記事

安倍首相「過半数は堅い」の報告も喜ばず 目標喪失原因か


【楽観報告にも笑顔がないのはなぜ?】

 衆議院の解散を決めた直後から、安倍晋三・首相の言動はおかしかった。臨時国会の冒頭で衆院を解散したものの、恒例の記者会見を嫌がって開かない。選挙の応援でも、公示日(10月10日)までは遊説日程を隠して遊説先をコロコロ変更する“ステルス作戦”をとった。安倍側近筋はこう心配している。

「総理の持病の潰瘍性大腸炎にはストレスが大敵。“もり・かけ問題”と稲田問題で通常国会の終盤は総理の体調は最悪だったが、夏の休養で持ち直し、元気を取り戻していた。だが、解散を決めた途端に小池新党や民進党の解党が続いて眠れない夜が続いたようで、体調がまた悪くなった。選挙中は体調管理のために医師が遊説先で待機するシフトになっており、官邸の側近たちも“これなら過半数は絶対大丈夫です”と総理を励ましているが、いつものように喜ばない」

 その理由は目標喪失にあるのではないか。政治ジャーナリストの藤本順一氏の指摘だ。

「安倍さんは一応、憲法改正を公約に掲げてはいるが、かつてほどの情熱が見えなくなってきた。改憲実現のため、自民党草案の国防軍創設を曲げて憲法9条に自衛隊を明文化するだけの現実的な安倍私案を提案したが、自民党内から批判され、公明党にも支持されなかった。衆院の3分の2を失う可能性が高いことを承知で解散・総選挙に踏み切り、自公で過半数という消極的な目標を設定したことを見ても、自分の手で憲法を改正するという意欲が失せていることが窺える」

 以前、安倍首相は周辺にこんな思いを漏らしていた。

「ごく親しい友人の何人かは、総理から“『国防軍の父』と呼ばれたい”というニュアンスの言葉を聞いている。憲法改正したいという気持ちの奥底に、子どもがいない総理が国防軍創設の父として歴史に名を刻みたいという思いがあったのではないか」(安倍側近筋)

 藤本氏の見立てのように解散の決断の際に、改憲をあきらめたのであれば、緊張の糸がプッツリ切れたとしても不思議ではない。

 憲法改正で歴史に名を残すことができないとすれば、持病を抱えながら続投してもこの先、安倍政治に“勲章”は残せそうにない。アベノミクスの異次元金融緩和は経済の大きなリスクとなっているし、国会では“もり・かけ問題”の追及が続くはずだ。

※週刊ポスト2017年10月27日号

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    石破氏の安倍氏批判はまるで野党

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    慰安婦の日が騒がれなかった理由

    WEDGE Infinity

  3. 3

    若者の性交離れ 女子に顕著傾向

    NEWSポストセブン

  4. 4

    朝日のギャンブル報道が支離滅裂

    木曽崇

  5. 5

    テスラCEO 資金枯渇で極限状態か

    広瀬隆雄

  6. 6

    生保世帯へ冷房補助 条件に疑問

    メディアゴン

  7. 7

    NHK委託業者の悲惨な労働実態

    しんぶん赤旗

  8. 8

    中国「金融難民」の怒りが爆発

    ロイター

  9. 9

    ポケモン声優死去 哀悼の声続々

    キャリコネニュース

  10. 10

    堀江氏 ユニクロとZOZOの間狙え

    MAG2 NEWS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。