記事

阪神園芸部長 「泥だらけの甲子園」を涼しい顔で振り返る

【甲子園施設部長・金沢健児氏(撮影:杉原照夫)】

 前代未聞の“泥試合”となった阪神vsDeNAのCSファーストステージ。甲子園のグラウンド整備を担った「阪神園芸」に注目が集まった。彼らの“万全の備え”がなければ、CSの結果は違うものになっていたかもしれない──。

「甲子園のグラウンドづくりは、毎年1月から始まっています。まずは地中30cmまで土を掘り起こし、雨が適量降るのを待つ。ベストの水加減になるタイミングを見計らって土を固めていきます。その後、毎日の作業によって水はけの良いグラウンドに仕上げていくわけですが、年によって気温や雨量は違うのでマニュアルはない。すべて経験と勘で判断していきます。一人前になるには、10年はかかりますよ」

 阪神園芸の甲子園施設部長・金沢健児氏の証言だ。10月15日の阪神vsDeNAのCS第2戦、同17日の第3戦は、「職人揃いの阪神園芸が整備してきた甲子園だったから、なんとか開催できた」(球団関係者)といわれる異常事態のなか行なわれた。

 雨が降り続く中、1時間遅れでプレイボールとなった第2戦。1回終了時には内野が泥田のような状態に。予備日が1日しかないCSならではの“強行開催”に、金沢部長も「今まで記憶にないくらいの悪コンディションだった」と振り返る。

 攻守交代のたびに内野に砂を撒き、マウンド上にはメジャーで使われる速乾性の土である「クイックドライ」が導入された。内野ゴロは打球が止まり、選手たちは泥だらけになったが、なんとか9回まで試合を続けることができた。

「阪神園芸の技がなければ、試合成立の5回までもたなかっただろう」(前出の球団関係者)とも讃えられた。

 翌16日に予定された第3戦は雨が止まず中止。予備日がなくなった17日も、昼過ぎまでは雨……。

 いつもとは全く違う整備が必要になった。本誌『週刊ポスト』は10月2日発売号で阪神園芸の仕事を密着ルポしたが、ナイターのある日の整備は午前9時から始まっていた。だが、この日は9人の職員が雨の止む12時過ぎまで動けなかった。普段なら、トラクターで内野の土を表面3cmほど掘り起こして土を乾かすが、時間がないので吸水パッドで水たまりをなくしてから新しい土を入れていった。

 第2戦で撒かれた砂を取り除く作業も重要だった。金沢氏はいう。

「甲子園の土は保水力のある鹿児島の黒土と水はけの良い京都の砂を6対4でブレンドしています。砂が多くなり過ぎると表面が乾いて弾力性を失い、イレギュラーの原因にもなる。土と砂の比率が最適になるように、雨の中で撒いた砂はすべて回収するわけです」

 どんな状況でも、細かな気配りを怠らない。水たまりのあった場所は何度も丁寧にトンボをかけてから土を入れた。午後3時過ぎには試合のできるグラウンドに仕上げ、予定通りの午後6時にプレイボール。

 金沢氏は、「常に最悪の状態を想定してやっていますから」と涼しい顔で振り返ったが、中止ならシーズン2位の阪神が自動的に勝ち進んでいただけに、試合終了後には勝ったDeNAのファンが「ありがとう阪神園芸」のボードを掲げる一幕もあった。まさにCSの“陰のMVP”であった。

※週刊ポスト2017年11月3日号

あわせて読みたい

「阪神」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    国民を馬鹿にした昭恵夫人の一言

    天木直人

  2. 2

    よしのり氏 枝野氏の発言は問題

    小林よしのり

  3. 3

    橋下氏「政府許してはならない」

    橋下徹

  4. 4

    大阪市より慰安婦像を選んだサ市

    長尾敬

  5. 5

    麻原彰晃・娘 妹の虐待訴えは嘘

    松本麗華

  6. 6

    小池氏辞任に若者は「やっぱり」

    AbemaTIMES

  7. 7

    希望落選の馬淵氏「私は無所属」

    馬淵 澄夫

  8. 8

    前川氏 ネトウヨは教育の失敗

    文春オンライン

  9. 9

    山口組の自虐的川柳が傑作ぞろい

    NEWSポストセブン

  10. 10

    籠池氏の嘘 拡散した朝日は無視?

    和田政宗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。