記事

消費税増税は将来につけを残さないためという大嘘 自民党政権が続く限り、庶民の負担は増え続ける

 日本の財政赤字は1000兆円近くにもなるとも言われており、減っていく気配すらありません。それは当然の結末です。法人税減税よる大企業優遇とアベノミクスという税金垂れ流し政策により、赤字は拡大していくばかりです。ここに北朝鮮脅威論を振りまいて米国追随の軍拡までやってしまうのですから、借金は肥大化するばかりです。米国企業は大儲けです。

 赤字国債によって財源を賄っているのですが、これは現世の人たちが将来の収入分まで先に使ってしまっているという構図です。

 しかも先に使ってしまっているのは財界など一部の富を持つ人たちであって、一般庶民はそのおこぼれにすら預かれないのです。

 その財政赤字の穴埋めのために消費税増税ということが言われることがあります。後世に財政赤字を引き継がせないという意味で使われているのですが、本当にそうでしょうか。

 増税は現在の国民が対象ですから、庶民は財政赤字による恩恵を受けていないにも関わらず、税負担ばかりが強いられることになります。

 それだけではありません。消費税が増え続けるということは、後世の人たちは、その税率が上がった消費税を納めることになるのですから、借金は減らないわ、消費税の負担は求められるわで、要は後世に借金と税負担を押し付けているだけというのが真実の姿です。

 今後、自民党政権が続く限り消費税率が下がることはありません。税収があればあっただけ使ってしまう、しかも財界向けに使ってしまうのが自民党政権だからです。今回の消費税率引き上げによって得られた増収分について安倍氏は教育の無償化に使うと言っていますが、これでは庶民が自分の足を食っているだけの構図ですから、財政赤字を減らすわけでもなく、大企業に負担を求めるわけでもなく将来に借金を押し付けているだけなのです。

 これでは私たちの子や孫に借金と増税を押し付けるだけです。本当にこのような選択をするのですか。
安倍氏のバラマキ 法人税減税 前原民進党は消費税増税に反対せよ

庶民は自分たちの足を食わされているのだ
タコたこ足

 後世に借金を押し付けないというのであれば、財界にこそ応分の負担を要求しなければなりません。散々、税金をもとに暴利をむさぼっていたのですから、税によって回収し、再分配することは当然のことです。

 消費税増税などと言っている自民党は信用に値しません。
 小池新党が大衆受けを狙って消費税率引き上げは凍結などと言い出しているのは単なる毛針です。

 そうした自民党や小池新党には日本の政治は任せるわけにはいきません。
小池百合子都知事が代表という小池新党(希望の党)は、消費税凍結という毛針を用意、極右の本性隠す

 安倍政権への批判票は、立憲民主党、共産党、社民党へ

あわせて読みたい

「消費増税」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    太川の会見で文春砲の価値は暴落

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    イライラした人に居場所なき現代

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  3. 3

    薬使った性暴力 政府答弁に唖然

    中谷 一馬(Kazuma Nakatani)

  4. 4

    プロゲーマー制度を賭博界が嘲笑

    木曽崇

  5. 5

    がん判定でAIが医師に「圧勝」

    市川衛

  6. 6

    松本人志 太川陽介の会見を賞賛

    女性自身

  7. 7

    車か生活保護か 地方の母子悲鳴

    赤石千衣子 CHIEKO AKAISHI

  8. 8

    進次郎氏はマスコミ次第で消える

    足立康史

  9. 9

    舛添氏 社会の不寛容さに懸念

    舛添要一

  10. 10

    望月記者 菅長官に「腹が立つ」

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。