記事

「新恋人」同伴で社会復帰目指すT・ウッズの「財力」と「影響力」 - 舩越園子

1/2


開会式でポツンと1人、国歌斉唱を聴いていたウッズ(筆者撮影、以下同)

 前回お伝えしておいた通り(2017年9月22日「久々登場『タイガー・ウッズ』社会復帰の『前途』」参照)、9月28日から10月1日の4日間、リバティ・ナショナルGC(米ニュージャージー州)で米国選抜と世界選抜の対抗戦「プレジデンツカップ」が開催された。米国選抜の圧勝の流れを世界選抜が食い止めることができるかどうかに注目が集まっていたが、蓋を開けてみれば、米国選抜が初日から圧倒的な強さを見せ、19対11でこれまで以上の圧勝を飾る結果になった。

 そんな戦いの内容や結果はさておき、今大会では開幕前から「登場」が注目されていた人物が2人いた。

 1人はドナルド・トランプ大統領だ。プレジデンツカップはその名の通り「大統領杯」で、開催国の元首が名誉会長を務めるのが慣例となっている。だが、実を言えば、現職大統領は「ビデオメッセージで登場する」というのも慣例になっており、開催コースに実際に登場するのは、ゴルフ好きで知られる“元”大統領ばかりだった。

 だが、今大会は大会史上初めて、“現職”のトランプ大統領が現場に現れるということで、周囲の緊張は高まるばかりだった。

 そして、もう1人はタイガー・ウッズ。5月末にDUIで逮捕されたウッズのその後については前回記事をお読みいただきたい。ともあれ、10月25日に裁判所にウッズ自身が出廷して司法取引が完全に成立すれば、ウッズに科されるのは罰金や裁判費用の支払い、社会奉仕活動など軽度な刑罰で、それ以外は普通の社会生活ができる。もちろん、プロゴルファーとしてツアーへ復帰することもできる。

 そのウッズが逮捕後、初めてゴルフの試合会場へ姿を現わし、プレジデンツカップ米国選抜チームの副キャプテンを務める。それは本人にとっては社会復帰、ツアー復帰の第1歩になるはずだが、それが周囲にどんな影響や効果をもたらすのか。周囲はどんな反応を見せるのか。そこに注目が集まっていた。

警護なしの単独行動

 初日の第1マッチのスタート前、1番ティで行なわれた開会式。女性シンガーが国歌斉唱を始め、選手も観衆もみな起立して手を胸に当て、聴き入っていたそのとき、ウッズがチームメンバーたちからずいぶんと遅れて1番ティ付近へやってきた。

 ロープ際に陣取ったカメラマンや記者たちの放列の最後尾にポツンと1人立ち、キャップを取って胸に手を当て、国歌を聴いていた。

 少々太ってふっくらした顔になっていたことは、それほど驚くことではない。驚かされたのは、あのウッズに警護が1人も付かなくなり、単独で行動するようになっていたことだ。

 以前の試合会場では、黄金期ならロープ内でも、近年ではロープ外だけになってはいたが、ウッズの周囲には拳銃を腰に差したポリスやセキュリティが必ず数人付き、ウッズが歩けば警護も歩く「大名行列」になっていた。その周囲には大勢のタイガーファンもいた。だから、コース内のウッズの所在は案外わかりやすかった。


試合中も警護も取り巻きもいなかった

 だが、今大会では警護はゼロ。単独行動になったウッズは、逆に言えば神出鬼没となり、開会式で妙な場所に立っていた彼の存在もほとんど気付かれてはいなかった。たまたま私の真後ろだったため、私は振り向きざまに至近距離のウッズに気付き、びっくり仰天させられた。

 いざ試合が始まると、ウッズは初日はジャスティン・トーマスとリッキー・ファウラー、2日目はジョーダン・スピースとパトリック・リードといった米国選抜の若きエースたちのマッチに付いて歩いた。

両日とも世界選抜のエース、松山英樹と対戦するマッチだったため、私もそこに付いて歩き、ロープ内の看板やテントの物陰で、ふと気づくとウッズと私が2人きりという、この二十数年間で初めて起こった珍しいシチュエーションも何度かあった。

あわせて読みたい

「タイガー・ウッズ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    保育士を見下す堀江氏のさもしさ

    赤木智弘

  2. 2

    2chの賠償金 ひろゆき氏が告白

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    ネトウヨが保守論壇をダメにした

    文春オンライン

  4. 4

    白票・棄権票が持つ大きな意味

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  5. 5

    投票率は? 前回が戦後最低52.66%

    THE PAGE

  6. 6

    売春島と呼ばれた渡鹿野島はいま

    文春オンライン

  7. 7

    大混乱を未然に防いだ小池都政

    上山信一

  8. 8

    ネトウヨによる保守のビジネス化

    文春オンライン

  9. 9

    日本の中枢に浸透する人種主義

    保立道久

  10. 10

    辻元氏 米は他国民を救出しない

    辻元清美

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。