記事

【読書感想】母さんごめん、もう無理だ きょうも傍聴席にいます

1/2

母さんごめん、もう無理だ きょうも傍聴席にいます

母さんごめん、もう無理だ きょうも傍聴席にいます

Kindle版もあります。

母さんごめん、もう無理だ きょうも傍聴席にいます (幻冬舎単行本)

母さんごめん、もう無理だ きょうも傍聴席にいます (幻冬舎単行本)

内容紹介

「100歳まで頑張る」と話していた98歳の母の首に、74歳の息子が手をかけた――。

これが自分だったら、一線を越えずにいられただろうか?

記者が見つめた法廷の人間ドラマ29編。

朝日新聞デジタルの人気連載、ついに書籍化!

◇就寝中の28歳の息子の胸を刃物で刺し、命を奪った父。裁判長も認めた「相当やむを得ない事情」とは――。

◇介護が必要になった夫に、長年連れ添った妻が手をあげた。頭によぎったのは、36年前の夫の裏切り――。

◇法律家への狭き門・司法試験。その問題を長年作り続けてきた憲法学の第一人者が、教え子の女性に試験問題を漏らして、被告人席に立った――。

 法廷に関するドラマって、けっこうたくさんありますよね。

 ドラマの中では、検察官と弁護士が丁々発止のやりとりをして、意外な新事実が掘り起こされることも多いのですが、実際の裁判は、あれほどドラマチックなものではない、というのはよく耳にします。

 毎回劇的な新事実が出てくるようでは、警察や検察はそれまで何をやってきたのか、という話になりますし。

 「裁判ウォッチング」が趣味、という人もいるので、「面白く感じる人も少なからずいる」のだとは思いますが、実際に裁判に参加したり、傍聴したりしたことがない人のほうが多数派でしょうから、「本当の裁判では、どんなやりとりがなされているのか」というのは、案外、知られていません。

 法廷では録画も写真撮影も禁じられています。

 この本は、朝日新聞デジタル版に連載されていた、裁判傍聴記をまとめたものなのですが、原告・被告の「ナマの言葉」には、心を動かされるところがあるんですよね。  

 同性愛者の男が恋人だった男性2人にストーカー行為を繰り返したあげく、それぞれの親を殺してしまった——。発生時にはテレビのワイドショーや週刊誌を騒がせたこの事件の裁判を傍聴したことが、この連載企画を始めたきっかけだった。

 傍聴席から見る被告は、服用していた睡眠剤や精神安定剤の影響があったのか、顔色は生気を失い、目はうつろで微動だにしない。証言台に立つを弱々しい声でぽつりぽつり。喜怒哀楽はなく、質問に対してひたすら従順に答えていた。

 その姿からは、証人らが法廷で語る日頃の被告の横暴ぶりはとても想像できなかった。残忍な殺害の手口はもちろん、キレると手がつけられなくなり、かわいがっていた子犬の腹を蹴って階段から突き落としたり、戸籍上だけの「夫婦」だった妻に天ぷら油をひっかけて大やけどを負わせたり。本当にこの人にそんなことができたのだろうか——? 混乱した。

 だが、裁判は事件の真相をすべて明らかにしてくれるものではない。主に検察側の立証や弁護側の反論に必要な事実を、被告や証人に語らせるための場からだ。「なぜこんな事件が起きたのか」。一番知りたいことはなかなか正面から語られない。

 ならばとにかく法廷で語られた事件や被告のディテールを、見たまま聞いたままに描こう。ふつうの新聞記事には書かないようなやりとりを。「なぜこんな事件が起きたのか」の答えは出ないとしても。こうしてこの企画が生まれた。初回となったこの事件では、計11日に及ぶ裁判員裁判を傍聴し、夢中で取ったメモはノート3冊分に及んだ。
 あの事件の裁判を判決まで見届けたあと、私の心に浮かんだのは、「この人にとってもっと生きやすい社会だったら、こんな事件を起こさずに済んだのだろうか」という思いだった。

「ゲイは嫌い。ふつうに生まれなかった」。被告は常々そう言っていた、と証人として出廷した妻が語った。また被告は麻酔薬や睡眠薬を手放せなかった。それが感情の起伏が激しかった原因の一つだという。裁判官から「事件は薬と性格、どちらのせいだと思うか」と問われ、「半々くらい。薬をやめられればよかったと思う」と答えた。

あわせて読みたい

「裁判」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    配達が無言 ヤマトAmazon撤退で

    山本直人

  2. 2

    覚悟ない子連れ議員にがっかり

    宮崎タケシ

  3. 3

    国民を馬鹿にした昭恵夫人の一言

    天木直人

  4. 4

    慰安婦の日制定で日韓合意は破綻

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    詩織氏に届いた女性からの非難

    女性自身

  6. 6

    事故物件の住人が明かす恐怖体験

    AbemaTIMES

  7. 7

    レコ大も紅白も1年間休止すべき

    メディアゴン

  8. 8

    乳児連れ議会への批判はおかしい

    駒崎弘樹

  9. 9

    「選挙の鬼」支える「普通の人」

    畠山理仁

  10. 10

    北ミサイルがもし東京に着弾なら

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。