記事

紅白 安室出演は絶望的で隠し玉はルミ子、加山、百恵さんか

【最後の紅白は幻に終わる?(写真:時事通信フォト)】

 本番まであと2か月半となった大晦日の風物詩『NHK紅白歌合戦』。期待されるのは、引退を電撃発表した安室奈美恵(40)の“最後の出演”だが、どうやら交渉は難航しているようだ。NHK局員がいう。

「上田良一・NHK会長は10月5日の定例会見で“そういう皆さんに喜んでいただける展開になればいい”と前向きなコメントをしたものの、安室さんの出演は絶望的な状況です。昨年は彼女の『Hero』がリオ五輪のテーマ曲だったことから上層部が出演を頼み込んだが、実現しなかった。今年も安室サイドは“自分をずっと見守ってくれたファンのために歌うことが優先”という姿勢のようで、交渉は進んでいない」

 となれば、代わりの「目玉」はどうなるのか。高視聴率を記録した朝ドラ『ひよっこ』の主題歌を歌った桑田佳祐(61)も有力と見られているが、こちらも問題山積。

「毎年恒例の横浜での年越しライブがすでに組まれているため、コンサート会場からの中継に限られる。3年前にも同様の形で出演しているので新味はない。“目玉”というにはちょっと……という声もある」(同前)

 そこでNHKは様々な“隠し球”を用意すべく動いているようだ。まずは今年「詳しすぎるサッカー解説」で注目を集めた小柳ルミ子(65)。別のNHK関係者がいう。

「来年の大河ドラマ『西郷どん』に出演し、代表曲は今年亡くなった作曲家・平尾昌晃さんの『瀬戸の花嫁』と『わたしの城下町』。いまだオールドファンの支持は高い。ベテランでは、今年傘寿のメモリアルイヤーだった加山雄三さん(80)も検討されている。『24時間テレビ』で『さよならの向こう側』をカバーした、山口百恵さんの息子、三浦祐太朗さん(33)も有力候補です。もし百恵さんが何らかの形でサプライズ出演となれば最大の目玉になるのですが……」

 例年「視聴率40%」を死守できるかの攻防が繰り広げられている紅白。キャスティングの必死さはよく伝わってくるが、結局は「昔の名曲」に頼らざるを得ない?

※週刊ポスト2017年10月27日号

あわせて読みたい

「紅白歌合戦」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本を分断する母への歌詞批判

    幻冬舎plus

  2. 2

    「40歳定年制」を考えるべき理由

    城繁幸

  3. 3

    全国民に7万円 困るのは低所得者

    PRESIDENT Online

  4. 4

    田原氏 保守に生じたねじれ指摘

    田原総一朗

  5. 5

    よしのり氏「安倍首相を評価」

    小林よしのり

  6. 6

    「貧困は自己責任」落語家が炎上

    キャリコネニュース

  7. 7

    竹島の日 5人殺した韓国忘れるな

    赤池 まさあき

  8. 8

    保育園はイヤ…潜在保育士の本音

    川名 ゆうじ

  9. 9

    「おかあさんだから」に千秋共感

    NEWSポストセブン

  10. 10

    ホンダジェット 納入数で世界一

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。