記事

米英の警察、捜査着手 ワインスティーン氏セクハラ疑惑

ハービー・ワインスティーン氏
Getty Images ハービー・ワインスティーン氏

多数のアカデミー賞受賞作を世に送り出した大物プロデューサー、ハービー・ワインスティーン氏(65)が、性行為の強要を含む多数の性的加害行為を繰り返していたと糾弾されている問題で、ニューヨークとロンドンの警察がそれぞれ12日までに、捜査に着手した。

ニューヨーク市警は2004年の事案について調べており、被害に遭ったという人物から事情を聴く方針。そのほかにも被害の訴えがないか確認している。

ロンドン警視庁は、1980年代にロンドン周辺で起きた性的暴行の訴えを調べている。

ワインスティーン氏は、合意の伴わない性行為は一切なかったと、「きっぱり否定」している。

ニューヨーク市警のJ・ピーター・ドナルド副本部長は、「報道内容にもとづき、ニューヨーク市警はハービー・ワインスティーン問題でこのほかにも被害の訴えがないか判断するため、事実関係を検討している」と述べた。「現時点では、追加の届け出はない」という。同警察は情報提供を呼び掛けている。

ロンドン警視庁は、リバプール周辺を管轄するマージ―サイド警察からの情報提供をもとに、捜査に着手したという。

マージーサイド警察は、「今月11日午前8時40分、1980年代にロンドン周辺で起きたとされる性的暴行事件について、届け出があった」と発表した。

[画像をブログで見る]
多数の女優が被害に遭ったと名乗りを挙げている。左上から時計回りに、グウィネス・パルトロー、アンジェリーナ・ジョリー、カーラ・デルビーン、ミラ・ソルビーノ、ロザンナ・アーケット、レア・セドウ各氏はその一部

ワインスティーン氏は11日、ロサンゼルスの娘宅を出たところで報道陣に、「誰にでも間違いはある。誰にでも、やり直すチャンスが与えられると思いたい」とコメント。ニュースサイト「TMZ」に対しては、「調子はよくない。でもがんばってる。誰かに助けてもらわないと。なんとか自分なりにふんばってる」と答えた。

TMZによると、ワインスティーン氏はアリゾナ州の治療施設に向かうところだったという。車に乗り込む際、同氏は報道陣に公平な報道をしてほしいと呼びかけ、「みんなにはいつも忠実だっただろう。自分はいつも、まともな奴だった」と述べた。

ワインスティーン氏に対しては、同氏の映画会社従業員や複数の女優など映画関係者が、性的行為を求める威圧や脅し、さらには性行為の強要、強姦被害もあったと名乗りを挙げて糾弾している。

[画像をブログで見る]
Rex/Shutterstock ワインスティーン氏とケイト・ベッキンセイル氏(2004年映画「アビエイター」のプレミアで)

英女優ケイト・ベッキンセイル氏も名乗りを挙げ、17歳の時にロンドンのサボイ・ホテルで他の女性たちと似た体験をしたとインスタグラムで明らかにした。

ベッキンセイル氏は、指示に従いワインスティーン氏の部屋に行くと、同氏が「バスローブ姿でドアを開けた」と書いた。「お酒を断り、朝には学校があると言って部屋を後にした。ざわついた気持ちで。でも無傷で」。

「それから数年して、最初に会った時に自分が何かしたか質問された。自分が私を襲ったかどうか、思い出せないんだと気づいた」

英女優でモデルのカーラ・デルビーン氏も、自分がホテルの部屋を出ようとすると、ワインスティーン氏にキスされそうになったと明らかにしている。

英女優・監督のエマ・トンプソン氏はBBC番組「ニュースナイト」で、自分の映画「ナニー・マクフィー」の配給権をワインスティーン氏の映画会社ミラマックスが持っていた時、同氏は「横暴」だと感じたと話した。

性的な問題行動については知らなかったとトンプソン氏は言いながら、「まったく驚かない。業界の仕組みそのものの一部だ」と、映画業界にはびこる女性蔑視の風潮を指摘した。

「セックス中毒とは呼べないと思う。あの人は、獲物を追い回す捕食動物のようなもの。中毒とは違う」

トンプソン氏はハリウッドには、似たような行動をとる人間が「大勢いる」と述べた。「あれほどひどくはないかもしれないけれど。でもあれほどひどくなければ数の内に入らないとか、そういうことではないでしょう」。

米女優ジェーン・フォンダ氏はBBC番組「ハードトーク」で、被害者とされる女性たちがこれまで発言しなかったのは、ワインスティーン氏が実力者で「みんな怖かったからだ」と話した。

「ほとんどの女性が20代の時のことで、みんな力がない。何か言ったりしたりすれば、キャリアが台なしだと恐れたのでしょう」

フォンダ氏は、ワインスティーン氏の問題行動について「1年ほど前」に初めて耳にしたと認め、その時点で当局に通報する勇気があればよかったと後悔していると述べた。

米誌ニューヨーカーによると、少なくとも3人の女性が、ワインスティーン氏に強姦されたと話している。

ニューヨーカー記事について、ワインスティーン氏の広報担当サリー・ホフマイスター氏は声明で、合意のない性行為を否定した。

「合意のない性行為があったという主張について、ワインスティーン氏は全面的に否定している。ワインスティーン氏はさらに、自分の申し出を断った女性に報復的行為をとったことなどないと確認した」

「ワインスティーン氏はもちろん、匿名の告発に応えることはできないが、実名で自分を糾弾した女性たちについては、ワインスティーン氏はどの関係も合意の上だったと考えている。ワインスティーン氏はセラピーを受け始めた。自分の周囲の意見を聞き、より良い道を追求している」

(編集部注――日本では「ワインスタイン」と表記されることの多いハービー・ワインスティーン氏の名前は、本人や複数のハリウッド関係者の発音に沿って表記しています)

(英語記事 Harvey Weinstein: US and UK police launch investigations

あわせて読みたい

「ハリウッド」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「自民の勝利は当然」

    小林よしのり

  2. 2

    政治力失った小池氏 出処進退は

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  3. 3

    「小池の変」失敗の被害者は国民

    郷原信郎

  4. 4

    立憲民主は戦後最弱の野党第一党

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    維新議員 相手陣営のデマに怒り

    足立康史

  6. 6

    若者は現実政党しか信じなかった

    門田隆将

  7. 7

    保育士離職の原因は給与ではない

    石水智尚

  8. 8

    橋下氏 希望敗北でも「大功績」

    橋下徹

  9. 9

    立憲の鍵を握る改憲派・枝野代表

    篠田 英朗

  10. 10

    時代遅れなアパレル企業の悲惨さ

    Chikirin

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。