記事

週刊文春の記事について

週刊文春の山尾志桜里バッシング記事を読んだ。
確かに「じゃ」なんてわしは言わないし、「一線交える」という言葉は意味が分からん。

だが全体としてこの記事には「良心」を感じた。
山尾氏に「立憲民主党に入れ」と言ってきたのはわしということを書いているし、わしの「能力を取るか、姦通罪を取るのか」という言葉を載せているし、わしが山尾氏に「私のことは語るな。公のことだけを考えろ」と指示したことも書いている。

憲法論議のために、わしが「再び二人を引き合わせるつもり」だと言ったことも、書いている。

皮肉交じりの箇所はあるが、全体としては、わしが世間に伝えたいことを端的に書いてくれているのだ。
わしが一時間も記者に説教したことは無駄ではなかった。
この記者、仕事上、スキャンダルを収穫せねばならないし、バッシングもせねばならないが、一片の「良心」はあるようだ。

週刊文春は、今は立憲民主党を狙ってスキャンダル発掘に余念がないが、わしもセクハラとか、女性蔑視のわいせつとか、大嫌いなので、大火にならぬうちに、火消ししておいてくれるのは良いことだ。

ただし、自民党にはもっといっぱいそういう不埒な議員はいるだろう。
なにごとも公平にやらなきゃ、権力寄りの雑誌だと判定せざるを得ない。
そこんとこ、アドバイスしておくよ。

あわせて読みたい

「週刊文春」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    キャラ名刺やめろ 弁護士が警鐘

    BLOGOS編集部

  2. 2

    進次郎氏「戦った2人に注目を」

    AbemaTIMES

  3. 3

    棚橋弘至 40代は現実受け入れよ

    BLOGOS編集部

  4. 4

    安倍3選 石破氏が予想以上の伸び

    舛添要一

  5. 5

    よしのり氏「新潮45は大成功」

    小林よしのり

  6. 6

    NHK桑子アナのコメント力に苦言

    メディアゴン

  7. 7

    NEWS23の根拠ない安倍批判に苦言

    和田政宗

  8. 8

    ZOZO前澤氏の英語スピーチは満点

    広瀬隆雄

  9. 9

    橋下氏「進次郎氏に期待失った」

    PRESIDENT Online

  10. 10

    正恩氏「北朝鮮はみすぼらしい」

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。