記事

「メリハリつけている」ザル家計の常套句

30代後半の共働き夫婦。手取り月収は約51万円、貯蓄は780万円と余裕の家計かと思いきや、この数年、貯蓄がまったく増えていないという。原因は6年前に購入したマンションと新車のローン。「貯蓄を減らしたくないので、住宅ローンの繰り上げ返済は避けたい」というが、ファイナンシャルプランナーの横山光昭氏は「それは間違っている」とダメ出しをする――。

●家族構成(2人家族)
会社員のBさん(36)/会社員の妻(35)
●手取り収入(月) 38万6000円(夫)、20万5000円(妻)
●貯蓄 780万円

■「支出にメリハリをつけいる」と言うが、実情は……

「家(マンション)や車を買ってもやっていけているので、今後もやっていけそうですよね」

会社員のBさん(36)は家計のやりくりが問題ないことを強調しました。どうやら「FPの太鼓判」が欲しくて私のもとに家計相談にいらっしゃったご様子。奥さん(35)とは共働きで、いつ子供が生まれてきてもいいようにと貯蓄も頑張っているそうです。


写真はイメージです

「もし子供ができたら教育費などいろいろお金がかかるでしょうから、今からきちんと準備しておきたい」と将来に予想される支出を意識した生活をしているようです。

ただ私の目には、家や車を買って以降は「貯蓄を順調に増やす」というより「(780万円の)貯蓄が減らなければ御の字」という支出の傾向になっているように映ります。家計の収支は、手取り収入が2人で51万円ほど、残念なのは支出も同程度であることです。つまり、毎月、ほとんど貯蓄はできていません。

なお、ボーナスに関しては、Bさんは年俸制のためになく(月給に含まれる形)、奥さんは手取りで15万~18万円ほどが夏・冬それぞれ出ますが、家族の衣類を買ったり、家電や家具などの買い替えたりするなど、「やむをえない」とする支出であまり残らないそうです。

▼収入も支出も月51万円はいかがなものか

「夫婦2人で51万円の支出は多すぎるのではないでしょうか?」

そうお話しすると、Bさんは「支出にはメリハリをつけています」とのこと。そのメリハリの内訳を尋ねると「普段の生活費はあまりかけないようにしている」とする一方で、「将来的に良いことにつながるものにはお金をかけている」というもの。「将来的に良いことにつながるもの」あたりがやや曖昧ですが、ご本人は自信たっぷりです。

■手取り月収51万でなぜ貯金0円なのか?

家計表を拝見すると、家(月11万1000円)や車(月1万9000円)のローン部分や、サプリ代(2万3000円)、習い事費(2万4000円)などの項目で支出が多く、明らかに家計を圧迫していました。しかし、そのほかの生活そのものにかかるお金は、すでに格安スマホに変えていたり、水道光熱費も高額にならないよう節約を心がけていたり。食費も少々高めですがとがめるほどではありません。「生活費はあまりかけないようにしている」という話は、あながち間違いではないようです。



▼350万円の高級車も残価設定ローンで

ただ、やはり「将来的なこと」に目を向けすぎているのが問題点といえば問題点です。

住宅に関しては、「若いうちに持ち家を所有し、早いうちに完済しておいたほうが生活は安定する」と考えています。そのため、30歳前(8年前)に組んだ年利約3%の固定金利のローンを一度も見直ししていません。

また、ほぼ同時期に約350万円で購入した自動車も、貯蓄を減らしたくないという理由でローンを利用しました。金利は3.2%で、5年ローン。残価設定ローン(*)を利用するとローンが終了する時にまとまったお金がかかるかもしれないし、車体価格の評価が下がっているかもしれない、という理由で利用しなかったそうです。きちんと考えた上での購入だと言わんばかりですが、どうなのでしょうか。

*車両価格から3~5年後の車両価値(残価)をあらかじめ差し引いた金額を分割で支払う車の購入方法。残価は車両や支払い期間により異なるが、通常、車両価格の30~50%。

■金利を払うことを“ムダ”だと考えず、正当化

正直申し上げれば、家も自動車も、正解とは言いがたいです。お金のことを一生懸命に考えているということは伝わってきますが、住宅ローンのことを考えれば、やはり金利が低くなった時に見直しをしていないことがもったいない。

もっと言えば、将来的に子供が生まれる可能性があり、部屋の使い方も変わるかもしれないのに、生涯の住み処(持ち家)を購入してしまうのは、リスキーです。買わなければよかった。そんな後悔につながることもしばしばあります。

