記事

外国人観光客へのおもてなし 過剰な安さより魅力発信を

【外国人観光客には「ジャパン・レール・パス」が人気(写真はイメージ)】

 外国人観光客が急増する中、10月13日から訪日客対象の“高速道路乗り放題パス”である「ジャパン・エクスプレスウェイ・パス」の販売が始まった。7日間で2万円、14日間で3万4000円という安さがポイントだが、それには「おもてなし過ぎではないか」「日本人にも乗り放題を認めるべきではないか」といった指摘が相次いでいる。というのも、受益者負担の点から見て不公平だという側面もあるからだ。

 優遇は道路だけでない。日本人はあまり知らないが、外国人が「夢の切符」と重宝するのがJRの「ジャパン・レール・パス」だ。

 これは、新幹線「のぞみ」と「みずほ」を除いたJR全線と一部の私鉄が乗り放題になるパス。短期滞在の外国人と、一定の条件を満たした国外居住の日本人が購入できる。基本的に国内では買えず、海外の代理店に申し込んで来日後にJR窓口で引き換える。

 高速道路と同じく破格の値段設定で、7日間で2万9110円、最長の21日間で5万9350円だ。東京・大阪の新幹線普通料金は片道約1万4000円なので往復で元が取れる。

 ただ、この「夢の切符」についてデメリットを指摘する声がある。鉄道ジャーナリストの川島令三氏が危惧するのは、いわゆる“カラ乗車”だ。

「乗車時間やコースの重複がなければ上限なく指定席券を発行できるので、外国人客が多くの指定席を押さえた末、別ルートを選び乗車しないケースが増えている。おかげで空席があっても座れず困ることも多い」

 この件についてJR東日本の広報は、「購入可能な範囲での指定席券発行は事実だが、これ以上のコメントは控えたい」とのこと。

 このパスは繁忙期も使用可能なため、2020年の東京五輪に向けてますます外国人観光客が増えれば、盆暮れの帰省チケットまで取りにくくなる可能性もある。『旬刊旅行新聞』編集長の増田剛氏が指摘する。

「外国の方が来てくれるのは歓迎ですが、日本人の“おもてなし”は過剰になりがち。日本のサービスは値段よりもむしろ、質の高さに価値があるはずです。無理に安くするのではなく、値段ではないところの魅力発信に力を注ぐべきです」

 それが真の観光立国への道ではないか。

※週刊ポスト2017年11月3日号

あわせて読みたい

「外国人観光客」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    全国民に7万円 困るのは低所得者

    PRESIDENT Online

  2. 2

    「40歳定年制」を考えるべき理由

    城繁幸

  3. 3

    「貧困は自己責任」落語家が炎上

    キャリコネニュース

  4. 4

    韓国の大学生調査 敵国1位は日本

    NEWSポストセブン

  5. 5

    竹島の日 5人殺した韓国忘れるな

    赤池 まさあき

  6. 6

    保育園はイヤ…潜在保育士の本音

    川名 ゆうじ

  7. 7

    トヨタ EVシフトに異次元の構え

    片山 修

  8. 8

    ホンダジェット 納入数で世界一

    ロイター

  9. 9

    飲食ドタキャン防止が不安だらけ

    東龍

  10. 10

    羽生を自慢する日本人の横取り感

    津田正太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。