記事

映画「サウンド・オブ・ミュージック」の秘密


マリア・フォン・トラップ Maria von Trapp(1905 ー 1987) が書いた小説(原題:The Story of the Trapp Family Singers )を元にした映画でわからなくても、1965年の映画「サウンド・オブ・ミュージック:The Sound of Music」と言えばわかるでしょう。この映画が、今年やっとオーストリアのザルツブルグで上映されたとニュースになっています。実は、オーストリアでは長年この映画は歓迎されていなかったのです。
参照記事

YOUTUBEドレミの歌 YOUTUBE混声合唱エーデルワイス ジュリー・アンドリュース

映画は、第二次大戦中のオーストリア、ザルツブルグSalzburgを舞台にした話で、映画でジュリー・アンドリュースJulie Andrewsと、7人の子供たちに歌われた「ドレミの歌」とか「エーデルワイス」など日本では有名です。内容は、ジュリー・アンドリュースが扮する修道女マリア(写真:1944年39歳と今も残る当時のザルツブルグの家)が、母親アガーテを亡くしたフォン・トラップ一家(ドイツではvonが貴族の称号)子供7人(長男ルーペルト、長女アガーテ、次女マリア、次男ベルナ、三女ヨハン、四女マルティナ、五女ルィータ)の家庭教師に(1926年当時21歳)に派遣され、その後トラップ大佐と1927年結婚(ノンベルク修道院で挙式)しますが、1938年ドイツがオーストリアを併合し、ナチスに反発する一家は、ドイツ軍で一杯のザルツブルク音楽祭から歩いて山を越えて逃げ出します。ドイツに反抗して、自由を求めてのような描き方のハリウッド映画の名作でした。

原作は映画化の際にかなり誇張されているようで、映画は実話を基にしていますが事実は以下のようです。



この事実の舞台は映画と同じ、オーストリアの風光明媚なザルツブルク(モーツアルトの生まれ故郷)です。トラップ大佐(1947年没67歳:写真は夫婦で。年齢差は25歳有りました)という人物は、オーストリア海軍のエリートで(実際には少佐とも言われています。戦時中の功績で准男爵の爵位を受けています。)、彼は、1938年にオーストリアがナチスに併合される以前の、オーストリアで政権を握っていたドレフス=シュシュニック(Dollfuss ? Schuschnig Regime )体制の支持者でした。このシュシュニック政権というのは、当時のイタリアのムッソリーニや隣国ドイツのヒトラー政権と同じ独裁政権で、ナチスと同じころの1934年に誕生し、ファシズム体制化下、反対する民衆を弾圧していました。同じころ軍国主義になりつつあった日本もファシズム国家と分類されることもあります。
つまり、大佐の反発は、ファシズム体制に仕える身であっても、隣国ドイツのファシズムに反発したものでした。当時のオーストリア国民の多くは、シュシュニック政権の抑圧に反発してヒトラーによる併合を歓迎し、1938年3月12日にナチス・ドイツの軍隊がオーストリアの国境を越えた時、抵抗する者は一人もなく、引き続き4月10日に実施された、この「併合」の是非を問うオーストリア国民投票では、実に99.73%が賛成票を投じたのです。オーストリア国民の多くがヒトラーを歓迎する中で、反対のものは亡命するか、転向するかの選択を迫られました。
マリアの小説には出てきませんが、フォン・トラップ一家にはマリアがくる以前から長く仕えた執事のハンスがいました。実は彼は併合前からのナチス信奉者でナチス党員でした。彼は当時すでに、ひそかに大佐の監視をナチスから依頼されていたのですが、オーストリアが併合される直前の1938年3月11日、ラジオからは突然オーストリア首相の降伏宣言が流れて来た日の夕食の後、ハンスは全てを一家に告白し、主人に対し、今後ナチス批判をしないように注意し、後にフォン・トラップ一家の亡命にも協力します。ナチス党員でありながら主人の身を案じ「アメリカに行けるチャンスがあるなら、早く逃げてください。国境がまもなく封鎖されます。早く行って下さい」と助言し、さらに、アメリカからの公演依頼があるのを知ると脱出を強く勧めました。恐らく自分の主人に近寄る危険を察していたのでしょう。そのとき一家は、結婚後に生まれた二人を含め、子供は9人、家族一行11人でした。


一家は1935年のザルツブルク音楽祭で優勝後1936年から「トラップ室内聖歌隊」という名前で欧州各地でコンサートを行っていて、それがアメリカでの公演依頼につながり、一家はアメリカ公演を口実にオーストリアからスイスへ汽車で渡り英国を経て米国に亡命したのです。執事ハンスのその後は不明です。


一家の渡米後1941年に真珠湾攻撃で第二次世界大戦が起き、敵国人としての扱いでスパイと疑われたり金銭的にも相当苦労したようです。徴兵され欧州でドイツと戦った長男、次男も戻り、1946年父親が亡くなり、1948年米国市民権を取得。一家は1956年の解散まで「トラップ・ファミリー合唱団」として米国内でコンサート活動を行い、晩年マリアは数人の子供たちと米国バーモント州ストウにトラップ・ファミリー・ロッジを開き、自給自足の傍ら訪問者をもてなしながら各地で講演活動を行い、1987年3 月28日(82歳)に闘病生活の末にこの世を去りました。
ヒトラーはオーストリア出身で、ユダヤ人の絶滅政策で有名なアイヒマンはオーストリア人でした。併合時のオーストリアにはドイツの次に大量のナチス党員が存在し、恐らく当時のオーストリア国民には、一家は祖国を捨てた非国民としか写らなかったでしょう。海外亡命者や愛国者の一部はナチス抵抗運動を起こし、やがてドイツが降伏、オーストリアは1955年に永世中立国を宣言し、ようやく連合国からの占領統治を脱し独立を回復するが、その前後にオーストリアから湧き上がったのが「犠牲者論」で、オーストリアはドイツ占領政策による犠牲者だと言う主張です。その被害者意識は今のオーストリアにも引き継がれているそうです。参照記事 参照記事 参照記事 マリアの参照記事
オーストリア人のこの映画に対する思いとは裏腹に、この映画でザルツブルグは有名になり、今に至るも莫大な観光収入を地元に落としています。2007年次女マリア92歳さんの記事 *次女のマリアさんは結婚しなかったため、母親のマリア・フォン・トラップさんと同姓同名のようです。

トピックス

ランキング

  1. 1

    破断なら小室圭さんに1億円超か

    NEWSポストセブン

  2. 2

    小室圭さん 秋篠宮邸で門前払い

    NEWSポストセブン

  3. 3

    ブラタモリで新アナが残念な返答

    メディアゴン

  4. 4

    橋下氏 前市議の事実誤認に激怒

    橋下徹

  5. 5

    NHK 山口達也をスクープしたワケ

    文春オンライン

  6. 6

    安倍首相 支持率低迷で覚悟の時

    田原総一朗

  7. 7

    望月記者と共産党の繋がりに苦言

    和田政宗

  8. 8

    謝れない小池知事 数億円損害も

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  9. 9

    無法地帯? 事件続く川崎市の実態

    fujipon

  10. 10

    セクハラ容疑段階の批判は止めよ

    吊られた男

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。