記事

世田谷弦巻の「ホットスポット」現地報告(蛇崩川の谷さんぽ)

1/3
世田谷区弦巻の区道の一部から高い放射線量が検出され、一時はホットスポットではないかと疑われた。しかし、夕方になって「家の床下に置かれていた段ボール箱の中にあった瓶から極めて高い放射線量が検出された」と報じられた。結局、原発によるものではなかったわけだ。

しかし、そのことが判明する前にわたしは現地に向かっていた。現場に着いたのは午後五時過ぎで、夕方の報道はまだ見ていなかった。とりあえず、現地の様子を地理的な関心も含めて報告しておく。

川底の家



12日に最初に発表された時点では、世田谷区内の区道の一部というだけの報道で、具体的な場所はよくわからなかった。13日の東京新聞:世田谷で最高2.7マイクロシーベルト 弦巻 小学校の通学路:社会(TOKYO Web)記事でようやく、おおよその場所がつかめたのである。

このあたりはわたしもよく知っている。というのも、近くに世田谷区立中央図書館があるからである。さらに詳細な現地の地図を見たところ、道の曲がりくねり具合から「これは昔、川があった地形だ」とピンときた。ここから南に行けば桜新町だが、「双子の給水塔」として親しまれる駒沢給水塔がそびえる丘がある。その丘の北を東西に走る谷の底のように思われた。雨水が集まりやすい地形、と報じられていたことと、丘の上ではなく谷底だというのは一応矛盾していない。

しかし......と多少の懸念を持ちながら、実際に現地へ向かった。

可愛い二両編成で有名な世田谷線に乗り、上町駅で降りる。中央図書館とほぼ同じ方向だ。世田谷のボロ市が開かれる通りを通って、駅から南西方向に向かう。中央図書館のある通りを渡ってさらに南西へ向かうと、ゆるやかな下り道になっていた。こういう高低差は、車だと気づきにくい。実際に意識しながら歩くことで、都会でも高低差を感じることができる。

坂道を降りきったところに、期待以上のものがあった。公園だ。

川の跡地と思われる谷底の地形に、小さな公園がある。そこには旅人が腰掛けている像があった。神奈川県の大山まで詣でる「大山道」を記念しての像で、ここは「大山道児童遊園」と名付けられている。世田谷ボロ市の開かれる通りは、実はこの大山道の一部でもあった。

大山道児童公園

おそらく、ここには橋があったのだろう。小さな公園の東側(川下)には区営弦巻四丁目アパートがあり、反対側が区立弦巻五丁目住宅である。川だった場所が公的施設になっているというのは、考えてみれば当たり前のことかもしれない。大山道児童遊園から川筋(一番低い場所)を西に向いて眺めた写真がこれだ。実は、この突き当たりの右手が問題の空き家である。

蛇崩川沿い

この道を歩いて行くと、右手(北側)に西弦巻保育園が見える。その西側に公園がある。公園の西側で道はつきあたって右折し、川底の少し北側を走っている道に合流する。その曲がり際の突き当たり右手、交差点の角にあたるところにあるのが問題の空き家だ。

トピックス

ランキング

  1. 1

    デリヘルに素人専門が増えた理由

    PRESIDENT Online

  2. 2

    質問力なし 報道のTBSは死んだ

    和田政宗

  3. 3

    小池氏会見まるでイキった大学生

    キャリコネニュース

  4. 4

    自民は本気の小池氏を甘く見るな

    安倍宏行

  5. 5

    橋下氏 解散批判する野党に苦言

    橋下徹

  6. 6

    斉藤由貴に私刑行う週刊誌に疑問

    篠田博之

  7. 7

    小池氏登場で自民圧勝は不確実に

    近藤駿介

  8. 8

    北の日本攻撃ありうる歴史的背景

    ヒロ

  9. 9

    橋下氏 新党で延命する議員は害

    橋下徹

  10. 10

    生活苦で北の脅威に無関心な韓国

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。