記事

座間事件の白石容疑者 その過去と実家の不気味な目張り

【座間事件の容疑者と被害者の接点は?】

 目の前には小田急小田原線の線路が走る。東京都心から約1時間。朝のラッシュ時間には、6分に1本のペースで満員電車が通り過ぎていく。築30年の木造アパートがカタカタと揺れる。2階のワンルーム、家賃は2万円ほど。部屋には電気コンロ1台と流し台だけの小さなキッチンが付き、部屋の中央にあるハシゴを上ると狭いロフトがある。5畳ほどの部屋に、生温かい異臭が満ちていく。まさに戦慄の部屋である。

 10月31日、警視庁に死体遺棄容疑で逮捕された白石隆浩容疑者(27才)は、「自宅アパートで死体を解体した。体から削いだ肉や内臓はゴミとして捨てた」と供述しているという。部屋からは、クーラーボックス3つと、コンテナボックス5つ、ノコギリが発見された。

「クーラーボックスの1つは玄関に置かれていたそうです。捜査員がフタを開けたところ、腐敗の激しい人間の頭部が2つ入っていました。部屋の中には、他にも箱が7つありました。その中からさらに7人分の人間の頭部が見つかりました。他のボックスには手の骨ばかり、また別の箱には足の骨ばかりなど、無数の骨を部位別に入れていたようです。におい消しなのか、猫のトイレ用の砂が大量にまぶしてあったそうです。遺体は少なくとも女性8人、男性1人でした」(捜査関係者)

 すぐにアパート前にはワンボックスの捜査車両が何台も駆けつけた。捜査員は異臭が漂うボックスを抱えて、次々に車に積んでいった。

 事件発覚のきっかけは、東京・八王子に住む女性(23才)が行方不明になったことだった。

「女性は軽い知的障害を抱えていたようです。中学校の途中から学校に通わず、自宅で引きこもって生活するようになりました。最近、ようやく障害者が通う作業所で働き始めたのですが、21日夕方に作業所に姿を見せたのを最後に行方がわからなくなりました」(全国紙記者)

 女性は20日昼過ぎ、ツイッターにこう書き込んでいた。

《死にたいけど一人だと怖い。だれか一緒に死んでくれる方いましたらdm(注:ダイレクトメール)ください。 こちら23の東京です。車ある方だと嬉しいです。》

 女性の兄が24日、警視庁高尾署に「妹の行方がわからない。連絡も取れない」と届け出たことで捜査が始まった。

「兄が妹のパソコンを調べたところ、ネットで男性と連絡を取り合っていた。その男性が、白石容疑者だったようです。女性と白石容疑者は23日、アパート近くの小田急線相武台前駅やJR八王子駅で一緒にいるところが、駅の監視カメラで確認されました。そこで、警察が白石容疑者のアパートに踏み込んだところ、複数の遺体が見つかったんです」(前出・全国紙記者)

「殺害した女性はすべて30才未満。一部の女性には性的乱暴をしてから殺した」と容疑者は供述しているという。

◆“気の優しい子”だった白石容疑者

 少なくとも9人の遺体が発見された現場アパートは、都心から約50kmの神奈川県座間市にある。戦後、進駐してきた米軍が基地「座間キャンプ」を置いたことで知られ、高度経済成長期は自動車産業を基幹に発展した。現在は、都心から約1時間という立地の典型的なベッドタウンだ。

 白石容疑者は、そんなどこにでもあるような郊外の街で生まれ育った。現在の自宅アパートから車で約15分のところに、白石容疑者が幼少期から社会人になるまで暮らした実家がある。25坪ほどの土地に建つ2階建ての一戸建てだ。近隣住民が言う。

「お父さんとお母さん、妹さんの4人家族で暮らしていました。25年ほど前に一戸建てを建てて、一家で引っ越して来ました。お父さんは大手自動車メーカーの下請けで部品を製造したり、設計したりする仕事をしていたようで、この辺りではごく普通の家族という印象でした」

