記事

熟年離婚で夫がトクする4つのポイント

(ジャーナリスト 吉田 茂人 写真=PIXTA)

増え続ける熟年離婚。セカンドライフを左右するのは「離婚のコスト」をめぐる「夫と妻の知恵比べ」次第だ。

■男性の離婚は清算的な意味合いが強く不利

長年連れ添った夫婦が「熟年離婚」することは珍しい時代ではなくなった。厚生労働省人口動態統計によれば、同居期間が20年以上の離婚件数は1985年には2万434組だったものが、2015年には3万8644組。つまり、30年前に比べると熟年離婚は約2倍近く増えている。

それも、これまでのケースは「“濡れ落ち葉”になった夫が、妻から離婚を突きつけられる」というものがほとんど。だが、ここにきて、妻に三行半を突きつける夫が増えていると離婚カウンセラーの岡野あつこ氏は話す。

「5~6年前ぐらいから『夫から離婚を切り出された』という女性が相談に来るようになりました。これまでは浮気をしている夫が妻と別れてほかの女性と暮らしたい、というケースがほとんどでしたが、最近は、妻の性格や生活態度に我慢できない、定年後、2人きりになるのは耐えられないと離婚を迫る夫が増えています」

離婚して、「楽しく、充実した第2の人生をスタートさせるぞ」と意気込みたくなる気持ちはわかるが、ままにならないのが現実だ。

「男性にとっての離婚は、絶対的に不利なもので、清算的な意味合いが強いものとなっています」

そう語るのは男性の離婚・家族問題の専門家で行政書士の吉田重信氏だ。

「これまでの婚姻生活で築いた資産は、分与財産として計上したうえで、按分した分を相手方に渡さなければならないのが原則です。男性は基本的に離婚によって得るものはほとんどありません。唯一、手に入る保証があるのは独身時代の自由くらいのものでしょう」

離婚は、いったんゼロに戻す作業だけに、精神的にも物質的、経済的な面でも、何かを喪失することは避けられない。特に熟年離婚の年齢になってから、多くを喪失するのは苦しいことに違いない。

「離婚でトクだと思えるのは、まずムダなエネルギーを使わずに、こじらせないで別れること。そのために必要なのは心の整理が9割、法律が1割です」と話すのは、自身も3度の離婚を経験した弁護士の原口未緒氏だ。

「心の整理とは、離婚後の自分の幸せな人生をイメージしたうえで離婚の条件を決めていくこと。財産分与や慰謝料などの条件でモメて泥沼化する人は、恨みや憎しみの気持ちが強く、それを相手にぶつけるため、離婚後の自分にとって何を優先すれば理想的なのかを考えられないケースがほとんどです」

■別居期間は財産分与の対象にならない

離婚の際に男性の取るべき態度について吉田氏は「自分を守ろうとしすぎないことです」とアドバイスする。

「相手に勝とうとして、自分に有利な条件を無理に取り付けようとしないこと。離婚後の目標を最初に決め、その点についてだけこだわり、捨てていいところは切り捨てる覚悟が必要です」

犠牲を払うと腹をくくっても「離婚のコスト」は少ないに越したことはない。岡野氏が「夫婦仲が悪いから離婚話になるわけです。お互いに疑心暗鬼になっていますから、お金をめぐる攻防戦が熟年離婚には顕著に表れます」と強調するように、離婚におけるお金の権利主張は、壮絶になることは避けられない。

まず、第1には離婚時の財産分与の問題がある。専業主婦(夫)の内助の功が認められているため、財産分与は夫婦で等分にするのが原則だ。共働きで、妻の稼ぎが多い場合は、働いている夫と専業主婦が資産を等分にするのと同様、夫と等分にすることになる。

「財産分与は婚姻中にお互いが築いた財産を清算することで、たとえ名義はどちらか一方になっていても、他方の協力があったうえで形成された共有財産となるのが一般的。一方が無職でも、2人とも収入があっても離婚原因がある側からも請求できます」(吉田氏)

主な分与の対象は預貯金、不動産、自動車、有価証券、家財道具などだ。

「夫の退職金も婚姻期間の年数分は共有財産とみなされ、財産分与の対象になります。夫の退職金が出るまで離婚は待ったほうがいいと勘違いしている女性もいますが、定年前でも離婚が決まった時点でいくら払われるかを計算します」(原口氏)

