記事

【読書感想】 グローバル・ジャーナリズム――国際スクープの舞台裏

1/2

グローバル・ジャーナリズム――国際スクープの舞台裏 (岩波新書)

グローバル・ジャーナリズム――国際スクープの舞台裏 (岩波新書)


Kindle版もあります。

グローバル・ジャーナリズム?国際スクープの舞台裏 (岩波新書)

グローバル・ジャーナリズム?国際スクープの舞台裏 (岩波新書)

内容紹介
世界一斉に報じられた「パナマ文書」の裏には各国記者たちの「史上最大の作戦」があった。イタリアマフィアの極秘アフリカ進出は、前代未聞の欧州・アフリカ記者連合が暴いた。ビジネスも犯罪も国境を越える時代、記者たちは一匹狼から国際協力に舵を切り、デジタル技術で武装する。新しい国際調査報道の可能性を報告する。

世界を揺るがせた大スクープ「パナマ文書」は、どのような人々によって世に出されたのか?
日本にいて、ネットによく接していると、「マスゴミ批判」をよく目にします。
たしかに、誤報やねつ造、印象操作など、マスコミの問題点は、たくさんあるのです。
でも、この新書で紹介されている、自分の目と耳と足で調べ、スクープ記事を書く「調査報道」を続けている記者たちの話を読むと、ジャーナリストにもこんな気骨のある人たちがいるんだな、と嬉しくなってくるのです。

その一方で、彼らは権力者や犯罪組織など、リスクの高い対象を調査することが多いので身体の危険にさらされ、ときには命を奪われることもあるし、それで多額の報酬を得ている、というわけでもないんですよね。

提灯記事で権力者を擁護することによって、美味しいものを食べたり、自らの不祥事やセクハラ・パワハラでさえもみ消してしまおうとするような「御用記者」の贅沢な暮らしぶりと比較すると、なんだか割に合わないなあ、とも思うのです。

著者は、海外のジャーナリストたちとも交流があるのですが、日本では、海外のジャーナリストがあまりにも持ち上げられていることに疑義を呈しています。

時折耳にする「海外ではオフレコ懇談はない」「欧米の記者はコーヒー一杯もご馳走にならない」など、私の経験からは必ずしも正しいと思えない「和式メディア批評」「海外ジャーナリズムの神話」は次第に淘汰され、議論の質は向上するだろう。同時に各国の情報開示制度や取材環境と比べることが容易になり、これまで述べてきた「日本の壁」も一回はっきりし、個人情報やプライバシーの保護に名を借りた政府の情報独占を改善する機会にもなるはずだ。

そうして報道はもっと面白く、もっと意義深くなり、日本のジャーナリズムが世界中の情報公開と調査報道の先駆者となって飛躍していく夢を私は持っている。そんなとき、国境を越えてつながりあう記者同士の友情と連帯がますます大きな意義を持つだろう。

人と情報が国境を越え、時代はもう逆行しない。ジャーナリズムのグローバル化は加速する。記者は国境を越えて連帯し、取材と報道を通じて、世界の民主主義と市民の自由によりいっそう貢献する。

報道の世界にもグローバル化の波は押し寄せてきていて、国境をこえて、記者たちが協力する事例も出てきているのです。

「パナマ文書」は、まさにその一例でした。

あわせて読みたい

「パナマ文書」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    貴ノ岩叩きで手の平返すマスコミ

    キャリコネニュース

  2. 2

    三田佳子次男 元乃木坂に暴行か

    女性自身

  3. 3

    よしのり氏「杉村太蔵見直した」

    小林よしのり

  4. 4

    板尾不倫騒動 ラブホ=SEXは古い

    メディアゴン

  5. 5

    ユニクロの闇は日本企業の行く末

    fujipon

  6. 6

    小池氏の辞任劇は「死んだふり」

    NEWSポストセブン

  7. 7

    朝日新聞は憲法改正の認識が甘い

    小林よしのり

  8. 8

    大阪市長の正論を非難する朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    日産 会見出ないゴーン氏の思惑

    片山 修

  10. 10

    「アベ辞めろ」入らぬ流行語大賞

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。