野氏や立憲民主党の幹部はこれをよく考慮した方がいい。 「憲法9条を守れ」の集会に枝野氏が出るのはよいことではない。 確かに「憲法改悪を許さない」という枝野氏の発言は「改善」なら良いこということになるから、嘘は言ってない。 わしも安倍政権の憲法改正は、筋が悪い「改悪」だと思っているから、安倍政権による憲法改悪には反対である。

だが、若者が野党は「何でも反対」だから「保守」と見ていることは、もっと重要視しなければならない。 若者にとって「保守」=「現状肯定主義」=「戦後体制保守」と見られたら、「保守」という概念そのものが誤解されて、崩壊してしまう。

枝野氏がああいう集会に出て、朝日新聞に報じられると、立憲民主党はやっぱり護憲の旧社会党に堕したと思われる。 やがて自縄自縛に陥って、単なる「何でも反対」の駄々っ子の政党で終わってしまう。

「保守」というのは、戦後レジーム保守ではない。 その意味では、自民党から共産党まで、すべて戦後体制の保守に過ぎない。 本来の「保守」は「独立自尊」が基本だから、今の日本にとっては、最も過激な理念である。

わしが憲法を書いたら、この臆病だらけの日本人は誰もついて来ないだろうから、今は「一歩前進」の憲法改正で我慢しておこうと考えているだけだ。

安倍政権の憲法改正は「一歩後退」の「改悪」だから、立憲民主党が「一歩前進」の憲法「改善」を主張せねばならない。 それが出来ないなら、立憲民主党はやはり「現状肯定」の「自称保守」と、わしにも若者にも判定されるだけだ。

わしが山尾志桜里氏に賭けているのは、その「一歩前進」の憲法「改善」である。 言っておくがそれは「リベラル」を根拠にしてもダメだと思う。 なぜなら、憲法は例え「成文法」化しても、基本は「慣習法」であるからだ。 慣習法化できない憲法など、立憲主義として機能しない! そこを今度、話し合おう。

あわせて読みたい

「立憲民主党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    音喜多氏はブログより議会発言を

    PRESIDENT Online

  2. 2

    大型空母の中国vs軽空母の日本

    木村正人

  3. 3

    米の非同盟扱いは韓国の自業自得

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    欧州で人気の抹茶 日本産は駆逐?

    田中淳夫

  5. 5

    JALの時代錯誤なアイデアに驚き

    笹川陽平

  6. 6

    裁量労働制に反対する野党に疑問

    和田政宗

  7. 7

    橋下氏 国会ヤジのおかしさ指摘

    AbemaTIMES

  8. 8

    長洲未来への発言「差別」と批判

    NewSphere

  9. 9

    日本を裏切る理解不能な朝日社説

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    毎日新聞が誤報の朝日かばう暴挙

    和田政宗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。