記事

メールで投票依頼すると逮捕されるが、LINEで依頼しても大丈夫という謎


こんなのが回ってきました。
チラシを作った総務省の役人は疑問に思わなかったのか。

有権者が電子メールで投票依頼すると違法
しかし

SNSで依頼しても合法

えっと・・・アホでしょうか・・・・

一般にはSNSという認知である、LINEやFacebook、Twitterには当然ながらメッセンジャー機能があります。
つまり、

LINEで投票依頼しても合法

なわけですよね?
その総務省が平成29年に大規模調査した結果です。

全体の67%がLINEを使っている!!!

逆に電子メールのほうが使用頻度が下がり、選挙のことなんて送っても迷惑メールにたたき込まれるだろう。メールで送ったら違法でLINEやメッセンジャーで送ったら合法・・・・・
選挙運動したい方はメールは使わずにLINEを使いましょう。これで逮捕したらたぶん恐ろしく炎上すると思います。

ついでに

18歳未満が選挙運動すると違法

ですので、親は子供がブログで特定候補を推したり、友達に勧めたりするのをダメだよと事前に教える必要があります。政治に目覚めた高校生のお子さんがいるかたは注意です。
当たり前ですが、匿名で特定の候補の誹謗中傷や虚偽情報をネットに書いて流したりしたら、逮捕される可能性がありますな。これは普通の名誉毀損とは違って公職選挙法なので逮捕されちゃいますよ。ネトウヨもパヨクもお気を付けあそばせ。

品薄だったAirPodsがAmazonにもはいってきました。ちょっと前から使ってますが、なかなか良いです。トレーニングの時にAppleWatchに音源入れて聞きながら走っています。ランニングマシンでは特に重宝します。

あわせて読みたい

「解散総選挙」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    W杯も「安倍が悪い」無能な野党

    かさこ

  2. 2

    「水ダウ」企画にみる笑いの限界

    AbemaTIMES

  3. 3

    「万引き家族」ストーリーに疑問

    (チェコ好き)

  4. 4

    日本の孤立化認めた櫻井よしこ氏

    天木直人

  5. 5

    日大攻撃続けるバイキングに批判

    SmartFLASH

  6. 6

    米国が北に仕掛けた無慈悲な取引

    MAG2 NEWS

  7. 7

    竹中平蔵氏の残業論に批判相次ぐ

    キャリコネニュース

  8. 8

    「大迫半端ないって」の胡散臭さ

    新井克弥

  9. 9

    インサイダー取引は100%バレる

    PRESIDENT Online

  10. 10

    竹中平蔵氏が労働者無視の残業論

    国家公務員一般労働組合

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。