財産分与の対象になるのはあくまでも婚姻関係が成立している期間。別居していた場合は、別居後に築いた財産は対象外となる。いつか妻と離婚しようと考えているなら、婚姻費用はかかるが早めに別居したほうが財産分与は少なくてすむ場合もある。

■家庭の財産管理に関わり全体を把握しておく

さらに長期間の別居は、裁判所が夫婦関係が破綻しているとみなし、離婚が認められやすい。

「長年の別居は離婚理由の1つになり、その期間は、裁判官によって異なります。最近は3年から5年は必要だといわれています。結婚期間も関係するため、30年近く経っている熟年夫婦の場合は、比較的長期間別居していないと破綻しているとはいえない、と判断されることもあります」(原口氏)

「オレが稼いだカネだ」と考える夫のなかには、夫婦共有の財産を妻には渡したくないと、いろいろな手を打つ人がいる。岡野氏がこう説明する。

「離婚を切り出されると退職金を妻に黙って前借りして使い込んだり、持ち家を売却しようとした夫がいます。また、夫婦の口座はきっちり分け、給料が出たら別に用意した生活費のための口座に振り込んでいました。残りのお金はうまく妻の目から逃れ、隠し口座をつくって預金しておき、離婚裁判でも、その存在を決して認めないといったケースもあります。また、妻が離婚を考えていることを察して、愛人のもとに行ってしまい、別居の実績をつくろうとした夫もいます」

蓄積された財産の大きい熟年離婚は、「夫と妻の知恵比べ」といってもいいかもしれない。

老後の生活の虎の子である年金の分割は、夫の側からするととても理不尽な制度に思えるが、離婚分割の対象となるのは、結婚期間中の厚生年金のみだ。それも08年4月より前の分については、話し合いで50%までの間で決める。サラリーマンの妻で専業主婦が自動的に2分の1の権利を持つのはそれ以降の分で、男性にしてみれば「確実に半分取られる」わけではない。

とはいえ預貯金や自宅が半分に、そして年金は減額されて、仕事もない。パートナーのいない熟年離婚の定年後はうら寂しさが漂う。少なくとも損をしない熟年離婚にするためには、家庭の財産管理に積極的に関わり、全体を把握しておくことが重要だ。

▼離婚でトクする4つのポイント

【1】妻にばれないよう隠し口座をつくり、隠し財産を貯める
【2】夫婦の口座はきっちり分け、家庭の財産管理に積極的に関わり全体を把握する
【3】なるべく別居をする。別居中に築いた財産は分与の対象外。離婚もしやすい
【4】財産で捨てるものは割り切り、こじらせずに離婚でムダなエネルギーを使わない

----------

吉田重信●行政書士
明和事務所代表。自身の経験も踏まえたノウハウを駆使し、男性向けの離婚、男女問題を手がける。著書に『プロが本音で書いた 男のための離婚の本』がある。  原口未緒●弁護士
未緒法律事務所。夫婦・離婚案件を主に扱い、相談件数は350件を超える。著書に『「この結婚もうムリ」と思ったら読む本 こじらせない離婚』がある。 岡野あつこ●離婚カウンセラー
夫婦や家族、特に離婚関係において3万件以上の相談実績がある。著書は『貴女が離婚を決める前にしなければならない8つのこと』など多数。

----------

あわせて読みたい

「離婚」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    配達が無言 ヤマトAmazon撤退で

    山本直人

  2. 2

    覚悟ない子連れ議員にがっかり

    宮崎タケシ

  3. 3

    国民を馬鹿にした昭恵夫人の一言

    天木直人

  4. 4

    慰安婦の日制定で日韓合意は破綻

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    子連れ登院の目的に抱いた違和感

    井戸まさえ

  6. 6

    詩織氏に届いた女性からの非難

    女性自身

  7. 7

    事故物件の住人が明かす恐怖体験

    AbemaTIMES

  8. 8

    山尾氏の集団的自衛権=悪は危険

    篠田 英朗

  9. 9

    乳児連れ議会への批判はおかしい

    駒崎弘樹

  10. 10

    森友問題 朝日は学校名を捏造か

    和田政宗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。