記事

老人から免許を取り上げるだけでいいのか

1/2

(デザイナー 根津 孝太)

高齢者による自動車事故が社会問題になっている。運転免許の「自主返納」も進められているが、それだけでいいのだろうか。デザイナーの根津孝太氏は「加害者にならずにすむ自動車が必要ではないか」と超小型モビリティの開発に取り組んでいる。「時速100kmで走る自動車」を前提にしない社会の姿とは――。

※本稿は、根津孝太『カーデザインは未来を描く』(PLANETS)の第9章「21世紀に必要なのは『もっと遅い自動車』だ」を再編集したものです。

超小型モビリティ「rimOnO」のプロトタイプと根津孝太さん。 2016 (c) rimOnO Corporation (p) Masaaki Nakajima

■「人生最後の車詐欺」が起きる理由

高齢者による自動車事故が社会問題になっています。東京都内の交通事故の統計を見ると、事故件数そのものは減っているものの、高齢者が起こした事故の割合は高まっています。高齢者による自動車事故は、道路標識を見誤って高速道路の出口から進入し逆走してしまったり、ブレーキとアクセルを踏み間違えてしまったりと、本人が自覚している以上に身体機能・認知機能が低下していて、運転に必要な判断・注意が難しいことが大きな原因となっています。

自動車事故の被害に遭うことも大変悲しいことですが、高齢者の方々が人生の最後で悲惨な自動車事故の加害者になってしまうというのも、避けなければならない社会問題です。この問題については政府も対策を取っていて、運転に自信のない人に対して運転免許証の自主返納を勧めています。代わりの身分証を発行したり、自治体によってはさまざまな特典がつくなどの工夫もあり、免許を返納する人は少しずつ増えています。

しかし地域によっては車がなくては生活が難しい地域もありますし、本当は生活上必要というわけではないけれど、それでも車に乗りたいと考える高齢者の方もいます。現在の高齢世代にとって車は「成熟の象徴」でもあったため、車を手放したくないという思いもわかります。

また自動車が身体を拡張してくれる存在だとすれば、むしろ高齢になって体が動かしにくくなったからこそ自動車に乗りたい、いざというときに自動車がないのは不安、という思いもあるかもしれません。僕の身の回りでも「これが人生最後の車だから」と言いながら何回も車を買い替える「人生最後の車詐欺」とでもいうような話をしばしば聞きます。

こうした状況について考えるとき、運転免許の返納を促したりして「高齢者に車を運転させないようにする」という方針だけで果たしてよいものだろうか、と僕は思うのです。

これまで自動車という存在は、「健康で元気な人が運転するもの」ということが暗黙の前提でした。そしてそのまま進化していった結果、今では「身体能力や認知機能に関係なく、誰もが1tもの重量の物体を時速100kmで動かさなければいけない」という思い込みに凝り固まってしまった。であるならば、今こそそういった近代の車社会の前提そのものを問い直すべき良いチャンスであるとも思うのです。

■20世紀の「人と都市」の関係を見つめ直す

現在の自動車市場は、ハイブリッドカー、コンパクトカー、ミニバン、SUV、軽自動車といったはっきりしたカテゴリーのなかで、モデルチェンジを繰り返して性能を上げていくことが主流になっています。これはユーザーにとっては用途に応じた自動車を選びやすいというポジティブな変化でもあるのですが、結果としてカテゴリーとカテゴリーの間にあるニーズを柔軟に汲みあげることが難しくなってしまっている側面もあるのではないかと僕は思っています。

未来の大衆車を考えるときは、今あるカテゴリーの延長ではなく、ゼロから考え直す必要がある。そのときに僕が大切だと思うのは、人と都市、都市と自動車の関係を、改めて問い直すことです。

20世紀はモータリゼーションが推し進められ、誰もが自動車に乗って移動することを前提に街が作られていった時代でした。みなさんの住んでいる街は、おそらくほとんどの道がアスファルトで舗装されているのではないかと思います。当たり前すぎて意識しにくくなっていますが、「人間の歩きやすさ」ではなく「車の走りやすさ」が優先されているのです。

そして街の設計も、電車や高速道路、幹線道路などの「大動脈」から考えていくのが一般的で、それゆえに車は狭い道路であっても歩行者に気を遣わずに我が物顔で通っていくのが現状です。僕は自動車を、もっと「分相応」な存在として再定義する必要があるのではないかと思っています(この「分相応」という言葉は僕の尊敬する先輩が授けてくれた言葉です)。

車中心社会を問い直そうというのは都市政策でも大きな流れになっていて、近年は「コンパクトシティ」という概念が注目されるようになりました。これはショッピングができる場所や、病院・学校などの公共機関をなるべく徒歩圏内に収めようという考え方で、自動車中心の街を、人間中心の街にしていこうという思想です。実際にコンパクトシティを目指すことを標榜している自治体もいくつもあり、一般的な考え方になりつつあるといえます。

■軽量でスピードの出ない電気自動車

それでは、より人間を中心にしたコンパクトシティを走る自動車は、どのようなものになっていくのでしょうか。ここで僕が進めている超小型モビリティプロジェクト「rimOnO(リモノ)」を紹介させてください。rimOnOは軽量でスピードの出ない電気自動車です。最高時速は45km。外装は布やウレタン(スポンジ)を使っています。

rimOnO PROTOTYPE-01 2016 (c) rimOnO Corporation (p) Hayato Furusho

自動車の安全性を語るときはどうしても被害者側の視点で考えがちですが、加害者側の視点を持つことも非常に大切だと考えています。自分が安全に守られるということは、それだけ他人を傷つけてしまう可能性とセットになっているということを忘れてはいけません。

rimOnOを、ゆっくり走り、小さく軽く、外装に柔らかい素材を用いる自動車としてデザインしているのは、道を歩いている人への危害感を最小限にしたいという意図があります。ぶつかられたときに安全であるだけでなく、ぶつかったときにも、より安全な自動車であることによって、走れる範囲が広がるとするならば、プロダクトを工夫することによって街というインフラの運用を工夫することになります。

あわせて読みたい

「高齢者」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    板尾不倫騒動 ラブホ=SEXは古い

    メディアゴン

  2. 2

    日本が核禁止条約に署名しない訳

    河野太郎

  3. 3

    「レコ大」私物化のドン実名告発

    文春オンライン

  4. 4

    名古屋は地元離れぬ下層民の楽園

    SeaSkyWind

  5. 5

    女性もセックスレスで不倫傾向か

    AbemaTIMES

  6. 6

    貴ノ岩叩きで手の平返すマスコミ

    キャリコネニュース

  7. 7

    吉田沙保里の恩師が隠す重大事故

    文春オンライン

  8. 8

    韓国教育絶賛する内田樹氏に困惑

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    タカタ破綻も会長夫人は豪遊生活

    文春オンライン

  10. 10

    相撲関係者が貴乃花の行動に疑問

    中田宏

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。