記事

希望の党への合流、安保・憲法について

選挙戦も終盤を迎えました。

 今日は皆さんに改めてご説明したいことがあります。長文ご容赦ください。
 これまでも誠実にお訴えさせていただいたつもりでしたが、残念ながら誤解が多いようです。

 希望の党への合流と安保法制、憲法についてです。

 これは改めて明確に申し上げたい。
 私が,希望の党との政策協定書(いわゆる「踏み絵」)にサインしたからといって,私のこれまでの政治信条には全く変わりはありません。

 まず、安保法制についてです。
 私はこれまで、この安保法制については憲法違反部分があり、その部分については修正が必要であると主張してきました。この私の考えに、全く変わりはありません。

 希望の党との政策協定書においても、「現下の厳しい国際情勢に鑑み、現行の安全保障法制については、憲法にのっとり適切に運用する。その上で不断の見直しを行い、現実的な安全保障政策を支持する。」とあります。「憲法にのっとった適切な運用」を行った上で、「不断の見直し」を行うのであれば、安保法制が憲法に反するという私の政治信条にも反しません。

 むしろ、私はこの政策協定書の下であれば,相手国であるアメリカの存在を抜きにした一方的な白紙撤回を叫ぶのではなく、現在の厳しい東アジア情勢の下、対案提示も含めた「安保法制の憲法違反部分をどのように正していくか」という現実的な議論が、これまで以上にできると考えました。

 ですので,安保法制が憲法に違反しているという私の考えに全く変更はなく、むしろどう正すのかという現実的な議論ができる土台を得たという意味で前に進んでいるとすら考えています。

 改憲についても同様です。

 私は、改憲議論を完全に避けるべきという立場ではありません。改憲を望むのも市民の声ですし、護憲を望む声も市民の声です。その声を分断すべきではなく,誠実に議論に向き合うべきと思います。

 ただし、率直に申し上げて、なぜ今、改憲議論なのかという思いもあります。改憲のような抽象的な議論より、現行憲法下でできることをより具体的・現実的に議論するのが先と考えているからです。

 なお、希望の党の選挙公約においても、9条について「自衛隊の存在は国民に高く評価されており、これを憲法に位置づけることについては、国民の理解が得られるかどうか見極めた上で判断する。」とされており、党として何が何でも変えるという立場は採っていません。
 この点も誤解が多いため、改めてご説明させていただく次第です。

 最後に一言。
 この数年の自民党政権は、例えば朝鮮半島情勢においても、一定の武力衝突はやむを得ないかのような強硬色が強まっているように感じます。憲法違反である集団的自衛権の強引な一部容認などはその一端です。

 たしかに現実の安全保障政策上、抑止力の確保は欠かせません。そのため、強硬色も時として必要でしょう。

 しかし、一方で国家間の武力衝突は必ず市民に甚大な被害をもたらします。自衛かどうかの名目はともかく、国家間の武力衝突は絶対に避けるべきという「政治家の覚悟」を、私は今の自民党政権から感じることができません。

 更に申し上げると、核廃絶を正面から語ることのできない政府など、北九州出身の私には言語道断です。

 現実的な安全保障体制を構築しつつも、局面局面では、絶対に武力衝突は生じさせないという政治家の覚悟を,自身の政治生命をかけて成し遂げる。それが私の考える安全保障のあるべき姿です。

 私の政治信条は何も変わりませんし、むしろより前に進んでいます。

 背水の陣である選挙戦も最終盤を迎えます。

 悔いのないよう最後まで戦い抜きます。どうか私に力をお貸しください。

あわせて読みたい

「希望の党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「バイキング」を叩け

    小林よしのり

  2. 2

    都民ファが都議賞与UP阻止に反対

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

  3. 3

    JTBを筆頭に死にゆく旅行代理店

    木曽崇

  4. 4

    元力士が語る「八百長」の現場

    SmartFLASH

  5. 5

    日本では皆が狙える年収1000万円

    永江一石

  6. 6

    NHK契約義務なら相応の番組作れ

    中田宏

  7. 7

    聴取拒否する貴乃花の行動は異様

    鈴木宗男

  8. 8

    中国人カキ殻100t投棄 どう対策

    高橋亮平

  9. 9

    藤吉久美子 50代ドラマPと不倫か

    文春オンライン

  10. 10

    宮司殺傷 遺書を2300箇所に送付

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。