 白石容疑者は実家近くの地元の公立小学校、中学校を卒業し、高校に進学。その後、実家を離れてひとり暮らしを始めたという。

「お父さんは息子さんのことをよく話していましたよ。“気の優しい子だ”とか、“今夜は息子が帰ってくるから一緒に飲みに行くんだ”などと、嬉しそうに話していましたね。娘さんが有名私立大に進学してから、奥さんが娘さんと暮らすと言って家を出られたんです。別居ですよね。それで、お父さんは優しい長男をかわいがっていたんだと思います」(前出・近隣住民)

 白石容疑者は今年年初まで東京・池袋に住んでいたようだ。仕事は、ネオン街・新宿歌舞伎町での「スカウト」だった。スカウトとは、街行く若い女性たちに声をかけて、“仕事”を斡旋する男たちのことだ。スカウト業経験者が語る。

「キャバクラやスナック、クラブなどの飲食店でホステスとして働かないかと、街を歩く女性たちに手当たり次第に声をかけて、スカウトするんです。もし女性が働いてくれることになれば、女性の売り上げの何割かが毎月、その担当スカウトにお店から支払われるか、紹介料を一時金で受け取るシステムです。ただし、飲食店に紹介するだけでは、そこまで稼げません。売り上げがほしいなら風俗です。ヘルスやソープランドで働く女性をスカウトできれば収入も大きい。それで月に100万円、200万円と稼ぐスカウトもいます」

 女性に声をかけるのは、たいがいは陽が落ちて、街のネオンに灯りがともってから。白石容疑者も夜な夜な、歌舞伎町の街角に立って女性たちに声をかけていたが、今年1月、ある事件を起こしている。

「茨城県で違法に営業する風俗店に女性を斡旋し、紹介料を受け取っていたんです。スカウトの世界でいうと、“オンナを風俗に沈める”ことで、カネを得ていた。店が売春させることを知りながら女性を紹介したとして、職業安定法違反の疑いで、逮捕されました」(別の全国紙記者)

 そんな事件を起こしたからなのか、今年夏頃に白石容疑者はそれまで住んでいた池袋のアパートを引き払い、地元・座間に帰ってきた。

「実家でお父さんがダックスフンドを飼っていたそうですが、この夏、その犬が体調を崩してしまったそうです。お父さんは“長男が面倒を見てくれて本当に助かっている”と周囲に話していましたよ」(前出・近隣住民)

◆共犯者がいる可能性も視野に

 別の近隣住民は、白石容疑者の実家について、こんな気になることを話す。

「2階に息子さんの部屋があるそうなんですが、窓をすべて光を遮るビニールのようなもので目張りしていたんです。真夏でも窓を閉め切っていて、中が見えないようになっていて、不気味でした。よほど見られたくないものがあったのか、外ににおいを出したくなかったのか…」

 今年8月、白石容疑者は現場となったアパートへと引っ越してきた。実は、そのアパートを探していたのは、父親だったという。

「父親が不動産業者を回って、白石容疑者が住むために手頃なワンルームのアパートが市内にないか探していたそうです」(前出・全国紙記者)

 発見された遺体は少なくとも9体。アパートに引っ越してからたった2か月の間に、それだけの数の遺体を損壊することは不可能に近い。引っ越してくる前から、同様の犯行を繰り返していた可能性が高い。

「遺体が発見される1週間ほど前、3人の男たちがアパートにコンテナボックスを運び込むところを近隣の住民が目撃していました。共犯者がいる可能性も視野に、捜査が続けられています」(前出・別の全国紙記者)

※女性セブン2017年11月16日号

あわせて読みたい

「座間9人遺体切断事件」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    貴乃花が協会改革に診断書利用か

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    素人の妊娠中武勇伝は命に関わる

    Chikirin

  3. 3

    朝日新聞の民進分裂検証が衝撃的

    天木直人

  4. 4

    安倍首相の外交 海外から揶揄

    秋原葉月

  5. 5

    古谷経衡氏が音喜多氏を痛烈批判

    AbemaTIMES

  6. 6

    希望の党 変調の陰にいた人物は

    早川忠孝

  7. 7

    貧困状態の子 学力が小4から低下

    日本財団

  8. 8

    日本のキャッシュレス化遅い理由

    AbemaTIMES

  9. 9

    内定辞退に学生「選択肢ある」

    AbemaTIMES

  10. 10

    日馬事件 秘密裏に示談交渉か

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。