記事

経営側も現場に足運び「三現主義」徹底=神鋼・日産不正でホンダ社長

[東京 25日 ロイター] - ホンダ<7267.T>の八郷隆弘社長は25日、東京モーターショーの報道機関向け公開日での会見で、神戸製鋼所<5406.T>と日産自動車<7201.T>の不正問題について「製造業として非常に問題で遺憾」と述べた。また、「三現主義」を徹底し、経営陣も製造現場が三現主義をしっかり実現できるような「環境づくりや現場に足を運ぶこと」などを肝に銘じたいと語った。

三現主義とはホンダの創業以来の経営哲学で、「現場」へ行き、「現物・現状」を直接知って「現実的」に評価や判断を行うこと。

八郷社長は、ホンダで言えば「『三現主義』をしっかりやっていくことが従来の日本のものづくりの強みだった」と語り、「ものづくりの現場が強くなることが一番大切で、今後も重要だ」との認識を示した。

(白木真紀)

あわせて読みたい

「ホンダ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ZOZO田端氏の残業代ゼロ論は呪い

    国家公務員一般労働組合

  2. 2

    早稲田の名物教授にセクハラ疑惑

    PRESIDENT Online

  3. 3

    大地震でも災害モードならぬ日本

    AbemaTIMES

  4. 4

    加計理事長のドサクサ会見は卑劣

    宮崎タケシ

  5. 5

    新幹線を叩くマスコミに違和感

    MAG2 NEWS

  6. 6

    朝日の信頼度が5大紙で最下位に

    島田範正

  7. 7

    日本人のW杯会場ゴミ拾いに称賛

    BBCニュース

  8. 8

    香川が名乗り 仲間も予想外のPK

    文春オンライン

  9. 9

    脱退2年活動禁止 NMB48奴隷契約

    文春オンライン

  10. 10

    橋下氏 トランプ氏の交渉は神業

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。