記事

名誉を守るドライブレコーダー 交通犯罪の抑止にも効果

【ドライブレコーダーの普及率は10台に2~3台程度】

 東名高速道路で発生した夫婦死亡事故で、夫婦の車を追い越し車線に停車させた石橋和歩容疑者を逮捕する決め手となったのは、車に備え付けられていた「ドライブレコーダー」だった。事故直後、石橋容疑者は任意の取り調べに対し、「向こうにあおられたから停まった」と証言。しかし、神奈川県警は現場付近を走行していた260台以上の車を突き止め、ドライブレコーダー映像を収集。石橋容疑者の証言の“嘘”を見抜いて逮捕に至った。

 元千葉県警の高速道路交通警察隊員で交通事故調査解析事務所代表の熊谷宗徳さんが解説する。

「ドライブレコーダーは運転中の映像を録画する車載装置です。大きさは10cm四方ほどでバックミラーの上に設置するのが一般的。今はどの自動車メーカーでもオプションで設置できます。市販のものだと5000~数万円と値幅は広いですが、自分の車に合った物があるはずです」

 カメラを進行方向に取り付け、運転中の視界と同様の映像が記録される。車両の動作に関係なく常時録画するタイプと、衝突や急ブレーキといった「衝撃」を感知して自動的に映像を記録するタイプがあるが、映像や音声はいずれもSDカードなどに保存される。熊谷さんは、すべての運転手にドライブレコーダーの設置を強く勧める。

「事故は突然起こります。自分に非がなくても、相手によっては『向こうが急に車線変更した』などと嘘をつく者もいる。そうしたケースでも、ドライブレコーダーで記録しておけば有利になる。もし搭乗者が事故で亡くなり、遺族が裁判に巻き込まれた場合でも、『映像』という動かぬ証拠があれば、故人の名誉を守ることができるのです」(熊谷さん)

 最近のドライブレコーダーはハイテク化が進み、GPS機能のついた機器であれば、スマホや自宅のパソコンにリアルタイムで映像を送ることもできる。

「今年6月に愛知県新城市の東名高速で対向車線から飛び出してきた車と観光バスが衝突した事故では、観光バスがGPS付きのドライブレコーダーを設置していました。バス会社は事故の映像を遠隔地から確認し、直ちに公開してバス側に過失がないことを証明しました」(熊谷さん)

 2012年7月に名古屋市で起きたひき逃げ事故では、車道に転倒した69才男性が後ろから来た乗用車にはねられて死亡。加害者は自動車運転過失致死罪で略式起訴されて罰金30万円の略式命令を受けたが、「ひいたのは袋に入ったゴミか石と思った」との供述が認められ、「ひき逃げ」は不起訴となった。

 しかし被害者の息子が、加害者の車のすぐ後ろを走っていたタクシーを突き止め、ドライブレコーダーを確認したところ、被害者をひいたのち、速度を上げて逃走する加害者の車が映し出されていた。

 この映像を証拠として、被害者の息子が判決に不服を申し立てた結果、検察は再捜査に乗り出している。ドライブレコーダーの普及には、犯罪の立証以外にも大きなメリットがある。

「仮に全ての車に装着されるようになったら、『自分の走行がどこかで記録されているかもしれない』という不安感から、悪質な妨害運転を踏み留まる者が必ず出てくる。『映像を記録している』という事実が、交通犯罪の抑止力になるんです」(熊谷さん)

 東名高速の事故を受けて、「最近は『後方のリアウインドーにも設置したい』というお客様が増えました」(あるカーショップ店員)というドライブレコーダーだが、今はまだ10台に2~3台程度の普及にとどまる。

 自分や大切な人を守るためにも、ドライブレコーダーの設置は必須である。

※女性セブン2017年11月9日号

あわせて読みたい

「自動車」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「安倍晋三記念小学校」嘘と判明

    和田政宗

  2. 2

    籠池氏の嘘 拡散した朝日は無視?

    和田政宗

  3. 3

    希望維新の合流進めたい安倍首相

    NEWSポストセブン

  4. 4

    よしのり氏「罠にはまった文春」

    小林よしのり

  5. 5

    内田樹氏の安倍政権分析に納得

    マガジン9

  6. 6

    よしのり氏 山尾氏の改憲案見よ

    小林よしのり

  7. 7

    日本が核禁止条約に署名しない訳

    河野太郎

  8. 8

    詩織さん事件 超党派議連が追及

    田中龍作

  9. 9

    山口組の自虐的川柳が傑作ぞろい

    NEWSポストセブン

  10. 10

    強姦が日常 元北朝鮮女性兵語る

    BBCニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。