記事

議席数に応じた質問時間配分って一体何だ!

政府・与党が、国会での与野党の質問時間配分の見直しを言い出したことだけでも、選挙が終わった途端に何と傲慢な!と思っていました。

ところが今日の与党側の提案はそれを上回る傲慢さ。議席数に応じて質問時間を決めるべし、と。

今まで例えば予算委員会での質問時間配分は概ね与党2、野党8というもの。多少の違いはあっても野党側が多く質問するのが、長い間の国会のあり方でした。

それを仮に議席数に応じた形にすると、与党7、野党3程度になるのではないでしょうか。国会では与党側の、現状追認のような質疑が延々と続くことになります。しかもこれを一度認めると、次の国会以降もずっとこれでいこうと与党側は言うでしょう。

言語道断なこの政府・与党の提案。国会は政府の追認機関ではありません。絶対に認められません。

あわせて読みたい

「希望の党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    チコちゃんに飽き?NHK編集が秀逸

    メディアゴン

  2. 2

    関口宏3選チクリ 自民議員が反論

    和田政宗

  3. 3

    日村の淫行疑惑に高まる擁護論

    女性自身

  4. 4

    キングオブコントV逸 痛恨のミス

    メディアゴン

  5. 5

    半分、青い。の震災表現は逃げ

    井戸まさえ

  6. 6

    中居正広がTVで語った本音に感銘

    文春オンライン

  7. 7

    大正製薬 特許切れで人員大削減

    MAG2 NEWS

  8. 8

    沖縄で選挙応援する小池氏に苦言

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  9. 9

    人生後半を「福岡に住む」選択肢

    内藤忍

  10. 10

    安倍首相の続投で国民が払うツケ

    MONEY VOICE

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。