記事
  • ヒロ

選挙序盤に見える失速感

いよいよ選挙戦が本格化し、本日の新聞各紙は一斉に世論調査を発表しています。どの新聞も大体似たような数字が出ており、今後、これがどう変化していくか、という感じかと思います。

ざっと見ると
自民は300議席に迫る
公明は減
希望は公示前勢力から微増程度
立憲は倍増か
共産は厳しい戦いで減か?

このあたりが主軸だと思います。ただ、決めていない人がまだかなりいますので多少のブレは出ますが、この流れが大きく変わる可能性は外部要因がない限り、薄い気がします。

私が本日のタイトルにつけた「失速感」とは選挙に対する興味のことであります。選挙前のあの「小池騒動」は何だったのか、ということに尽きると思います。本人が繰り返し「出ない」と言っているのにメディアは「それでも出る可能性が完全否定されたわけではない」とまるで宝くじに当たるのを待ち望んでいるようなトーンでした。それはマスコミがニュースにしたいというアリアリの内心であったかもしれません。

公示になってそのうわつき感がとれた瞬間、多くの国民はこの選挙の構図をもう一度しっかり考えることができるに至り、今回の世論調査の数字となっているのでしょう。

まず、立憲の倍増は論理的だと思います。一つには民進党時代の基本的発想は中道左派で希望の党の中道右派とは違います。よって民進党の本来の主義主張をより明白に打ち出した点で立憲は希望に比べてはるかに有利な展開となります。

二点目に共産党はこのところ「期待できる野党がなくて」票を伸ばしたのですが、そのうわずみ分を立憲が吸い上げる構図になっています。ここにきて共産党が伸び悩んでいるのはその点であります。よって個人的には立憲は倍増にプラスアルファが期待できるほどの羽ばたく第三党となるとみています。(私は民進党の党首選で枝野氏が当選したら面倒になる、と指摘していたのですが、ここにきて芽を出しそうなわけです。)

次に希望の党ですが、失速がどこまで行くのか、という感じかと思います。理由ですが、小池氏が選挙前にエネルギーを使い果たしてしまったような感じがあるのです。都知事選の時はその注目度が選挙の投票日に向けてグイグイ上がっていったのですが、今回はもともと批判の声が多い中、いつもの小池調で「その時決める」という決め台詞で「決めない小池」を絶対的に印象付けました。

ご記憶にあると思いますが豊洲VS築地問題で小池さんは最後の最後までぐずぐずと決めなかったことで関係者のバトルを引き起こし、それこそ、いらぬ仲間割れを生みだしました。今回も首相指名は「選挙の結果が出てから」という決めないスタンスを打ち出しました。それなら私でも党首は出来るというものです。目標を公開しないで結果に基づく判断はあまりにも保守的で改革をうたう小池さんの主義主張とは裏腹になっています。

さて、本命、自民ですが、個人的には「外交の安倍」が勝利の方程式のように感じます。国内に関しては問題は多いもののここにきて株価は極めて堅調で景気観測も悪くありません。失業率も低く、文句を言わせぬほど忙しい日々を送っている方が多いと思います。民主党時代のあのどんよりした時代とはまるで違うことは多くの国民が実感しているでしょう。そうすると国内政策を主題にしなくてもいい気がします。

むしろ、安倍首相が世界中の国家元首と何度も会い、討議し、ディールをしてきたその経験はかつての日本の首相の誰よりも深いものがある点を指摘したいと思います。今までも中国、韓国と厳しい外交交渉を乗り越えながら、いつのまにか訪日外国人は韓国人であふれていた、という状況であります。

いま、北朝鮮問題は一時休止の状態にあります。様々なうわさはあり、18日から開幕する中国共産党大会ごろになにかアクションがあるのでは、という予想もあります。いずれにせよ、北朝鮮問題はまだ非常に緊迫した状態にあり、アメリカ、中国、韓国、ロシアなどの関係各国のトップと培った人間関係の中で交渉し、ネゴれる人材はほかにいません。「いざというとき」を考えると安倍首相を外す理由はさらさらないでしょう。

いまだに「モリカケ」問題をこの選挙戦のボイスにする声もちらちら聞こえてきますが、レベルが違いすぎます。コトの重大性を考えれば考えるほど公平な目線で「政権の安定化」は必須な状況にあるといってよいでしょう。

残りの選挙戦は案外、地味な展開になる気がします。新人さんには厳しい戦いでより保守的で経験値がモノをいう世論の反応を想定しています。

では今日はこのぐらいで。

あわせて読みたい

「小池百合子」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    若者は現実政党しか信じなかった

    門田隆将

  2. 2

    希望の党 離党者続出で崩壊か

    NEWSポストセブン

  3. 3

    立憲は野党再編へここから正念場

    三浦博史

  4. 4

    自民党「圧勝」は死票による虚像

    猪野 亨

  5. 5

    舛添氏 自民勝利で小池氏に皮肉

    舛添要一

  6. 6

    保育士を見下す堀江氏のさもしさ

    赤木智弘

  7. 7

    枝野氏「ツイッター担当が優秀」

    キャリコネニュース

  8. 8

    選挙結果を若者のせいにするな

    常見陽平

  9. 9

    維新議員 相手陣営のデマに怒り

    足立康史

  10. 10

    よしのり氏「自民の勝利は当然」

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。