記事

"理想のマニフェスト"が次々と頓挫…民主党政権が目指したもの 総選挙プレイバック(4)

1/2

■閣僚の失態、自身の病に泣いた安倍政権、"大連立構想"に失敗した福田政権

 小池代表率いる希望の党が衆院選で目指す政権交代。「政権交代」と言えば、2009年に自民党が惨敗し民主党が政権交代を実現した衆議院選挙、そして再び自民党が政権の座に返り咲いた2012年の衆院選が思い起こされる。AbemaTV『AbemaPrime』が注目すべき過去の衆院総選挙を振り返るシリーズの第4回は、ユーキャン新語・流行語大賞に「政権交代」が選ばれた2009年の総選挙、そして民主党政権の功罪を検証する。

郵政選挙で造反者に刺客!"小泉劇場"がもたらしたものとは?総選挙プレイバック(3)

 国民が舵取りを任せることになった民主党が勢いづいたのは、3年前の2006年だ。この年、代表選でトップに就任したのが、"豪腕"小沢一郎氏。代表代行の菅直人氏、幹事長の鳩山由紀夫氏と共に、挙党一致のトロイカ体制を構築した。

 一方、支持率70%とロケットスタートを切った第一次安倍政権だったが、郵政造反組の復党問題を小泉政権から"負の遺産"として受け継ぎ、さらに「産む機械」発言の柳沢厚生労働大臣、事務所費問題の赤城農水大臣など、大臣の失言・不祥事が相次いだ。年金記録管理も問題となり、"ミスター年金"こと民主党の長妻昭氏が国会で鋭く詰め寄る場面も話題になった。結果、総理就任から1年後、2007年7月の参院選直前に内閣支持率は30%台に下落、不支持が支持を上回ることになった。

 迎えた参院選では民主党が60議席を獲得し大躍進、第一党に躍り出た。惨敗した自民党は、1955年の結党以来、初めて参議院第一党の座から陥落することになる。こうして引き起こされた、参議院=民主党、衆議院=自民党という、いわゆる「ねじれ国会」の状況が、その後の政治の停滞を引き起こすことになる。安倍総理が体調不良を理由に突然辞任、総理の座を急遽引き継ぐことになった福田康夫氏も、この「ねじれ国会」によって、政権運営の行き詰まりに直面する。

 その時、あの人物が動き始める。民主党代表の小沢一郎氏だ。自民党と連立を組むいわゆる"大連立"を構想、福田総理と会談を行った。2度にわたって行われた会談で、福田氏は小沢氏の要求を飲み、ほぼ合意に至ったものとみられていた。しかし、民主党内からの反対の声により、構想は頓挫することになる。

 自民党にとっても大連立は政権運営をスムーズに進められるというメリットがあった大連立構想だが、勢いに乗る民主党でも一気に政権交代を進めるのは困難と判断した小沢氏が、大連立をステップに政権交代の実現を画策していたとみられている。大きな魚を逃した福田内閣は「洞爺湖サミット」を開催するなどしたが、信頼回復には至らなかった。

■リーマンショックで解散の時期を逸した麻生政権

 次に内閣を引き継いだのが麻生太郎氏だ。しかし麻生氏も、国民感覚とのずれや「未曾有(みぞう)」を"みぞうゆう"と発言するなど、度重なる漢字の読み間違いがクローズアップされ、内閣支持率は低迷。そんな時、リーマンショックが引き金となり世界経済は100年に一度と言われる危機を迎えた。日経平均株価は7000円台まで下落、日本を閉塞感が覆った。有効な景気対策も打ち出せないまま、自民党内で「麻生おろし」の動きが出始める。しかし、ここで一気に自民党を追い落としたい民主党にも激震が走る。不正献金疑惑で小沢代表の秘書が逮捕されたのだ。政権交代を実現するために身を引くとして、小沢氏は選挙担当の代表代行に退いた。

