記事

自民党「圧勝」など大した問題ではない 「希望の党」の沈没と前原誠司氏は民進党代表を辞任あるのみ 北海道、新潟、沖縄、東京が将来の野党のあり方だ

自民党、公明党で過半数を超えることが確実となり、あちこちの小選挙区では自民党候補が当選しています。東京でも大阪でも「希望の党」や維新の会を退け、当選となっています。

 これ自体が安倍政権が信任されたとか、森友学園、加計学園問題が理解されたなどというのは明らかな誤りです。

 安倍氏自身が、この時期に解散すれば、野党の選挙準備ができていないから勝てるという戦略だけで解散した大義なき解散ですから、この程度の結果が出たからといって「信任」になろうはずあもありません。

 そもそも小選挙区制により水増しされた議席でしかなく、死票の上に成り立った虚像です。実態を全く反映していないのですから、大勝ちしたなどという言い方自体が国民不在の評価でしかありません。

 立憲民主党が躍進しています。多くの選挙区で競り勝ちました。共産党が支援し、その結果、共産党自身が議席を減らす結果にもなっていますが、志位委員長が立憲民主党の躍進を称賛しているのは、共産党の今回の選挙方針の正しさを示したものと言えるからです。

 今回の共産党の方針は立憲主義の危機を前面に押し出したものであり、それが立憲民主党の躍進にも貢献しているわけですから、負け惜しみでもなんでもないということであり、それが今後の野党のあり方を示すものでもあったわけです。
 こう言っては何ですが、東京であの菅直人氏が立憲民主党から当選したのですが、いろいろと言われ続けてきた方ですが当選したのです。私は正直、驚きました。立憲民主党の結党の意義はまさに国民(有権者)の求めるものだったことを示しています。海江田万里氏も当選しました。この東京で「希望の党」ではなく、立憲民主党が一定の成果を出したことが象徴的なのです。

 北海道、新潟、沖縄、東京も加えても良いかもしれませんが、これらでは野党間の選挙協力がとてもうまくいった地域です。「希望の党」や維新の会の悪影響も少なく(いずれなくなりますが)、成果を出しました。

共産党が立役者だ

 前原誠司氏は、選挙結果を受けて辞任は不可避です。これだけ大敗北してたのですから、責任をとって辞任は当たり前だし、この結果は見えていながら、将来に評価されるなどと強弁していましたが、もう誰も評価する人はいません。

 早々に辞任表明をされたらいかがでしょう。民進党内に辞任論が高まっているのは当たり前の話で、辞任で済めば有り難いと思うべきです。民進党をここまで破壊した行為は反党行為そのものであり、しかもひどい反党行為は、戦後の政党の歴史の中でも類を見ない悪逆な行為だったのではないでしょうか。本来であれば除名が当たり前です。

 「希望の党」はもはや存在価値を失いました。一定の議席が取れたとしてももはや後の祭りで、今後、勢力を大きくする見込みは全くなく、小池百合子氏の代表辞任で崩壊の道を転げ落ちます。「成果」があったとすれば、一定、立憲民主党の候補の当選を阻止したことくらいでしょう。自爆してでも当選阻止したかったようですから。

 しかし、若狭勝氏も選挙区では落選しました。しかも立憲民主党の候補にも遅れをとりました。大敗北です。

 小池百合子氏は、潰れかかった「希望の党」などに未練などはなく、さっさと見切りをつけてしまうでしょう。そういう人柄ですから。

 東京での立憲民主党の躍進と「希望の党」の没落によって「希望の党」の運命は決まりました。

 今回の選挙では、憲法9条を安倍政権から守る、これは大きな声となって表れたのです。

 一時的に安倍自民党が戦略によって選挙に勝ったに過ぎません。

 今後、憲法9条の問題、森友学園、加計学園疑惑の追及こそが野党の役割です。臨時国会を拒否してきたが故の勝利などもろいものです。

 さらに大きな協力の輪を広げましょう。

あわせて読みたい

「自民党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「安倍晋三記念小学校」嘘と判明

    和田政宗

  2. 2

    希望維新の合流進めたい安倍首相

    NEWSポストセブン

  3. 3

    内田樹氏の安倍政権分析に納得

    マガジン9

  4. 4

    日本が核禁止条約に署名しない訳

    河野太郎

  5. 5

    よしのり氏 山尾氏の改憲案見よ

    小林よしのり

  6. 6

    名古屋は地元離れぬ下層民の楽園

    SeaSkyWind

  7. 7

    強姦が日常 元北朝鮮女性兵語る

    BBCニュース

  8. 8

    座間9遺体 容疑者とDMした女性

    渋井哲也

  9. 9

    詩織さん事件 超党派議連が追及

    田中龍作

  10. 10

    橋下氏「希望議員は文句言うな」

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。