記事

EUが英に2年の移行期間案を提示する可能性、ポンド上昇に転じる

[ロンドン 12日 ロイター] - 独紙ハンデルスブラットは、英国の欧州連合(EU)離脱を巡る交渉で、EUが英国の離脱後2年間の移行期間について英政府に提案を行う可能性があると報じた。これを受け、ポンドは対ドル、対ユーロで上昇に転じた。

同紙がEU外交官の話として伝えたところでは、EUのバルニエ首席交渉官は、英政府がEUに清算金を支払い、離脱協定に署名することに合意する場合、離脱後も2年間はEUの単一市場と関税同盟にとどまることができるという提案を行う考え。

また、英政府には移行期間の間もEU加盟国としてのすべての義務を果たすことが求められるという。バルニエ氏は13日のEUの大使との会合でこの提案を行うとみられる。

報道を受けて、12日の外為市場では、ポンドが対ドル<GBP=D3>で0.4%超上昇し、1.3292ドルと、8日ぶり高値を付けた。

ポンドはこの日、バルニエ氏が記者団に離脱交渉が「行き詰まっている」と発言したことを受け、1.3122ドルまで下落していた。

ポンドは対ユーロ<EURGBP=D3>では3日ぶり高値の89.15ペンスに上昇。ハンデルスブラット紙の報道が伝わる以前は4週間ぶり安値で推移していた。

あわせて読みたい

「ブレグジット」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「文春を糾弾すべき」

    小林よしのり

  2. 2

    小室哲哉を叩く東国原氏に苦言

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    電車内出産の批判に「闇感じる」

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    文春の小室報道は醜い「リンチ」

    片岡 英彦

  5. 5

    反基地は特定勢力? 政府の見解は

    和田政宗

  6. 6

    小室引退 実に後味の悪い文春砲

    渡邉裕二

  7. 7

    グラドルが語る放送事故の瞬間

    NEWSポストセブン

  8. 8

    明治150年式典 注目は天皇万歳

    文春オンライン

  9. 9

    松本人志 小室謝罪に「何の罪?」

    女性自身

  10. 10

    金正恩夫人の男性スキャンダル

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。