記事

現役介護士らが明かす“シモのお世話”風景「まるで出産シーン」

 めまぐるしく進化しているのはITの世界だけではない。介護の世界も日々働き方の進化を遂げている。

 キツそう、給料が安そう……などマイナスイメージがつきまといがちな介護の仕事。毎週土曜夜23時からAbemaTV(アベマTV)で放送中の『Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース~』では、番組MCを務めるSHELLYと共に「介護ほどステキなお仕事はない」をテーマに、現役の介護福祉士たちが介護現場の実態と本音を赤裸々に語った。

(モデルと介護福祉士を両立している上条百里奈さん)

モデルと介護福祉士を両立している上条百里奈さんは「一昔前まで介護福祉士は、オムツをいかに上手に履かせるかの教育を受けてきた。でも今はいかにオムツをせずに暮らせるようにするかが、スキルとして求められている」という。当たり前の生活を守るという観点からもそうだが「オムツ生活が続くと、床ずれが起こったり、腸が動かないので便秘にもなりやすい。便秘になると認知症の周辺症状が出やすい」と説明した。

(シングルマザー芸人で介護福祉士の“ももち”こと柏崎桃子さん)

 柏崎さんは「重度の利用者さんが集まった施設で働いていたが、なるべくオムツを使わない施設だった。常日頃、トイレで用を足してもらおうとスタッフ全員でお手伝いしていた」と話す。

ここでSHELLYが「それでいうと、一般人のイメージですが、シモのお世話が大変だなというイメージを持ってしまう」と質問。「出たら、楽しくてしょうがない! やったね、良かったねと思う。汚いとか臭いなんて感じたことがない。その人のお世話に関わっていく中で、オムツに始まり、やっとトイレで出せた! という喜びの方が大きい」と柏崎さん。その話を他の介護福祉士も大きく頷きながら聞いていた。



“出来なかったことを少しでも出来るようにしていく”というのが現代の介護のあり方なのだろうか。上条さんも「2週間出なかった人が下剤を使わずに自然に出せたという喜びの方が何倍も勝る」とコメント。それはまるで出産シーンかのように「産まれたー! おめでとう!」とスタッフ全員で拍手をして、喜びを分かち合うのだとか。

(法律相談ポータルサイト「弁護士ドットコム」副編集長・山口紗貴子)

 「弁護士ドットコム」副編集長の山口紗貴子さんは「高校生の頃に介護施設で研修をした経験があった。そのときに一番戸惑ったのがシモの世話だった。喜びなんて感じる余裕はなかった。特に、家族のシモの世話に関してはそういう風に感じるのではないでしょうか」と疑問をぶつけた。これにはSHELLYも「家族だからそう感じるのかも。親だったり祖父母だったり、ずっと尊敬していた人のシモの世話をするのには抵抗があるのではないか」とコメント。

山口さんは「利用者は、他人であるということもあり、入り込みやすいのかもしれない」と分析。「根本的には“明日も生きたい”という姿を見たいから生活を支えているわけで、そこに対しての苦痛は感じない」と語った。

AbemaTV/『Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース~』より)

(C)AbemaTV
(ライター/小林リズム)

▶︎10月27日放送「介護ほどステキなお仕事はない」

▶︎次回は11月4日(土)夜23時から放送「誰もがオッパイで悩んでる」

あわせて読みたい

「看護師」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    足立議員の生コン疑惑発言はデマ

    辻元清美

  2. 2

    「立派な国」ランキング 日本は

    長田雅子

  3. 3

    よしのり氏が文春デスク写真公開

    小林よしのり

  4. 4

    1億円稼ぐチャットレディに密着

    AbemaTIMES

  5. 5

    石破氏「民進解消で政治が前進」

    石破茂

  6. 6

    金正恩氏 ちびデブ発言に怒りか

    高英起

  7. 7

    よしのり氏「文春に完全勝利」

    小林よしのり

  8. 8

    韓国のトランプ接待は意味不明

    やまもといちろう

  9. 9

    山尾氏×望月記者 女の政治を語る

    NEWSポストセブン

  10. 10

    米韓会談で見た韓国のご都合主義

    中田宏

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。