記事

米国がユネスコ脱退へ、反イスラエル姿勢など理由に

[パリ 12日 ロイター] - 米国は12日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)から脱退すると発表した。脱退時期は2018年末の見通し。組織の運営方法に加え、反イスラエル的な姿勢などが理由と説明した。

国務省の報道官は声明で「今回の決定は軽いものでなく、組織の抜本改革の必要性や継続的な反イスラエル偏向等を反映している」と述べた。

米国の負担金はユネスコ予算の約5分の1を占める。

米国の決定について、ユネスコのボコバ事務局長は遺憾の意を表明した。

*写真を付け、カテゴリーを追加します。

あわせて読みたい

「アメリカ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「文春を糾弾すべき」

    小林よしのり

  2. 2

    小室哲哉を叩く東国原氏に苦言

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    電車内出産の批判に「闇感じる」

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    文春の小室報道は醜い「リンチ」

    片岡 英彦

  5. 5

    反基地は特定勢力? 政府の見解は

    和田政宗

  6. 6

    小室引退 実に後味の悪い文春砲

    渡邉裕二

  7. 7

    グラドルが語る放送事故の瞬間

    NEWSポストセブン

  8. 8

    明治150年式典 注目は天皇万歳

    文春オンライン

  9. 9

    松本人志 小室謝罪に「何の罪?」

    女性自身

  10. 10

    金正恩夫人の男性スキャンダル

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。