また、自動車に関しても一括購入も可能だったはずなのに、金利を払っていく“ムダ”を全く考えていないのが残念です。


写真はイメージです

そのほか、夫が健康維持の目的でトレーナーをつけてフィットネスクラブでトレーニングをしていること、また複数のサプリメントがいつも残ってしまっているのに毎月定期購入していることも、浪費に近い印象を受けました。

 

▼11万1000円から7万7000円へ3万4000円も減

そこで支出の傾向についてご夫婦でよく話し合っていただき、私とやりとりするなかで次のような“改革”をすることになりました。

780万円の貯蓄はいったん減ることになりますが、残金180万円ほどの自動車ローンは一括返済。サプリは、飲むものだけを随時購入することにしました。定期購入のほうが安いように見えますが、飲まなければ捨ててしまうのと同じこと。必要時だけ買うほうが、ムダがないのです。フィットネスは、健康維持のためならトレーナーはいなくても大丈夫なはずです。空き時間にジムに行き、自分でトレーニングすることにしました。生命保険は重複しているものもあり、金額も高かったので、保障内容を見直し、適正なものにしました。

住宅ローンは生涯にわたる大きな支出なので、金利が下がっている今、すぐに見直すべき項目です。Bさんのローン残金は約2000万円。返済期間も20年近く残っています。借り換えのメリットが出る条件を満たしているのです。

借り換え後の金利は0.8%。毎月の返済額はかなり減らすことができます。かつ、貯蓄のうち300万円を繰り上げ返済も検討することにしました。これにより、住宅ローンの返済は毎月11万1000円から7万7000円へ3万4000円も減らすことができました。

■毎月の家計費の黒字が0円→11万2000円へ

こうして”改革”を行うと、780万円あった貯蓄は300万円に減ることになりますが、 毎月11万2000円も支出が削減できるので、順調にいけば3年半強で挽回できます。もし、子供が生まれて貯蓄のペースが多少遅くなっても問題ないでしょう。

「貯蓄を残そうと思って、無駄遣いをしていたことに気づきました。毎月の支出が減れば、貯蓄もまた増やせますし、家族が一人増えたとしてもやっていける自信が持てました」(Bさん)


写真はイメージです

【家計費コストダウンランキング】

1位:自動車関係費 -4万9000円
ローン完済後に支払っている金額は、自動車保険とガソリン代だけになった。
2位:住居費 -3万4000円
ローンの借り換えをしたことで月々の支払額が減った。マンション管理費・修繕費と駐車場代4万円は以前と変わらず。
3位:教育費(習い事) -9000円
トレーナーをつけてジムに通っていたが、そのトレーニング法をやめ、空き時間に随時ジムに通うことに。
4位:医療費(サプリ) -6000円
改善前は2万円ほどが定期購入のサプリ代。毎回最後まで飲むことがなく、いつか飲むだだろうとため込んでいたので、定期購入をやめた。

改善後の支出のペースでも、仮に奥さんが仕事を辞めた時は世帯収入が減りますが、今のところ健康上も問題がなく、子供をもうけたとしても仕事は続けるつもりだそうです。

若いご家庭では、将来のために貯蓄を減らさないことを第一に考えがちです。貯蓄が減らなければ、うまくやりくりできている。そんなふうに感じられるようなのですが、その考え方は錯覚です。貯蓄を守るために余計な利息を払って(損をしながら)毎月を暮らすというのは明らかに間違い。ローンのメリット・デメリットを考えて、全体を見渡し、将来だけではなく、現在もうまくいくようにお金の使い方を考えてほしいと思います。

(家計再生コンサルタント、マイエフピー代表取締役、ファイナンシャルプランナー 横山 光昭)

あわせて読みたい

「家計」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国のトランプ接待は意味不明

    やまもといちろう

  2. 2

    北ミサイルの原発攻撃はほぼない

    nonreal

  3. 3

    改憲代案を示せるのは山尾氏だけ

    小林よしのり

  4. 4

    音喜多都議が明かす嫌いな政治家

    AbemaTIMES

  5. 5

    朝日新聞の民進分裂検証が衝撃的

    天木直人

  6. 6

    希望馬淵氏 高所得の恩恵見直せ

    馬淵 澄夫

  7. 7

    有人宇宙飛行はまったくの無駄

    Dr-Seton

  8. 8

    よしのり氏が文春に公開討論要求

    小林よしのり

  9. 9

    むき出しの好奇心に臨んだ豊田氏

    文春オンライン

  10. 10

    橋下氏 三浦瑠麗氏の論稿に期待

    橋下徹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。