記事

アディーレ法律事務所業務停止

アディーレ法律事務所が業務停止2ヶ月という報を見た。

東弁のWebサイト

2017年10月11日

東京弁護士会 会長 渕上 玲子

本日、東京弁護士会は、弁護士法第56条に基づき、弁護士法人アディーレ法律事務所に対し業務停止2月、元代表社員の弁護士石丸幸人会員に対し業務停止3月の懲戒処分をそれぞれ言い渡しました。

同弁護士法人は、広告表示が改正前不当景品類及び不当表示防止法(以下「景表法」といいます。)の有利誤認表示に該当したとの理由で、消費者庁より広告禁止の措置命令を受けましたところ、この度、当会は、同弁護士法人の広告行為が景表法に違反し、かつ日本弁護士連合会の弁護士等の業務広告に関する規程等にも抵触するものであり、弁護士法人として品位を失うべき非行であると判断し、上記のとおりの懲戒処分を申し渡しました。

同弁護士法人の広告表示は、債務整理・過払金返還請求に係る役務を一般消費者に提供するにあたり、実際の取引条件よりも有利であると一般消費者を誤認させ、一般消費者の自主的かつ合理的な選択を阻害するおそれのある極めて悪質な行為であり、しかも、長期間にわたって多数回反復継続されている組織的な非行と言わざるを得ません。

当会は、このような事態が生じたことを重く受け止め、今後も、市民の弁護士会に対する信頼を確保するために、弁護士や弁護士法人の非行の防止に努めるとともに、非行に対しては厳正に対処して参ります。

なお、同弁護士法人の依頼者の方が多数おられることから、下記のとおり臨時電話相談窓口を設け、依頼者からのご相談に応じております。

臨時電話相談窓口 電話 03-6257-1007
(受付時間は午前9時から午後5時まで、土日祝日を除く)

ここだけでは無く、小型ロボットの名前の事務所とかも含め、ウェブ広告の現状は少し苦々しく思っていたので、取締自体は賛成である。
ただ、ろくにウェブ広告の監督もしなかった弁護士会が、消費者庁から措置命令がでるやえらく強気な決定を出したなぁという感じである。

ここは、弁護士190人スタッフ1190とも言われるの超大手事務所である。
業務停止とは文字どおり業務をしては行けないので、依頼者は基本的に別の事務所に引き継いでもらわなければならない。大量の引継ぎが発生するであろう。

東弁は臨時電話相談窓口を設けてるらしいが、東弁の勧める事務所に引きついでもらわなければならないわけではないので、今度こそ自分の目で弁護士を選んでもらいたいものである。

業務停止は文字どおり業務停止なので、ウェブも公開停止したようである。

ただ、ここだけは、なぜか、今も公開中のようである。

(追記 その後停止したようである)。

やはり、あぁ、悲惨(dire)ちゅう笑えないだじゃれである。

あわせて読みたい

「アディーレ法律事務所」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    保育士を見下す堀江氏のさもしさ

    赤木智弘

  2. 2

    2chの賠償金 ひろゆき氏が告白

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    ネトウヨが保守論壇をダメにした

    文春オンライン

  4. 4

    白票・棄権票が持つ大きな意味

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  5. 5

    投票率は? 前回が戦後最低52.66%

    THE PAGE

  6. 6

    売春島と呼ばれた渡鹿野島はいま

    文春オンライン

  7. 7

    大混乱を未然に防いだ小池都政

    上山信一

  8. 8

    ネトウヨによる保守のビジネス化

    文春オンライン

  9. 9

    自民党が圧勝 単独過半数の勢い

    BLOGOS編集部

  10. 10

    日本の中枢に浸透する人種主義

    保立道久

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。