記事

希望の党は、カナダ自由党に学べ

ちょうど2年前の2015年10月、私は「民主党は、カナダ自由党に学べ」という記事を書いた。

2011年に、34にまで議席数を減らしたカナダ自由党。

新民主党にも負け、野党第二党に転落する。

しかし、若きジャスティン・トルドー氏が党首に就任してから反転攻勢が始まり、2年後の2013年には、184議席を獲得し一気に政権の座に返り咲いた。

ものは、やりようである。

現実的な外交・安全保障政策と、中間所得層に手厚く分配するリベラルな国内政策。

愚直に訴えれば、必ず活路は開ける。

希望の党は、今こそ、カナダ自由党に学ぶべきだ。

2015年10月21日のブログ

https://ameblo.jp/tamakiyuichiro/entry-12086524317.html

19日に開票が行われたカナダの総選挙で、中道左派政党であるカナダ自由党(Liberal Party of Canada)が勝利をおさめ、10年ぶりに政権に復帰した。

実は、このカナダ自由党、2008年に103議席から77議席に減らし、2011年の選挙では、さらに34にまで議席を減らし、壊滅的敗北を経験した政党である。

それが、2年後の2013年、2008年の初当選からわずか5年しか経っていない当時41歳のジャスティン・トルドー氏を党首に選出してから、党勢の回復が始まる。

そして、この若きトルドー党首が率いるカナダ自由党は、今般2015年10月の選挙で、見事に単独過半数を超える184議席を獲得し、政権に復帰したのである。

10年間の野党時代、34にまで減らした議席数を一気に184議席まで回復させたことは、驚異の偉業だ。

中間所得層の減税と高所得者層の増税を提案するなど、政策もリベラルだ。

学ぶべき点が多い、と思う。

あわせて読みたい

「希望の党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹中平蔵氏が労働者無視の残業論

    国家公務員一般労働組合

  2. 2

    RAD炎上曲を擁護するファンの謎

    WEDGE Infinity

  3. 3

    W杯も「安倍が悪い」無能な野党

    かさこ

  4. 4

    メガバンクの時代遅れなリストラ

    城繁幸

  5. 5

    がん患者へのヤジ議員 差別訴え

    猪野 亨

  6. 6

    「大迫半端ないって」の胡散臭さ

    新井克弥

  7. 7

    安倍官邸が検察の森友捜査介入か

    田中龍作

  8. 8

    よしのり氏 靖国参拝をした理由

    小林よしのり

  9. 9

    回復する内閣支持率に3つの理由

    ヒロ

  10. 10

    満員電車に赤ちゃん 腹立つ現実

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。