記事

玉木雄一郎希望の党国会議員団代表選出案を、私も支持する

どうせなら思い切って若い方に希望の党の共同代表を引き受けていただいた方が希望の党らしくていいのだがなあ、と思っていたが、どうやら思いがけないところでそれが実現しそうである。民進党の代表選に一度出たことがあるから、それなりに勇気と党内での人望があったのだろう。

俺が俺が、とつい言いたくなる人では、今の希望の党の国会議員の方々の気持ちを一つにまとめることは難しい。玉木雄一郎氏は、私が民進党の若い地方議員や衆議院選挙の公認候補予定者の方々の勉強会に講師として呼ばれた時にわざわざ挨拶に出向いてこられた方である。

ほう、若い人たちにそこまで気を配ることが出来るのか、ご本人もまだ若いのに大したもんだ、と感心したものである。あの時に勉強会の主催者兼世話役を買って出たのが先般の選挙で見事に当選を果たした茨城選出の青山大人氏である。

チャーターメンバーの一人である長島昭久氏が玉木氏を強く推している、というのがいい。色々マイナスイメージが付着し始めた希望の党だが、玉木氏をみんなで国会議員団の代表兼希望の党の共同代表に押し上げてくれるようだと、日本全国の若い地方議員や女性議員の方々に夢と希望を与えることが出来るようになるはずだ。

ピンチをチャンスに変えるためには、思い切って若い方に表舞台に立ってもらうことだ。うん、この人選はいいぞ。希望の党の執行部の布陣がどうなるか心配して見ていたが、これでどうやら希望の党を失望や絶望、悲しみの党にしないで済みそうである。

まあ、私の出番はないだろうが、求められれば何らかのお手伝いをする用意がある。若い方々が表舞台で頑張れる時代が、こんなにも早く来たのに驚いている。いやあ、これは面白いことになりそうだ、というのが現時点での私の率直な感想である。

あわせて読みたい

「希望の党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池氏の辞任劇は「死んだふり」

    NEWSポストセブン

  2. 2

    よしのり氏「杉村太蔵見直した」

    小林よしのり

  3. 3

    ユニクロの闇は日本企業の行く末

    fujipon

  4. 4

    「アベ辞めろ」入らぬ流行語大賞

    NEWSポストセブン

  5. 5

    朝日新聞は憲法改正の認識が甘い

    小林よしのり

  6. 6

    三田佳子次男 元乃木坂に暴行か

    女性自身

  7. 7

    大阪市長の正論を非難する朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    希望 支持率2.7%で下げ止まらず

    三浦博史

  9. 9

    進次郎氏 総理を縛る国会に指摘

    宮崎正

  10. 10

    貴ノ岩叩きで手の平返すマスコミ

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。