記事

5歳児の脳を損傷させた「DV夫婦」の末路

1/2
虐待は子どもの脳を萎縮させ、学習意欲の低下やうつ病などの原因になる。だが、夫婦喧嘩など、子ども自身に向けられた暴言や暴力ではなくても、ストレスホルモンによって脳神経の発達が阻害されることがわかってきた。小児精神科医の友田明美氏が、ある夫婦の実例を通じて警鐘を鳴らす――。

※以下は友田明美『子どもの脳を傷つける親たち』(NHK出版新書)を再編集したものです。

■「不適切な養育」で損傷する子どもの脳

厚生労働省によると昨年度、児童相談所に寄せられた「児童虐待に関する相談件数」は、過去最多の12万件(速報値)を超えた。「虐待なんて、自分にも家族にも関係ない」と思っているかもしれない。しかし、児童虐待防止法の第二条「児童虐待の定義」には「児童が同居する家庭における配偶者に対する暴力」と書かれている。つまり子どもの前で繰り広げられる激しい夫婦喧嘩は「児童虐待」とみなされるのだ。



この30年、わたしは小児精神科医として、脳科学の側面から子どもの脳の発達に関する臨床研究を続けてきた。その結果、「チャイルド・マルトリートメント(不適切な養育)」によって、子どもの脳機能に悪影響がおよんだとき、生来的な要因で起こると考えられてきた学習意欲の低下や非行、うつ病や摂食障害、統合失調症などの病を引き起こす、または悪化させる可能性があることが明らかになったのだ。

■「チャイルド・マルトリートメント(不適切な養育)」

maltreatment(マルトリートメント)とは、mal(悪い)とtreatment(扱い)が組み合わさった単語で、前述のとおり、「不適切な養育」と訳される。「虐待」とほぼ同義だが、子どもの健全な成長・発達を阻む行為をすべて含んだ呼称で、大人の側に加害の意図があるか否かにかかわらず、また子どもに目立った傷や性疾患が見られなくても、行為そのものが不適切であれば、すべて「マルトリートメント」とみなす。

わたしが研究や臨床の現場で、マルトリートメントという言葉を使っているのは、虐待という言葉では日常にひそむ子どもを傷つける広範な事例をカバーしきれないと考えるからだ。また、懸命に子育てをしている親に対して「虐待をしている」とレッテルをはることにより、親の人格を否定してしまったら、彼らの育て直しのチャンスを奪うことにつながってしまうからだ。

子どもと接するなかで、マルトリートメントがない家庭など存在しない。ふたりの娘をもつわたし自身も、数々の失敗を経験してきた。親になった瞬間から完璧な親子関係を築ける人などいるはずがなく、トライ&エラーを繰り返しながら、徐々に子どもの信頼を得ることができるようになるものだ。

しかし、子育てに懸命になるがあまり、知らず知らずのうちに子どものこころを傷つける行為をしている場合がある。マルトリートメントは強度と頻度を増したとき、子どもの脳は確実に損傷していく。この事実をわれわれ大人は見逃してはいけない。

■子どもの前で繰り返される母親へのDV

サヤカさん(仮名・35歳)は結婚後、エスカレートしていった夫による暴言・暴力に悩んでいた。機嫌を損ねると「なんでお前は何もできないんだ」「もっとまともなものを食わせろ」と彼女をなじり、頬をなぐり、物を壁に投げつけては破壊した。妊娠後もその行為は止むことなく、マミちゃん(仮名)が生まれてからも、夫は幼子の前で容赦なくサヤカさんを罵倒し、手をあげた。

こんな屈辱的な日々を送っていたサヤカさんにとって唯一の救いであったマミちゃんは、成長するにつれ夫の口調や表情を真似するようになった。「このままでは娘まで憎くなって、何かしてしまうのでは」という危機感に襲われ、わたしが勤務する福井大学医学部附属病院の「子どものこころ診療部」を母娘で訪れた。当時、サヤカさんは睡眠障害や食欲不振に悩まされていたが、同時にマミちゃんにも異変が表れ始めた。オムツがとれて久しかったが、日中遺尿(おもらし)をすることが増え、夜中に突然何かに怯えて泣き出し、寝付けないことが多くなった。

■DV目撃でなぜ視覚野は萎縮するのか

わたしがハーバード大学との共同で行った研究によると、子ども時代にDVを目撃して育った人は、脳の「視覚野」の一部で、夢や単語の認知などに関係した「舌状回(ぜつじょうかい)」と呼ばれる部分の容積が、正常な脳と比べ、平均しておよそ6%萎縮していた。これは無意識下の適応とも考えられる。つまり、生き延びるために、脳はその形を自ら変えるのだ。視覚野が萎縮すると会話をする相手の表情が読み取れなくなり、コミュニケーションをとるさいに支障が出てしまう。子どもにとって大問題だ。


(上)面前DVによるマルトリートメントの脳への影響(下)白い部分は容積の減少が見られた視覚野の一部(写真提供=友田明美氏)

このように子ども自身に向けられた暴言や暴力でなくても、激しいいさかいを目撃することにより、体内にはストレスホルモンが分泌され、脳神経の発達が阻害されるのだ。

想像してみてほしい。子どもにとって大事な存在である両親が目の前で言い争っている。例えば、父親が母親を頻繁に怒鳴りつけ、母親が父親の悪口を常に言い続けているような環境で、子どもが健やかに育つはずがない。

夫婦喧嘩と侮るなかれ。このような状況が継続される場合、子どもを一刻も早くマルトリートメントがある状況から救い出し、安心して暮らせる環境を整える必要がある。

 

あわせて読みたい

「児童虐待」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国のトランプ接待は意味不明

    やまもといちろう

  2. 2

    北ミサイルの原発攻撃はほぼない

    nonreal

  3. 3

    朝日新聞の民進分裂検証が衝撃的

    天木直人

  4. 4

    改憲代案を示せるのは山尾氏だけ

    小林よしのり

  5. 5

    貴乃花が協会改革に診断書利用か

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    音喜多都議が明かす嫌いな政治家

    AbemaTIMES

  7. 7

    古谷経衡氏が音喜多氏を痛烈批判

    AbemaTIMES

  8. 8

    希望馬淵氏 高所得の恩恵見直せ

    馬淵 澄夫

  9. 9

    安倍首相の外交 海外から揶揄

    秋原葉月

  10. 10

    表現強い診断書で貴ノ岩守ったか

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。