記事

【書評】『ブラック部活動 子どもと先生の苦しみに向き合う』(内田良・著)で振り返る我が身の学生時代

紛れもなく良書なのですが、最近思うことあって読み直しました。子供を持つ親としてどう、というのもあるんですが、自分の人生で30年前の学生時代を思い返して、いろいろと胸をかきむしられる気持ちになったもので。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブラック部活動 子どもと先生の苦しみに向き合う [ 内田 良 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/10/20時点)


本書は単に部活動は教師の負担にばかりなるからやめちまえよ、というような悪い部分を淡々と書き綴ったものではありません。まあ、たしかに「部活動の闇」的な言及もありますけど、ただそれは著者の内田さんなりの現状認識であって、そこから一歩踏み込んで、学校教育を再定義し、さらに部活動の重要さや意味について吟味し、問題点を明らかにした上で具体的な処方箋まで書いてあります。

 もちろん、それはいきなりは変えられない、綺麗事なんじゃないかという話もあるでしょう。だからこそ、学校と家庭と地域のあり方はもっときちんと考えていく必要があります。家庭からすれば、共働きだと特に学校教育への依存度は高くならざるを得ず、子供を学校に預けているのだから学校がここまで面倒を見てくれて当然だ、という話にやはりなりやすい。学校側も生徒を受け入れるからにはこういう指導を授業だけでなく課外、部活動においてもやりましょうということで、どんどん子供の人生における学校の役割が拡大(というか、肥大)していきます。

 子供の側も、本書で繰り返し指摘されているとおり、何かに取り組む、学業以外の価値を見出す、一生涯付き合える友人を見つけ、目標に向かって努力する… 様々なメリットが有る一方、それを支える教師の役割も責任も重大になりすぎているというのは事実でありましょう。

 思い返せば、30年前は私は数学研究会やらバレーボール部やら草野球やらに精を出していたわけですけど、実際その後大人になって、部活動が私の行動に与えている影響はとても大きいのは間違いありません。楽しいことも嫌なこともあったけど、学校と家庭とも違う、サードプレイス的なゆとりを持てたのは間違いなくこの手の課外活動があったからです。

 その後、私も学校教育というフォーマットは大学卒業後四半世紀そのままになっているわけで、いざ子供の運動会とか学園祭とかに足を向けてみると、やっぱり時代にそって学校もどんどん変わっていっているというのが分かるのです。まず何よりも先生は生徒を殴っていない。素晴らしいことだと思うんですよね。

 そして、アクティブ・ラーニングだ、プログラミング教育だ、英語指導だと新しいカリキュラムがどんどん組み入れられ、大学入試も改革されていくなかで、やはり小学校中学校高校も今日的なあり方とは何かを考え、再定義されていく必要があるのでしょう。


学校が問い直されれば、当然部活動も、教師の重責も考えるきっかけになるわけで、このテーマで最後まで突っ走った内田さんも、それで良しとした東洋館出版も偉いと思います。人間のいちばん大事な若い頃という時間を担う学校の責任もやりがいもちゃんと睨んだ上で、具体的な対応策も踏まえて議論を整理できているという点で、この本はむしろ読む人の人生を見返すためのツールとして役に立つんじゃないかと思います。

やまもといちろうメルマガ「人間迷路」

あわせて読みたい

「部活動」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    羽生結弦 五輪2連覇に複雑な韓国

    文春オンライン

  2. 2

    三浦瑠麗氏発言 日英で認識に差

    小林恭子

  3. 3

    壇蜜が明かすヌードのデメリット

    fujipon

  4. 4

    女性専用車で男が呆れた抗議行動

    猪野 亨

  5. 5

    日韓合意に釘刺された文氏の誤算

    文春オンライン

  6. 6

    小池氏の築地再開発は騙し討ちか

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  7. 7

    詩織さん レイプは日常的にある

    PRESIDENT Online

  8. 8

    東京五輪 真夏回避は日本の責務

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    NHKが過労死を4年間封印した訳

    篠田博之

  10. 10

    浜田雅功 松本人志の配慮に感謝

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。