記事

女子生徒が髪の黒染めを強要され不登校に アーサー牧師「今の時代に合った規則を」

大阪府立高校の女子生徒が、生まれつき茶色い髪を黒く染めるよう教師らに強要され不登校になったとして、府に賠償を求める訴えを起こした。

 訴状などによると、大阪府羽曳野(はびきの)市の府立懐風館高校3年の女子生徒(18)は、生まれつき髪の色素が薄く茶色く見えるため母親が配慮を求めてきた。しかし、生徒指導の教師らは髪を黒くするよう繰り返し強要。女子生徒は市販の髪染めが肌に合わず、痛みなどを感じながら何度も髪を染めたが、教師らから「不十分」と言われ続けたうえ授業の出席も禁じられ、去年9月から不登校を余儀なくされたという。

 女子生徒は府に約220万円の賠償を求めて提訴。第1回口頭弁論で、府側は請求の棄却を求め争う姿勢を示した。大阪府教育庁は「原告の主張は一部、事実と違うところもあるので、訴訟の中で説明していく」としている。

 この問題について、『けやきヒル’sNEWS』(AbemaTV)でコメンテーターを務め、日本人の母とアメリカ人の父を持つアーサー・ホーランド牧師は「今の時代に合った規則を」と訴えた。

 「いま、色んな国の人たちが日本に来て、国際結婚が普通にあって、その子どもたちが学校に通っている。一人ひとりの人間の尊厳とかありのままを受け入れることは、教育の基本だと思う」と、“古い時代のルール”が残っていると指摘するアーサー氏。

 また、自身が通っていた高校の校則が厳しかったという柴田阿弥キャスターは「地毛が黒髪でない生徒は地毛証明書を出せば認めてもらえる制度はあったが、それでも黒くしろという先生もいた。何のために規則を作っているのか、何のために守らせるのかをきちんとして教えてあげてほしい」と黒髪信仰が根強くあることを指摘した。

 また一部報道では、教師が母親との面談の場で「たとえ金髪の留学生でも規則などで黒く染めさせる」と説明したともされている。

 これについてアーサー氏は「もしこれが本当ならひどすぎる。これからどんどん世界が1つになっていく世の中の流れを完全に無視していることになる。タトゥーにも同じことが言える。刺青を入れている人=暴力団という概念が日本には根強くあるのは理解出来るが、タトゥーと刺青は違う。海外にはファッションや文化としてタトゥーをやっている人がほとんど。タトゥーを入れている外国人にあなたは暴力団だと言えないように、黒髪でない人は全てダメだという規則を全ての生徒に無理やり当てはめようとする考え方はおかしい。もちろん規則というのは必要だけど、今の時代の流れに合った規則を考えて欲しい」と訴えた。

(AbemaTV/『けやきヒル’sNEWS』より)

『けやきヒル’sNEWS』は毎週月~金曜日 12:00~13:00「AbemaNews」チャンネルにて放送!

あわせて読みたい

「黒髪強要」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本が核禁止条約に署名しない訳

    河野太郎

  2. 2

    小泉進次郎氏 国会のムダに苦言

    田野幸伸

  3. 3

    橋下氏「希望議員は文句言うな」

    PRESIDENT Online

  4. 4

    板尾不倫騒動 ラブホ=SEXは古い

    メディアゴン

  5. 5

    AV強要にも関係 スカウトの実態

    幻冬舎plus

  6. 6

    詩織さん事件 超党派議連が追及

    田中龍作

  7. 7

    「レコ大」私物化のドン実名告発

    文春オンライン

  8. 8

    名古屋は地元離れぬ下層民の楽園

    SeaSkyWind

  9. 9

    西内まりや号泣 来年春に退社か

    女性自身

  10. 10

    「4人出産で表彰」発言は無神経

    常見陽平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。