記事

"10分で寝る絵本"が日本で一番売れた理由

1/2
「子供がたった10分で寝る」と話題になり、シリーズ累計で100万部を突破した絵本がある。『おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本』(飛鳥新社)は、スウェーデンで自費出版された後、世界中でベストセラーになった絵本だが、一番売れているのは日本だ。なぜ特に日本で大ヒットしたのか。そこには日本独自の“仕掛け”があった――。

■企画段階から「この本は売れる」と確信していた

読み聞かせると、子どもがたった10分で寝てしまう……。『おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本』(以下、ロジャー)は、実際に幼い子どもの寝かしつけに苦労している親たちに支持されて、シリーズ累計100万部超えの大ヒット。2016年の年間ベストセラー総合ランキングでは石原慎太郎『天才』に続く2位に入った(日販調べ)。

ロジャーはもともと、スウェーデンの行動科学者カール=ヨハン・エリーンが2010年に自費出版した本だ。「たった10分で子供が寝る!」と話題になり、イギリス、アメリカ、フランス、スペインなど欧米各国のアマゾンで総合ランキング1位を獲得し、一躍世界的なベストセラーとなった。のちに日本版ロジャーの担当編集者となる飛鳥新社の矢島和郎さんがこの本を知ったのは、ちょうどそんなタイミングだった。


(左)『おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本』(飛鳥新社)(右)スウェーデンの行動科学者、カール=ヨハン・エリーン氏

矢島氏は2児の父親。共働き夫婦で、子供の寝かしつけは矢島氏の担当だ。当時3歳の長男はなかなか寝てくれず、毎日寝かしつけに1時間ぐらいかかって困っていたという。そこで試しにロジャーの原書を簡単に訳して、長男に読み聞かせてみたところ、「眠い眠い」とモゾモゾ動き出し、なんと5分ぐらいで寝てしまったという。ロジャーの効果を目の当たりにした矢島氏は「自分と同じように子供の寝かしつけに困っている、多くのパパ・ママの役に立つだろう。きっと日本でも売れる」と確信した。

その後、無事日本での販売権を取得したのが2015年9月。通常、翻訳本は時間をかけて作成するが、絵本が最も売れる時期である、クリスマス前には販売したかった。また欧米で話題になっているうちに日本でも売り出そうということで、2カ月後の2015年11月発売に向けて、急ピッチで制作を開始した。

■睡眠の専門家に監修を依頼、“眠くなる言葉”を選んで翻訳

ロジャーの著者は心理学・言語学研究者であり、なぜ眠くなるのかという心理学的な裏付けに基づいて書かれている。それもあって矢島氏が特に苦労したのが、翻訳する際の言葉選びだったという。「普通に翻訳するだけでは効果が半減してしまうと思い、睡眠の専門家である快眠セラピストの三橋美穂さんに監修をお願いし、一つひとつこだわって訳しました」

例えば原文だと「Daddy」は幼児語なので、「パパ」と訳すのが一般的だ。しかし「パ」は破裂音なので、子どもが目を覚ましてしまう可能性があるという意見が出て、「お父さん」と訳した。また読み聞かせるための絵本ということで、実際に声に出して読んでみて違和感がないか、三橋氏と何度も読み合わせを行った。

「2人で読んでいると僕たちも眠くなってしまうので、あくびをしながら作っていましたね(笑)」

■眠くなるコツをちりばめた「眠り方の教科書」

筆者も、眠れない時はオーディオブックでロジャーを聞いている。聞き始めて数分であくびが止まらなくなり、いつの間にか寝てしまうから不思議だ。子供だけでなく、大人まで眠くなってしまうのはどういう仕組みなのだろうか。

「人が眠くなるためには、いろいろコツがあるんです。でも僕たちって、生まれてから一度も家庭や学校で『眠り方』を教わったりしませんよね? ロジャーには、話を聞いているだけで眠くなる仕組みが、物語のいたる所にちりばめられているんですよ。これには三橋さんも驚いていました。よくここまで、眠るためのテクニックを物語の中に詰め込められたなと。『眠り方の教科書』とまでおっしゃっていましたね」(矢島氏)

例えば、ウトウトフクロウというキャラクターが、体の部位ごとに力を抜いていくようにと語るシーンがある。これは「自律訓練法」という、自律神経を休め、リラックスするためのれっきとした睡眠メソッド。こうした“寝るためのコツ”が、物語の至る所に紹介されているのだ。

また、もう一つの秘密が“単調なストーリー”。「ロジャーはわざと単調なストーリーにしています。なぜなら、面白いと目が覚めてしまうから。そんな絵本って他にないんですよ。だって絵本って、普通は子供を楽しませるものですからね」(矢島氏)

■最初は「これは売れないだろう」と言われた

こうして日本版ロジャーができあがったが、最初は評判が良くなかったという。

「そもそも弊社(飛鳥新社)で、絵本を販売するのは今回が初めて。基本、ビジネス書や政治の本、ノンフィクションが多いので、営業も絵本の売り方が分からない。特に大きい書店では、本のジャンルごとに担当者が違います。児童書担当の方と人間関係を作るところから始めなければなりませんでした」

寝る前に読み聞かせるための絵本はたくさんあるが、この本は本当に眠くなること、科学的理論に基づいて作られていることなどを説明しないと魅力が伝わらない本だったということもあり、書店への営業に苦労した。

さらに「こんな怖いイラストの絵本は売れないだろう」と、書店員からの評判も悪かったという。確かに絵本にしては、ロジャーの絵はかわいさが足りない。

しかし、矢島氏は事態をポジティブに受け止めていた。「かわいいイラストが並ぶ絵本売り場で、異彩を放つ怖いイラスト。しかもその絵本を読むと子供が10分で寝るって、強烈なインパクトがあるじゃないですか」

またこの時矢島氏は、過去に一世を風靡(ふうび)したソニーのウォークマンのエピソードを参考にしていたという。ウォークマンも、最初は「こんなものは売れない」と散々言われていた。「録音機能がないし、再生しかできないものを誰が買うのだ」と。しかし、結果的には大ヒット商品になった。「周りからどんなに批判されても、このウォークマンの話を心の支えにして頑張りました」

あわせて読みたい

「睡眠」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    貴ノ岩叩きで手の平返すマスコミ

    キャリコネニュース

  2. 2

    三田佳子次男 元乃木坂に暴行か

    女性自身

  3. 3

    よしのり氏「杉村太蔵見直した」

    小林よしのり

  4. 4

    板尾不倫騒動 ラブホ=SEXは古い

    メディアゴン

  5. 5

    日産 会見出ないゴーン氏の思惑

    片山 修

  6. 6

    大阪市長の正論を非難する朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    ユニクロの闇は日本企業の行く末

    fujipon

  8. 8

    朝日新聞は憲法改正の認識が甘い

    小林よしのり

  9. 9

    小池氏の辞任劇は「死んだふり」

    NEWSポストセブン

  10. 10

    「アベ辞めろ」入らぬ流行語大賞

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。