記事

パレスチナ両勢力の和解合意

パレスチナについては、これまで西岸をPLO(ファタハが中心)、ガザをハマス(ムスリム同胞団のパレスチナ支部から発展)が支配し、両者間には特に対イスラエル関係で根本的な相違があり(PLOはイスラエル承認、ハマスは承認拒否)、両者の関係は対立的というよりも、むしろ敵対的なものでした。

ところがこのところ、両者間で和解の動きが強まり、双方の地域を合同して治めることに合意したかと思いますが、更にエジプト(情報局)の調停で、双方の代表団が、カイロで交渉をしていました。

昨日辺りから、どうやら和平合意に達したらしいとの報道が流れていましたが、その詳細も不明で、何しろあまりに長く深い対立があったので、どこか疑わしいという感じを拭い去れずに、特に報告もしませんでした。

然るところ、どうやら12日合意に達して、双方が署名したとのことで、アラビア語メディアの報じる合意内容は取りあえず以下の通りです。

・ガザの境界線の検問所は統一政府の管理下に入り、依然の様に大統領警護隊の警備下に入る
・統一政府の指揮下に数千の警官(現在のイン数は3000の由)がガザ全域に配備意される
・ハマスが任命した公務員は、4か月の間で統一政府の雇用に切り替わり、給料が支払われる
・統一政府が組織され、議会及び大統領選挙が行われる
・11月21日にはすべての勢力を含む拡大委員会がカイロで開かれる
・その他すべての問題点は12月までには解決される

おそらく上記の合意というのは、とにかくは合意しやすい行政事項で、最大かつ根本的な問題のイスラエルの承認問題がどうなったかは、全く不明です。

この点に関して、イスラエル政府は公式の声明で、最重事項は国際合意を守か否か、イスラエルの承認問題とハマスの所有するミサイル等の武器の問題であるとして、地下トンネルの掘削、ミサイルの製造およびテロの支援は4か国合意に反するとして、今後ともイスラエルに対する敵対行動が行われれば、ハマスの責任とみなすと表明したとのことです
http://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/2017/10/12/فتح-وحماس-توقعان-اتفاق-المصالحة-بالقاهرة-برعاية-مصرية-.html
http://www.alquds.co.uk/?p=807462

取りあえずのところ以上で、イスラエルが言うまでもなく、イスラエルの承認問題と武力抵抗問題をどう調整するかが、最大の問題で、どこまで合意されているのかは不明です。
場合によってはこの問題でせっかくの合意がご破算になる可能性もなくは無いかと思います。

但し、ムスリム同胞団を敵視するエジプトがガザのハマスに大きな圧力をかけてきて、イスラエルの圧力と相まって、ガザの生存環境が脅かされる程度にまで悪化していることは事実のようで、またPLOにしても幹部等の腐敗が囁かれ、パレスチナ人民の信頼を失っていて、西岸でさえ最近ではハマスの人気が高まっているようです。

特に西岸、エルサレム等ではネタニアフ政権の強硬な抑圧政策が、さらに強化されているようで、またトランプ政権もオバマ政権とは異なり、パレスチナ問題解決のために真剣な努力をするつもりはなさそうです

そのような状況で、ともに危機感を強めた両政権が、エジプトの調停で和解に動いた(イスラエルとの関係やパレスチナ問題では、しばしば外務省ではなく、情報局が主たる役割を担った来た)ということだろうと思いますが、矢張り問題は根本的な対立点をどう調整するか、できるかということだろうと思うので、未だまだ楽観はできなそうな気がします

あわせて読みたい

「パレスチナ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    保育士を見下す堀江氏のさもしさ

    赤木智弘

  2. 2

    2chの賠償金 ひろゆき氏が告白

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    ネトウヨが保守論壇をダメにした

    文春オンライン

  4. 4

    白票・棄権票が持つ大きな意味

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  5. 5

    投票率は? 前回が戦後最低52.66%

    THE PAGE

  6. 6

    売春島と呼ばれた渡鹿野島はいま

    文春オンライン

  7. 7

    大混乱を未然に防いだ小池都政

    上山信一

  8. 8

    ネトウヨによる保守のビジネス化

    文春オンライン

  9. 9

    自民党が圧勝 単独過半数の勢い

    BLOGOS編集部

  10. 10

    日本の中枢に浸透する人種主義

    保立道久

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。