記事

危険な歩きスマホ、パラリンピック日本代表も苦言呈す

【鉄道43社局と携帯電話会社が共同で歩きスマホ防止キャンペーンを開催】

 現在、電車内でも、ホームでも、人々の視線はひたすら手元のスマホに集中する。その危険性を指摘するのは、交通工学を専門とする愛知工科大学名誉教授で特任教授の小塚一宏さんだ。

「歩行する時、人間は無意識のうちにさまざまな情報を目で拾って認識しています。実際に実験してみると、普通に歩いている時は、左右でおよそ3mずつ安全確認を本能的に行っているんです。ところが歩きスマホの場合は、小さな画面を中心にして20~30cmの範囲しか見ていない。時折、視線を上に上げたとしても、左右まで見ることはありません」

 小塚さんは実験として、駅のホームで学生にスマホを持たせて、ツイッターをさせながら歩かせた。すると学生は、すぐ横を通る子供にもまったく気づかなかった。それが視野20cmの実態である。

 しかも最近は、ますますスマホの画面が大きく精細になり、高音質で地図アプリやゲームなどのコンテンツが充実し、ハンズフリーで歩きながら通話もできるようになった。

 スマホに“入り込む”人々が増加したことで、事態はより危険になったと小塚さんが続ける。

「人間の脳は2つのことを同時にすることができず、興味の強い方に意識が集中します。ツイッターやLINEなどのSNSを更新したり、動画を見ながら歩きスマホをすると、周囲への注意力がますます散漫になり、重大な事故につながりやすい。1台のスマホで生活が便利になった半面、人が人を見なくなりました」

 その結果、視覚障害者のみならず、健常者の事故も増加した。2006年は161件だった転落、接触などのホームで発生した「人身障害事故」は2014年には年間227件と増えている。そのたびに電車が止まり、帰宅の足が遅れるなど実害を被る人は数百万人単位に上る。

◆「危ないですよ…」と言ってみたら

 駅の現場はどうなっているのか10月下旬の夕方6時過ぎ、本誌・女性セブン記者は帰宅ラッシュでごった返す渋谷駅に赴いた。

 山手線のホームでは、スマホを見ながら移動する人たちが群れをなす。高齢者以外の多くの人が歩きスマホで5秒に1度ほど視線を上に向ける。イヤホンをして電車の進行方向に歩くのでホームに電車が到着したことに気づかず、自分のすぐ横を車体が通り越した時に慌ててスマホから目を離す男性もいた。ホームの端すれすれを歩きスマホで通り過ぎる若い女性にハラハラする。

 半蔵門線に向かうと、山手線に比べて一際狭いホームに歩行人の行列ができている。歩きスマホの女子高生が、前の人が足を止めたことに気づかず、頭を前の人の背中にぶつけた。同様に、すれ違いざまに肩と肩がぶつかる光景を何度も見た。

 記者はYouTubeを見ながら歩く20代女性に、「歩きスマホ、危ないですよ」と声をかけたが、一瞥しただけで再び視線をスマホに戻し、無言で去って行った…。

 通行人が「歩く凶器」になっていた。視覚障害者でパラリンピック・陸上競技の日本代表である高田千明さんがホームに集う人々に苦言を呈する。

「駅のホームには、危険箇所を示す点字の『警告ブロック』があり、視覚障害者は足の裏や白杖でこのブロックを確認しながら歩きます。ところがこのブロックの上に荷物を置いてしゃべったり、スマホをいじっている人がいます。まるで鳩が電線に止まっているように横一列に並んでいるので、『あなたたちは鳩ですか?』と聞きたくなります。何でわざわざブロックの上に並ぶのでしょうか」

 点字ブロック上を占拠する“鳩”たちに出会ったら、高田さんは「ここを通るからどいてください」との意を込めて、風船ガムをパーンと鳴らしながら歩く。生死にかかわることなので、せざるを得ない。すると彼らは豆鉄砲を食らったようにハッと驚き、その場を離れていくのだという。

 白杖をついた視覚障害者が歩きスマホの客とぶつかることも少なくない。

「白杖が目に入らなかったのかもしれませんが、通行人にぶつかった時、『危ないだろ』『どこ見てんだ』と怒鳴られるケースがあります。混雑時に蹴飛ばされた白杖が手から離れても、拾ってもらえないこともあります」(高田さん)

 危険な歩きスマホに対して、各鉄道会社も対策は講じている。関西の鉄道事業者20社局は今年3月、「歩きスマホは、視界が極端に狭くなります」など、約1万3000枚の共同ポスターを駅舎構内や社内に掲示した。しかし、そうした啓発ポスターさえも、スマホに夢中の現代人は“見えていない”のだ。

※女性セブン2017年11月9日号

あわせて読みたい

「スマートフォン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    人気グラドル 枕営業告白の真意

    文化通信特報版

  2. 2

    NHK受信料700億円増も用途に疑問

    わんこ☆そば

  3. 3

    安倍首相 欠席のふりして平昌へ?

    天木直人

  4. 4

    松井府知事の名誉毀損訴えに反論

    米山 隆一

  5. 5

    橋下氏 統一会派破談に「当然」

    橋下徹

  6. 6

    電ファミ 誤報も開き直りで炎上

    tenten99

  7. 7

    詩織さん事件 検事名まで黒塗り

    週刊金曜日編集部

  8. 8

    官僚は徹夜も 消耗戦状態の国会

    松井孝治

  9. 9

    核兵器の文句は日本より北に言え

    文春オンライン

  10. 10

    昭恵氏 総理の実家避けホテル泊

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。