 新たに代表に就任した鳩山由紀夫氏の下、総選挙の前哨戦とも言われる都議会議員選挙へ臨んだ民主党。有権者からの期待は自民党の想像を越えていた。改選前の34議席から54議席を獲得する大躍進を見せ、都議会第一党となる。そのフィーバーぶりに、石原慎太郎都知事も「(告示の)2日前に公認された候補が通ったり、2週間前から(選挙を)始めた候補が自民党のエース中のエースを破るという現象は異常だ。東京にとっては大迷惑な結果だ。今の政府が自ら作った人心の離反のツケを東京が払わされた」と困惑するほどだった。

 都議選の翌日、鳩山代表は麻生総理に「(衆院を)解散して国民に信を問う、これが求められる総理のとるべき唯一の行動だ。常識的に考えれば、麻生総理の手で解散をすべきだと申し上げたい」と解散を迫った。その夜、事態は動き始める。麻生総理は会見で「早々に衆議院を解散し8月30日に総選挙を実施する。その旨を今日与党幹部に伝えた。ここで国民の信を問いたい。国民に問うのはどの党がみなさんの生活を守り、日本を守るのか、これが争点だ」と語った。

 当時、自民党を担当していたテレビ朝日政治部の足立直紀デスクは「麻生政権は誕生した時からすぐに解散し、総選挙することが求められていた。麻生総理はアキバを中心に人気だったし、すぐに解散をしていれば大ケガはしなくて済んだのかもしれない。ただ、麻生氏としては、史上最短命の総理になってしまうのは避けたかった。そうこうしている内にリーマンショックが起き、経済を立て直さなくてはいけないし、国際会議では海外の首脳に"解散打っている場合じゃないだろう。ちゃんと国内の経済を立て直してくれ"と要請される。解散ができないまま、ほぼ任期満了に近い形になってしまった」と話す。

■"理想のマニフェスト"、小沢ガールズで民主党が大勝

 ついに2009年7月21日、衆議院が解散する。民主党はいち早くマニフェストを発表、実行までの工程表(スケジュール)も明記した。「政権交代 国民の生活が第一」というキャッチコピー、そして「コンクリートから人へ」というスローガンを謳い、税金の無駄遣いの削減、子ども手当や公立高校の無償化、地域主権などを掲げた。また、官僚の天下りにくさびを打つ脱官僚・政治主導も盛り込んだ。

 結果、自民党への不信も追い風に、民主党は308議席を獲得、現憲法下では過去最大の占有率で圧勝することになる。自民党は久間章生氏、海部俊樹氏、中川昭一氏など数多くのベテラン議席が落選し、公示前の300議席から119議席へと激減した。

 「自民党議員を取材していて、どんどん風当たりが強くなっていくのを感じた」(足立デスク)、「溜まっていた自民党への不満は、お灸をすえるとか、そういうレベルではなかった。小選挙区は自民党でも、比例は民主党という有権者もいた。民主党政権にかけてみようという思いが国民の中にあり、それが大旋風が巻き起こした」(政治ジャーナリストの細川珠生氏)。

 その民主党の候補者選びを担当したのが、小沢氏だった。自民党の大物議員の選挙区に擁立された女性の新人候補たちは、"小沢ガールズ"と呼ばれた。民主党の大勝について細川氏は「小沢氏の力がものすごく大きかっ。自民党の支持母体を崩さない限り、民主党があれだけ議席を取るというのは無理だった。旧来から自民党を応援している団体をしらみつぶしに崩していくという意味で、すごい力を持ってやっていたと思う」と振り返った。

あわせて読みたい

「民主党政権」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「安倍晋三記念小学校」嘘と判明

    和田政宗

  2. 2

    よしのり氏 枝野氏の発言は問題

    小林よしのり

  3. 3

    麻原彰晃・娘 妹の虐待訴えは嘘

    松本麗華

  4. 4

    籠池氏の嘘 拡散した朝日は無視?

    和田政宗

  5. 5

    よしのり氏「罠にはまった文春」

    小林よしのり

  6. 6

    前川氏 ネトウヨは教育の失敗

    文春オンライン

  7. 7

    山口組の自虐的川柳が傑作ぞろい

    NEWSポストセブン

  8. 8

    希望落選の馬淵氏「私は無所属」

    馬淵 澄夫

  9. 9

    橋下氏「政府許してはならない」

    橋下徹

  10. 10

    日本のバラエティに外国人が爆笑

    NewSphere

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。