記事

「ガソリン車にできて電気自動車にできないことはない」 3.1秒で時速100km、EVで躍進続けるテスラ

1/2

 パナソニックや掃除機で有名なダイソン、グーグル、アップルも参入を発表するなど、「EV=電気自動車」の開発競争が激化している。そんななか、躍進を続ける企業を『けやきヒル’sNEWS』(AbemaTV)は取材した。

 徳永有美キャスターが試乗したのは、2003年に創業したアメリカの電気自動車メーカー・TESLA(テスラ)の「モデルX」。最速のSUVを目指して開発され、1回の充電で走行できる最大距離は565km、なんと最速3.1秒で時速100kmまで加速できるのが特徴だ。

 テスラをはじめ、各国の自動車メーカーも続々と電気自動車を発表するなど世界的に注目が集まっている。なぜ、いま電気自動車が注目されているのか。

 今年7月、イギリスやフランスが相次いで、2040年までにガソリン車とディーゼル車の販売を禁止する方針を発表。そして先月9日、深刻な大気汚染に対応するため、中国政府がガソリン車やディーゼル車などの生産と販売の停止を検討していることを明らかにするなど、この数カ月間で自動車を取り巻く環境が大きく変化している。

 世界的に環境対策への機運が高まる中で開発競争が進んでいるのが電気自動車、そして躍進を続けているのがテスラだ。

 「運転が楽しくないと、ガソリン車から電気自動車に買い替えていただけない」と話すのはテスラ広報の土肥亜都子さん。「どうやってガソリン車から電気自動車に乗り換えていただくかが非常に重要なので、ガソリン車よりいい車、ガソリン車にできて電気自動車にできないことはないというビジョンで車を作っている」と語る。

 実際に車を運転し、「ちょっと新しい扉を開けてしまった感じ」「電気自動車のイメージと全然違う」「アクセルを踏んでちゃんと手ごたえを感じられる」と感想を述べる徳永キャスター。

 なお、現在日本で販売しているのは1000万円クラスの高級タイプのみで、2019年にはコンパクトで価格を抑えた新型車「モデル3」を発売予定だという。

あわせて読みたい

「EV」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮司殺害 犯行時の異様な言葉

    NEWSポストセブン

  2. 2

    大統領夫人を嫌がるトランプ氏妻

    PRESIDENT Online

  3. 3

    年齢で正社員募集する日本は異常

    城繁幸

  4. 4

    超高額イージス導入で国防は弱化

    清谷信一

  5. 5

    中東 トランプ氏の賭けは勝利か

    野口雅昭

  6. 6

    NHK訴訟 見直せなかった公共放送

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  7. 7

    ツリー炎上 嘘を重ねるネット民

    赤木智弘

  8. 8

    M-1ルール変更も残る一番手問題

    いいんちょ

  9. 9

    漫画で分かるイスラム女性の心情

    紙屋高雪

  10. 10

    食べログは禁煙店の加熱式可外せ

    NATROM

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。