記事

中田英寿氏らトップアスリートの社会貢献活動を促進する「HEROs」プロジェクトが発足

BLOGOS編集部
10月30日、日本財団の新プロジェクト「HEROs Sportsmanship for the future」(以下、「HEROs」)の発表イベントが都内で行われた。「HEROs」とはアスリートによる社会貢献活動をサポートし、社会問題の解決を促進する取り組みである。

本プロジェクトをプラットフォームに、様々な競技のアスリートたちが「日本財団HEROsアンバサダー」として旗振り役を担い、社会貢献活動の推進を目指していく。

プロジェクト発表会では、元サッカー日本代表の中田英寿氏、柔道全日本監督の井上康生氏らを始め、日本を代表するアスリートが一堂に会し、本プロジェクトへの思いを語った。

アスリート同士の協力体制を促進


中田英寿氏は本プロジェクトの発足について「これまで社会貢献は自分ひとりで取り組むことが多く、世界各国で様々なサッカー選手がチャリティマッチなどを行っていても、その情報を得ることは難しかった」と連携が不十分な現状を訴え、「サッカーだけではなく様々なスポーツのアスリートが協力することで、もっと色々なことができると思う。今後は、自分たちも楽しみながら活動し、様々なアスリートと協力してスポーツの力を発揮していきたい」と抱負を語った。


日本財団の笹川陽平会長は「日本で一流のアスリートとして活躍されたみなさんが、心を一つにして、これから未来に向かう青少年に”夢と希望を与えたい”という主旨でプロジェクトを発足させた」と経緯を説明。

「アスリートの皆さんには全国を周り、スポーツの技だけではなく、経験してきた苦労などを含めて子どもたちに伝えてもらい、未来を担う力強い青少年の育成に取り組んでいただきたい」と期待を込めた。

また、アンバサダー代表に就任した井上康生氏は「私自身、柔道を通して生きる力を身につけさせてもらいました。スポーツの価値は勝ち負けだけではない。柔道を通じて人と人をつなげ、国と国をつなげていく力を感じた。今回のプロジェクトに全力で取り組んでいきたいと思います」と意気込んだ。

「HEROs AWARD」審査員に香取慎吾ら

12月11日(月)には、「社会とつながるスポーツマンシップ」を発揮したアスリート・チームを発表し表彰する「HEROs AWARD」の開催を予定。審査員としてタレントの香取慎吾やアナウンサーの中井美穂らも参加する。

【BLOGOS編集部:後藤早紀】

あわせて読みたい

「社会福祉」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    三浦瑠麗氏発言 日英で認識に差

    小林恭子

  2. 2

    羽生結弦 五輪2連覇に複雑な韓国

    文春オンライン

  3. 3

    日韓合意に釘刺された文氏の誤算

    文春オンライン

  4. 4

    東京五輪 真夏回避は日本の責務

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  5. 5

    中学入試に思考力試す超難問出題

    NEWSポストセブン

  6. 6

    「妊娠は管理できる」という幻想

    中野円佳

  7. 7

    60歳以上の待遇劣化が抱える矛盾

    川北英隆

  8. 8

    北が工作員を手配する動機はない

    高英起

  9. 9

    就職難の韓国人女性が五輪に苦言

    NEWSポストセブン

  10. 10

    維新・足立議員が懲罰動議に反論

    足立康史

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。