記事

議席数に応じた質問時間配分って一体何だ!

政府・与党が、国会での与野党の質問時間配分の見直しを言い出したことだけでも、選挙が終わった途端に何と傲慢な!と思っていました。

ところが今日の与党側の提案はそれを上回る傲慢さ。議席数に応じて質問時間を決めるべし、と。

今まで例えば予算委員会での質問時間配分は概ね与党2、野党8というもの。多少の違いはあっても野党側が多く質問するのが、長い間の国会のあり方でした。

それを仮に議席数に応じた形にすると、与党7、野党3程度になるのではないでしょうか。国会では与党側の、現状追認のような質疑が延々と続くことになります。しかもこれを一度認めると、次の国会以降もずっとこれでいこうと与党側は言うでしょう。

言語道断なこの政府・与党の提案。国会は政府の追認機関ではありません。絶対に認められません。

あわせて読みたい

「希望の党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    国民を馬鹿にした昭恵夫人の一言

    天木直人

  2. 2

    よしのり氏 枝野氏の発言は問題

    小林よしのり

  3. 3

    橋下氏「政府許してはならない」

    橋下徹

  4. 4

    大阪市より慰安婦像を選んだサ市

    長尾敬

  5. 5

    麻原彰晃・娘 妹の虐待訴えは嘘

    松本麗華

  6. 6

    小池氏辞任に若者は「やっぱり」

    AbemaTIMES

  7. 7

    希望落選の馬淵氏「私は無所属」

    馬淵 澄夫

  8. 8

    前川氏 ネトウヨは教育の失敗

    文春オンライン

  9. 9

    山口組の自虐的川柳が傑作ぞろい

    NEWSポストセブン

  10. 10

    籠池氏の嘘 拡散した朝日は無視?

    和田政宗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。