記事

【社説】安倍総理による賃金3%アップの要請は高齢者優遇が目的である。

1/2
10月26日に開かれた財政諮問会議で、安倍総理は3%の賃金アップを経済界に求めた。

官製春闘などとも揶揄されているが、それなりに好意的に受け入れられているようだ。給料が増えて困る人は居ないので当然、ということになるのかもしれないが、果たして賃金が増えて消費が増え、そして景気が回復する、という好循環につながるのだろうか。

■賃金アップで増える社会保険料収入。

総理の賃上げ要請は5年連続となっており、それに応じた結果なのかは不明だが僅かながらではあるものの平均給与も上がっている(民間給与実態統計調査 国税庁 平成28年データより)。景気回復を実感できないという声も多いが、単純に上昇の幅がわずかだからということになるが、少なくとも給料が減るよりはマシだろう。

では手放しで喜べる状況かというと決してそうではなく、それどころか給与アップの要請は国が抱える問題を先送りするためでしかない。それが年間100兆円を超えてなお膨張する社会保障費の負担だ。

先日行われた衆院選挙では消費税の増税も一つの争点となった。8%から10%へのアップが予定されているが、それによって増える税収は4兆円程度だ。現在消費税による税収は8%で年間16~17兆円程度、つまり1%あたり2兆円程度となる。

では年金・健康保険等の社会保険料による収入はいくらか。2015年の従業員負担(被保険者拠出)は年間で約35.3兆円と、消費税の2倍以上となっている。事業主負担は31.5兆円、両方合わせて66.9兆円と、税収の柱である所得税・法人税・消費税の合計額56.3兆円を大きく上回る。

これだけ多額の保険料であっても年金・医療・介護等の支出である社会保障費には全く足りない。図を見るとバブル崩壊以降、生産年齢人口が増え続ける人口ボーナスが終わったことにより、保険料収入と給付のバランスが崩れ、給付額を保険料で賄えなくなったことが一目で分かる。社会保障の費用は年間で114兆円に上り、差額の46兆円は当然のことながら税金によって穴埋めされる(2015年のデータ。図参照)。

image001

3%の給与アップは従業員のために善意でなされているわけではなく、膨張する社会保障費を賄うために保険料収入を増やすことが主たる目的だろう。

社会保障費の負担を考えれば消費税2%程度の引き上げは誤差の範囲でしかない。本来は消費税20%アップと社会保障費40兆円のカットとどっちが良いですか?というのが正しい選挙の争点だったはずだ。

■社会保険料の負担は消費税に直せば33%分にあたる。

国全体の話をしてもぴんと来ない人もいるかもしれないため、より身近な給料からどれだけ社会保険料が取られているか考えてみたい。

月収40万円、年収480万円の会社員を例に計算をすると、手取り額はおよそ373万円、差額の約106万円は社会保険料と所得税・住民税となる。内訳は社会保険料が約71万円で、所得税・住民税の合計額より2倍も取られている。社会保険料は前述の通りほぼ同額の企業負担分もあり、これは払う相手が従業員か国かの違いだけで、企業にとっては給料の一部だ。

つまり実質的には給料が551万円、社会保険料が142万円、そして税金が35万円、手取り額が差額の373万円……これが年収480万円で働く人の実態だ。保険料の名目でこれだけ多額の負担が課されていると考えれば腰を抜かす人もいるのではないか。

消費税のアップは景気悪化につながるから辞めた方が良いと主張する人もいる。いわゆる「痛税感」、税金の負担を強く感じる心理的なマイナス効果が景気に与える影響を心配してのことだと思うが、社会保険料の負担額35.3兆円を消費税に直せば18%、企業負担分も含めた66.9%で考えれば消費税は33%のアップとなる。現在の8%に上乗せすれば41%だ(図は2016年度分)。

44

年金・医療・介護の負担はこれだけ重く、それでもなお必要な額が賄えずに税金が投じられる。消費税のような分かりやすい税金から受ける痛税感を避けるということは、その分だけこっそり分かりにくい形で税金を徴収されていることを意味する。

あわせて読みたい

「賃金」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ナンパの聖地 コリドー街に驚き

    内藤忍

  2. 2

    よしのり氏 禁煙巡るヤジ許せぬ

    小林よしのり

  3. 3

    仮想通貨取引所を規制で潰す日本

    Hayato Ikeda

  4. 4

    闇の派遣 女性を乗せた車の正体

    NEWSポストセブン

  5. 5

    世界称賛 必見の和製ゾンビ映画

    松田健次

  6. 6

    舛添氏 国会ヤジ問題で党に苦言

    舛添要一

  7. 7

    被告取材本巡り誤解招くNHK報道

    篠田博之

  8. 8

    韓国が行う竹島での訓練に疑問も

    NewSphere

  9. 9

    サッカー解説に大島優子・待望論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    理想の恋愛関係に挿入は要らない

    ニャート

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。