記事

日本のリベラルの「自由」とは?

以前のブログ記事で、「リベラル」とは「化粧言葉」だと書いたことがある。これは日本のみの話ではなく、アメリカでも同様で、元々、「社会主義」や「共産主義」という言葉を使用することが憚られる場合に用いられる仮面のようなものだと言える。

 戦前(1930年頃)はアメリカでも日本でも大不況の波に呑み込まれたので、当時の経済システム(資本主義)ではダメだとする風潮が世を覆った。ちょうどその頃、「ソ連では景気が良い」という話が飛び交っていたため、「ソ連は理想の国」だと思い込んだ人々が大勢いた。この辺のところは、近年、「北朝鮮は地上の楽園」と思い込んだ人々とよく似ていると言える。

 当時のアメリカでは、それまで日陰の存在だった「社会主義」という言葉を使用するのに抵抗があったので、「社会自由主義」という意味合いで「リベラル」という言葉を使用し、ニューディール政策が推し進められた。一見すると「自由な政策」というイメージがするが、実質的にはソ連の経済システムを模した「社会主義政策」そのものだったため、その失策が祟って、第二次世界大戦に突入していった。

■「リベラル」と「リバタリアン」の違い

 アメリカには「リバタリアン」という人々がいることもよく知られているが、「リバタリアン」と「リベラル」は似て非なるものである。もし「リバタリアン」と「リベラル」が同じ「自由」を意味するものであるならば、「リバタリアン」はリベラル・パーティーである民主党にこそ属しているはずだが、実際はその逆で、「リバタリアン」は基本的に共和党に属している。「リバタリアン」が「リベラル」を標榜する民主党ではなく、「保守」を標榜する共和党に属していることが、「リバタリアン」と「リベラル」が同一のものではないという証拠でもある。

 「リバタリアン」とは、極論すれば「国家はいらないという考えを持った人々」を意味している。国家は必要最小限のことを管理するだけで、後は全て個人の責任で人生を管理することを理想(合理的)とする人々のことでもある。
 「リバタリアン」には独りで自活していける自信を持った有能が人が多い。国に頼らなくても独りで生活していけるだけの充分な能力と資産を有している人であれば、わざわざ高額な税金を支払っても意味がないと考える人がいてもなんら不思議ではない。日本で言えば、ホリエモンのような人物がリバタリアンに近いと言えるかもしれない。
 「リバタリアン」は「無政府主義者」とも言われるが、「共産主義者」のような「国家破壊主義者」ではない。

 アメリカの「リベラル」というのは、民主党のオバマケアを見れば分かる通り、国家に依存することを是とする思想を持つ人々である。ただし、アメリカの「リバタリアン」も「リベラル」も、国を憎んでいるわけではなく、愛国者であることには違いはない。

■リベラルであってリベラルではない「日本のリベラル」

 一方、日本のリベラルというのは、GHQの占領政策によって生まれた特殊な存在(人々)を意味している。本来、自由には責任が伴うものだが、日本のリベラルには責任感が欠如しているという特徴がある。

 日本のリベラルの自由とは、以下のようになっている。

 リベラルの自由=義務を果たさずに権利だけを要求する「自由」

 リベラルの言論の自由=好き勝手なことを言う「自由」

 リベラルの表現の自由=他人の意見を罵倒する「自由」

 本記事冒頭で「化粧言葉」と述べたが、日本のリベラルには化粧している時の顔と化粧していない時の顔があるため、その時と場合に応じて、言葉も巧みに使い分けられる。「二枚舌」という言葉通り、言っていることに統一性がなく、言行不一致が多く見られるのも日本のリベラルの特徴だと言える。

 国に依存しながら国を批判する。その姿は、税金を納めずに税金の使い道をあれこれと詮索するようなものであり、まさしく、義務を果たすことなく自らの権利のみを要求する姿勢とピッタリと重なる。自己中心的で自分勝手、他人の物は自分の物、自分の物も自分の物、好き勝手な放埒さを「自由」だと錯覚している大人に成り切れない空想主義者、それが日本のリベラルの実相である。

あわせて読みたい

「リベラル」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本が世界第4位の移民大国な訳

    ビデオニュース・ドットコム

  2. 2

    愛子さまにボーイフレンドのお噂

    SmartFLASH

  3. 3

    石破氏の安倍氏批判はまるで野党

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    中国「金融難民」の怒りが爆発

    ロイター

  5. 5

    テスラCEO 資金枯渇で極限状態か

    広瀬隆雄

  6. 6

    麻生氏サマータイム論はデマカセ

    赤木智弘

  7. 7

    朝日のギャンブル報道が支離滅裂

    木曽崇

  8. 8

    宗男氏「石破氏発言は筋通らぬ」

    鈴木宗男

  9. 9

    メディアは国民の敵? 米国で賛否

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    草の根スタイルの元議員に限界か

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。