記事

いじわる婆さんは、精神科で“治療”してしまって構わないのか

1/2

  どこまでが精神疾患で、どこまでが正常な人間なのかを判断するのは、とても難しい。
 
 たとえば発達障害などもそうで、最重症の発達障害、重症の発達障害、比較的軽度の発達障害、精神科医によっては発達障害と診断する一群、発達障害っぽいが診断するほどではない定型発達の人、までのグラデーションがある。
 
 みようによっては発達障害、みようによっては定型発達、という人に外来で出会った時、片っ端から発達障害と診断するのがベストなのだろうか? これに対する返答は、ドクターによって微妙に違っているように思う。どちらにせよ、障害と診断すべきかどうか迷うような人々が、誰でも診断できるような典型例の外側に、たくさん存在しているのは確かだ。  

「口の悪い、いじわるな婆さんが精神科にやって来た!」

  さて、発達障害などとは違ったかたちで、「これを“病気”とみなして“治療”して構わないのか?」と悩む案件が精神科に飛び込んで来ることはしばしばある。
 
 たとえばその日、精神科外来に“職員に付き添われて”やって来たのは、85歳の婆さんだった。老人ホームに入所しているが、ケアに手を焼いて、精神科的に解決をして欲しい、という。
 
 診察室に入るや、彼女は「なんだって、私がこんな“きちがい”病院で診察受けなきゃならないの!早く帰らせてちょうだい!」と不満をぶちまけた。
 
 しかし、気のしっかりしている婆さんである。物忘れについて質問をしたり、簡単なテストを行ったりしても、ことごとくパスする。テレビや新聞のニュースはだいたい把握しているし、老人ホームの職員それぞれの特徴もよく見抜いている。頭部MRIの画像所見を見ると、むしろ年齢より若々しい脳にすらみえる。
 
 ところが、この婆さん、口が悪くて意地が悪い。
 
 気に入らないことがあると「バカ」だの「アホ」だのすぐに口にする。診察中も、唾を飛ばしながら差別用語を大声で繰り返す。老人ホームの職員によれば、嫌いな入所者の悪口を言うだけでなく、こっそりビンタをしたりしているそうだが、簡単には証拠を掴ませない。施設長に詰問された挙句、「身体が当たっただけ」と答えたこともあったという。
 
 このままでは退所処分にせざるを得ないが、もはや身寄りも無く、これまでにも幾つかの施設を転々としてきたのだという。当の老人ホームの職員も困り果てていて、ここで対処をしなければ婆さん自身の生活が守られないということがよく伝わってきた。そして、その困窮への対処が、精神科医に委ねられているのである。
 
 結局、あれやこれやの説得を行って、「神経がカッカするのを穏やかにして、安眠しやすくなる薬」を就寝前に内服してもらう約束をとりつけて、それをもって“処方箋”とせざるを得なかった。その後の職員の話では、口の悪さは健在だが、いくらか言動が穏やかになり、職員も対処しやすくなったという。
 
 表向き、本件は“これにて一件落着”ということになる。  

「いじわるな婆さんを、精神科医は“治療”して構わないのか」

  しかし私の内心は穏やかではない。
 
 精神科とは、口の悪い、意地悪な婆さんを“治療”して構わない場所なのだろうか。
 
 精神科の存在意義は、精神疾患を治療し、それによって患者さんの生活の質を向上する、または生活の妨げを軽減させることにあると私は認識している。
 
 では、口が悪いこと、意地悪であることは、一体どういう精神疾患に該当するのだろうか。
 
 精神科に来院した人を診察する際には、診療報酬上、なんらかの診断名が必要になるから、前述のようなケースでもなんらかの病名が必要になる。
 
 私は苦し紛れに、カルテに「情緒不安定性パーソナリティ障害」という病名を書き込んだ。婆さんが、この病名どおりであるとはあまり思っていない。もしかしたら、それ以外の病名のほうが似つかわしかったかもしれない。だが、今まで全く精神科の世話になったことがなく、まったく認知症の気配もみられず、昔から勝気で口が悪かったとはいえ、八十年以上にわたって世渡りをやってのけた婆さんに、今更パーソナリティ障害の病名をつけるというのは、気持ちの良いことではない。

あわせて読みたい

「精神医療」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    太川の会見で文春砲の価値は暴落

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    がん判定でAIが医師に「圧勝」

    市川衛

  3. 3

    居酒屋通う高校生への批判に疑問

    赤木智弘

  4. 4

    藤井市長の判決は政治に悪影響

    ビデオニュース・ドットコム

  5. 5

    大相撲の内輪もめが長引くワケ

    文春オンライン

  6. 6

    「獺祭」社長 生出演で悲痛激白

    AbemaTIMES

  7. 7

    望月記者 菅長官に「腹が立つ」

    文春オンライン

  8. 8

    外食産業の鬼才「中国人見習え」

    AbemaTIMES

  9. 9

    イオンに忍び寄るAmazonの脅威

    NEWSポストセブン

  10. 10

    休むと会社が困る…は自意識過剰

    かさこ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。