記事

体罰後に自殺した生徒の先輩らが語る学校・部活の体質―シンポジウム「きょうだいらが語る『指導死』」より(上) 

1/2

学校での不適切な指導によって、児童生徒が自殺をすることは「指導死」と呼ばれている。10月14日、シンポジウム「きょうだいらが語る指導死」が開かれた。主催は「指導死親の会」。同会によるシンポジウムは7回目。これまで、自殺した子どもの親が話をしてきたが、きょうだいや部活動の先輩が話をしたのは初めて。4人の話を2回にわけて掲載する。

先輩が語る大阪・桜宮高校バスケ部体罰自殺と学校や部活動の体質

2012年12月22日、バスケットボール部の顧問をしていた男性教諭がキャプテンの2年生に体罰を与えて、翌23日に、生徒が自殺をした。調査によると、バスケ部では顧問による体罰が常態化していたことが、橋下徹市長のもとで明らかにされた。自殺した生徒も前夜には30〜40回、殴られていたという。

結局、自殺した生徒が出たことで、顧問だった男性教諭は懲戒免職。13年9月、大阪地裁(小野寺健太裁判長)は元顧問に懲役1年、執行猶予3年の有罪判決を下した。また、16年2月、東京地裁(岩井伸晃裁判長)は、体罰と自殺の因果関係を認め、大阪市に対して、7500万円の損害賠償を命じた。市は元顧問に対して、延滞損害金を含む賠償金(約8720万円)の半額(約4360万円)を負担するように求めて、大阪地裁に提訴する方針だ。9月市議会で議案が可決した。

部活動の2年先輩だった谷豪紀さんは「高校に入る前では体罰があることは認識していなかった。中学時代に『高校では厳しい環境に身を置きたい』と思ったが、実際の高校での部活は衝撃的だった」と、部活の体質に違和感を覚えた。この問題について、卒業後も考え続けており、自身のウェブサイトでも発信している。

「何かミスをすれば連帯責任。ビンタが痛いから辛いわけではない」

谷さんによると、高校に入学すると、体育学科では1年生が3年生とキャンプ実習をしていた。一緒のテントで過ごすことで、トップダウンのコミュニケーションを刻み込まれることになる。直立不動であいさつをし、校歌を歌ってからお風呂に入るといった生活を過ごすことになる。

大阪・桜宮高校バスケ部の体質を語る、自殺した生徒の先輩・谷さん(撮影:渋井哲也)

バスケ部の体罰については「平手打ちが一番多い。悪いことをした時というよりも、指導したようなプレイができないときに殴られた」と話す谷さん。しかし「それは手段の一つでしかない。何かミスをすれば連帯責任となり、正座をさせられた。ビンタが痛いから辛いわけではない」と、体罰は、部活管理の一手法だったことを明かした。

実は11年にはバレーボール部顧問の男性教諭が体育館倉庫や更衣室で部員6人に約250回、平手打ちや体を蹴るなどの体罰を行なっていたことも公益通報によって発覚している。

「殴られた生徒が違和感を覚え、声をあげ、外部の大人に報告した。当時は、(報告した生徒は)教師からも他の生徒からも『何をしているんだ!』とか『部活をしたくないのか!』と言われ、相当除け者にされた。このとき、バスケ部の体罰は隠蔽された。顧問は『お前ら、教育委員会に言ったりしていないだろうな』と言っていた。部活で勝ちたいという思いに対して足を引っ張るなということだろうが、私は違和感を覚えた」

「学校を辞めれば人生の終わり。自殺と同義という感覚」

では、どうして部活をやめたり、別の部活に行かないのか?という問いもあるだろうが、「子どもたちにとってはビンタの痛みというよりも卒業できない恐怖がある。桜宮では、水曜日に部活が単位に組み込まれている。部活をやめるということは単位が取れないことを指す」という。部活をやりたいという気持ちの問題だけではなく、システムとして部活をしないといけない体制になっていた。

他の部活に移籍はできないか。「バスケ部員が許してくれるのか、他部活の部員が受け入れてくれるのか」という不安に駆られているという。さらには学校をやめるという手段もあるだろうが、「高校生は世界が限られている。そこから抜けるのは勇気がいる。学校をやめれば人生の終わり。自殺と同義という感覚であり、私もそうでした」と振り返った。

谷さんはこう続けた。「思っている以上に、子どもたちは大人のことをよく観ている。ルールを破り、理不尽に尊厳を傷つける大人を軽蔑している。そして、強い憎しみを持って監視している。私が在校していた時も、体罰をしていた顧問が同級生や後輩に同じことをしてないか監視をしていた。ただし、自分自身が強い部活動に入りたいという気持ちもある。周囲の気持ち、期待もある。簡単に、体罰をやめれば、勝利を目指さなければ解決するという問題ではない」

あわせて読みたい

「自殺」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    配達が無言 ヤマトAmazon撤退で

    山本直人

  2. 2

    覚悟ない子連れ議員にがっかり

    宮崎タケシ

  3. 3

    国民を馬鹿にした昭恵夫人の一言

    天木直人

  4. 4

    慰安婦の日制定で日韓合意は破綻

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    事故物件の住人が明かす恐怖体験

    AbemaTIMES

  6. 6

    詩織氏に届いた女性からの非難

    女性自身

  7. 7

    乳児連れ議会への批判はおかしい

    駒崎弘樹

  8. 8

    レコ大も紅白も1年間休止すべき

    メディアゴン

  9. 9

    「選挙の鬼」支える「普通の人」

    畠山理仁

  10. 10

    コンビニのエロ本販売中止に賛否

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。